絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   クリスマスの夜に読みたい、小さな可愛い物語。「2020年 新刊クリスマス絵本」(1)

クリスマスの夜に読みたい、小さな可愛い物語。「2020年 新刊クリスマス絵本」(1)

クリスマスの夜、子どもたち一緒に読みたくなるのは、可愛らしくて心あたたまる物語。2020年の新刊クリスマス絵本の中から、こんな素敵な3冊をピックアップします!

クリスマスの夜に読みたい、小さな可愛い物語。最新クリスマス絵本3冊

一目見たら忘れられない景色…

サンタさんのおとしもの

サンタさんのおとしもの

お話の舞台は、寒い寒いクリスマス・イブの夜の町。
おつかいに出ていた女の子が、大きな赤いてぶくろを拾います。
女の子はすぐに思います。

「これは、サンタさんのてぶくろにちがいない」

寒くて困っているだろうから、届けてあげなきゃ。だけど、この広い夜の町。どうやってサンタさんを見つけたらよいのでしょう。サンタさんは今頃きっと、空飛ぶそりにのって煙突から煙突へ……。

だけど、教会の前まで来た時に、彼女は思いつきます。そうだ、この高い塔に登れば!女の子は無事にサンタさんに会えたのでしょうか。てぶくろは渡せたのでしょうか。

真っ黒な背景に浮かびあがる町の灯りや、空から降ってくる白い雪。高い塔から見渡す遠い港や色とりどりの屋根。その全ての美しいことといったら! 三浦太郎さんの描くクリスマスは洗練された、だけどとっても可愛らしく。一目見たら忘れられない景色がたくさん閉じ込められていて。毎年この時期になると開きたくなる、小さな優しい物語です。

クリスマス絵本の新しい定番の1冊になりそうですね。

(磯崎園子  本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/155281/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%AE/
https://www.ehonnavi.net/ehon/155281/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%AE/

繊細で愛らしい刺繍に目が釘付けに……

サンタさん

サンタさん

思い立ったのは、春の終わり。
羊の毛を刈りながら、サンタさんは思うのです。

「このフワフワの毛で、はなちゃんのマフラーを作ろう」

毛を紡いで、色を染めて、毛糸玉を作り。春、夏、秋、冬をまたいでじっくり丁寧にマフラーを編み上げます。クリスマスの夜、それを綺麗に包み、袋に入れて、長靴をはいて、外へ出て……「さあ行こう」。

絵本の中で、はなちゃんへプレゼントを渡すために、森を抜け、山をのぼり、街の中をひとりで歩き続けるサンタさんのその姿の小さなこと。だけど、思わず目を凝らして見入ってしまうのは、なんと全てが「刺繍」で描かれているから! サンタさんの赤い帽子も白いおひげも、森の木々も、静かな夜に並ぶたくさんの家も、全てが丁寧に繊細に、そして色鮮やかに縫い込まれているのです。

『クリスマス・イブのおはなし 3冊セット』、『サンタさんありがとう』などで人気の刺繍絵本作家長尾玲子さんの最新作は、ひたむきな姿が心を打つサンタさんが主人公。その一つ一つの画面の密度の濃さと相まって、ぎゅっと詰まった愛情を感じることのできる、素敵なクリスマス絵本です。

じっくりと、読む時間を大切にしながら味わってみてくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/154278/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%95%E3%82%93/
https://www.ehonnavi.net/ehon/154278/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%95%E3%82%93/

愛らしく心優しいぼうしくんの物語

ぼうしくんのクリスマスプレゼント

ぼうしくんのクリスマスプレゼント

クリスマスの夜、真っ白な雪の上にぽつんと置かれた「ぼうしくん」。一体どうしたのでしょう。どうやら、あわてんぼうの誰かさんが、落として行っちゃったみたいで……。

すると、そこへやってきたのは、うさぎさん。

「えーんえーん、今日はクリスマスなのにひとりぼっち。
 誰もプレゼントをくれないよ。」

泣いているうさぎさんに、ぼうしくんは自分のボンボン飾りをプレゼントします。うさぎさんが喜んで泣きやむと、今度はくまさん、きつねさん、トナカイさんまで次々にやってきては、みんなひとりぼっちだと泣いているのです。心優しいぼうしくんは……。

人気作家・新井洋行さんが描く新しいクリスマス絵本の主人公は、ぱっちりおめめがチャームポイントのぼうしくん。この鮮やかな赤い色、フワフワの飾り、なんとなく持ち主は想像できますよね。だけど、全てがなくなってしまったぼうしくんの姿と言ったら。もう、早く迎えにいってあげてよね! みんながそう願う中、大丈夫、最後はみんなが嬉しい場面が待っています。

子どもたちと過ごすクリスマスの夜には、こんな可愛らしくて心あたたまる絵本がぴったり。何度でも読んであげてくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/155506/%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88/
https://www.ehonnavi.net/feat/xmas/

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください