絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本作家よしながこうたくpresents!「おえらさん」で、おうち時間を楽しもう!

絵本作家よしながこうたくpresents!「おえらさん」で、おうち時間を楽しもう!

よしながこうたくさんpresents「1人でもおえらさん」に挑戦してみよう!

 

デビュー作『給食番長』が話題となり、そのまま人気絵本作家として現在も大活躍中のよしながこうたくさん。絵本ナビでも最多出場記録(!?)を持つ作家さんなのでユーザーの皆さんにもお馴染みですよね。

 

そんなよしながこうたくさんが、家の中で退屈している子どもたちのためになんだか一風変わった企画をご紹介くださいましたよ♪

よしながこうたく

1979年、福岡県生まれ。九州産業大学デザイン科卒業。
18歳から作家活動をはじめ、イラストレーターとして国内外のさまざまな媒体の仕事を手がける。はじめての絵本『給食番長』が人気となり、シリーズ化。続刊に『飼育係長』『あいさつ団長』『おそうじ隊長』『サムソン先生のダジャレ英語学習帳』『ちこく姫』(いずれも長崎出版)がある。他の作品に、『おふろだいすき!ぷっぺ』(小学館)、『かみなり』(文・内田麟太郎/ポプラ社)、『ばあちゃんのおなか』(文・かさいまり/教育画劇)、『鬼のかいぎ』(文・立松和平/新樹社)、「ようかいガマとの」シリーズ(あかね書房)、『ぼくの兄ちゃん』(PHP研究所)、『でんせつの きょだいあんまんを はこべ』『ゆけ!ウチロボ!』(ともに作・サトシン/講談社)など。

全国すきすき生命体!「おえらさん」

……おえらさんって、なに?

 

「おえらさん」とは、子どもたちの大好きなものをどんどん合体させて生み出す新しい生命体、なのだそう。
説明してもちょっとわかりにくいですよね。

 

実はこうたくさん、絵本制作活動のかたわら、2010年7月から全国各地の子どもたちの前でライブペイントを続けられているのです。そこで子どもたちとのやり取りの中で生まれる不思議な生きものの名前が「おえらさん」。その場で絵の具と筆を使って、大きな紙にどんどん絵を描いていくのです。なんだか変てこな…いえ、不思議な絵を描いているなあ、と思っていたのですが、気が付くとなんと今や「300体」以上も生み出しているのだというのです。

 

こんな感じです。

 

(左) ペンギン+リス+イルカ (右) クワガタ+オニ+ネコ+キリン+ゴリラ+ワニ 『 やまあっき冬ごもり』
(左) ふなっしー+ピカチュウ+くまもん+ゾウ=『 えあがき氏 』(右) チーター=『 ごりかじちゃん 』

※詳しくはHPを見てみてくださいね。

・おえらさんリメイクHP
https://edomacho.com/koutaku/oerasan/remake/
・今までのおえらさんHP
https://edomacho.com/koutaku/oerasan/

「1人でもおえらさん」に挑戦!

さて。今この厳しい状況の中、なかなか全国のライブイベントに出かけることの出来ないこうたくさんは考えました。

 

「全国で子ども達と変てこキャラ『おえらさん』を制作すること約300回!
 これを1人の時でもやれないかな?」

 

そして、出来たのが「1人でもおえらさん」
まずはこちらから、専用用紙をプリントしてくださいね。

そして、こうたくさん自ら出演・実演・監督・製作した解説動画がこちら!!

【動画】1人でもおえらさん!①[いきなり上級者編]

ちょっと難しそう……なんて構えることなく。
お絵描き大好きな子どもから、絵本作家や漫画家を目指したい大人まで。
もちろん、見るだけでも。
楽しんでみながら、チャレンジしてみてくださいね。

 

「自分の想像もしていなかったモノが生まれる体験は、
 必ずやそなたの心の扉を開くことであろう。」

 

とのこと!

▼初級編の動画も追加されました!

【動画】1人でもおえらさん!②[初級編]

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください