絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   自分にとっての「たいせつな」時間とは…編集長セレクト「クリスマスに贈りたい絵本セットA」発売開始!

自分にとっての「たいせつな」時間とは…編集長セレクト「クリスマスに贈りたい絵本セットA」発売開始!

クリスマスに絵本を贈りたい。でもどんな絵本を選べばいいだろう、どんな組み合わせなら喜んでもらえるのかな。意外と悩んでしまうもの。そんな風に迷った時、絵本を読んでもらうその人がどんな「きもち」になるのか、想像してみるのはいかがでしょう。

 

例えば……

【絵本ナビセレクト】クリスマスに贈りたい「たいせつな」絵本セットA(ギフトラッピング込)

言葉ひとつひとつをかみしめながら、静かに心に染み入る絵をながめながら、自分にとっての「たいせつな」時間をじっくり味わってもらいたい。絵本ナビ編集長の磯崎が、そんな想いを込めてセレクトしました。

【絵本ナビセレクト】クリスマスに贈りたい「たいせつな」絵本セットA(ギフトラッピング込)

【絵本ナビセレクト】クリスマスに贈りたい「たいせつな」絵本セットA(ギフトラッピング込)


こちらのセットには、絵本『きょうというひ』『たいせつなこと』『Mou』『モミの木』『クリスマスのまえのよる』の5冊をセットでお届けします。(ギフトラッピング込)

他にもセットは全部で4種類、それぞれのテーマでセレクトした絵本にギフトラッピングのおまけ付きです。


こちらのセットには、絵本『きょうというひ』『たいせつなこと』『Mou』『モミの木』『クリスマスのまえのよる』の5冊をセットでお届けします。(ギフトラッピング込)

他にもセットは全部で4種類、それぞれのテーマでセレクトした絵本にギフトラッピングのおまけ付きです。

セット内容

あなたは、あなた。『たいせつなこと』

たいせつなこと

スプーンは、手でにぎれて、そのくぼみで色々なものをすくいとる。
でも、スプーンにとって大切なのは、それを使うと上手に食べられるということ。

ひなぎくは真ん中が黄色く、くすぐったい香りがする。
でも、ひなぎくにとって大切なのは、白くあること。

雨にとって大切なのは?
草にとって、りんごにとって、空にとって大切なのは?

自分たちの身の回りのものと一つ一つ向き合い、
優しく語るその文章を読みながら、読者はゆっくりと思いをめぐらせます。

そしてその静かな時間を決して邪魔することなく、
それでも印象的で美しい絵が、私たちの形のない思考を助けてくれるのです。

1949年にアメリカで出版されて以来読みつがれているこの絵本。マーガレット・ワイズ・ブラウンとレナード・ワイスガードによって生まれたこの傑作は、内田也哉子さんの丁寧な翻訳により、日本でも幅広い年齢層の読者に愛され続けています。

子どもたちにとって、本当に大切なこと。
今、自分が本当に大切にしなくてはいけないこと。

何度だって確かめたい時。答えがわからなくなった時。
目の前にあるものをしっかり見て、耳をすましてみる。
誰かの声を聞いてみる。
この絵本を読んでみる。
すると、何回だって答えてくれます。

「あなたは、あなた。
 あなたにとって、たいせつなのは……?」

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/392/%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8/

だれかにとっての大切な『きょうというひ』

きょうというひ

「きのうの よる ゆきが ふりました。しずかに しずかに ふりました。」というはじまりの言葉に、しんとする。舞いおちる雪のように淡々と流れていく詩のようなストーリー。静かに、深く、祈りをこめて、遠い星をながめているような気持ちになる絵本です。

私には、炎が世界中の子どもたちの命のように感じられ
一生懸命大切に大切に消えないように
守っていきたいという願いを覚えました。
些細なことで悩んでいた時に読むと不思議と安らぎを覚えます。

 

(maru34さん 30代・ママ 女の子8歳、女の子7歳、男の子4歳)

私が出会ったのは…『Mou』

Mou

Mou

作:Naffy
出版社: 学研

森の家で病気のおじいさんと暮らす女の子トット。ある冬の夜、突然訪れた不思議な生き物ムー。寒そうに震えるムーをトットは一晩泊めてあげることに。次の日、森の奥へ向かうムーを追いかけて行ったトットは不思議な光景を目にしますが…

宝物のような…『クリスマスのまえのよる』

クリスマスのまえのよる

 クレメント・C・ムーアは、アメリカの神学者。いまから188年も前の1823年のクリスマス、病気がちだった娘を笑顔にしようと、この詩を書きました。いまでは世界中の常識ともなった、赤い服に白いひげ、ちょっと太った笑顔のサンタクロースのイメージは、この詩によって世界中に知られるようになったのです。
 絵を描いたのは30年ほど前に亡くなった人気絵本作家のロジャー・デュボアザン。斬新でモダンな色使いとあたたかなタッチで、この絵本がアメリカで人気を博したのは1954年のことです。イブの夜にプレゼントをいれるくつしたに入るようにとデザインされた縦長サイズで、まさにクリスマスプレゼントのための絵本。日本でこれまで紹介されていなかったことが、奇跡のよう。
 宝石のようなクリスマス絵本を、ぜひ、愛する人への贈り物として!

ずっと手もとに置いておきたい…『モミの木』

モミの木

豊かな森に暮らすモミの木は、早く大きくなって別の世界に行きたいと願うばかり。「今を生きなさい!」と諭すお日さまの声も届かない。やがて森から切り出されたモミの木は、クリスマスに美しく飾り付けられるが……。モミの木を人生に重ね合わせられる作品。

世界中で愛されている、アンデルセン童話の名作『モミの木』がマリメッコのデザイナー、サンナ・アンヌッカのイラストで絵本になりました。物語を広げるアートワークと共に、読後には「今、その時を楽しみなさい」という人生のメッセージが心に届きます。
大切な人へ、自分用に、贈り物として喜ばれる1冊です。

https://www.ehonnavi.net/ehon/91284/%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8/
https://www.ehonnavi.net/ehon/91284/%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8/
https://www.ehonnavi.net/ehon/91284/%E3%83%A2%E3%83%9F%E3%81%AE%E6%9C%A8/

【絵本ナビセレクト】クリスマスに贈りたい 絵本セットA~D

他にもセットは全部で4種類、それぞれのテーマでセレクトした絵本にギフトラッピングのおまけ付き。

 

「クリスマスは自分のために絵本を揃えてみたい」「大切なあの人に喜んでもらいたい」
「楽しいクリスマスを送ってほしい」

 

そんな方におすすめしたい特別なセットをご用意。子どもから大人まで楽しめる内容になっています。是非チェックしてみてくださいね。

https://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=8582
https://www.ehonnavi.net/feat/xmas/

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください