絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2022   >   この本の虫は、こわくない!図鑑絵本『むしのずかん ものしりあいうえお』4月25日発売!
絵本ナビニュース2022

この本の虫は、こわくない!図鑑絵本『むしのずかん ものしりあいうえお』4月25日発売!

この本の虫は、こわくない!図鑑絵本『むしのずかん ものしりあいうえお』

https://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=174777 『むしのずかん ものしりあいうえお』書影 ©雨宮尚子/白泉社

白泉社から、図鑑絵本『むしのずかん ものしりあいうえお』(作:雨宮尚子 監修:安西英明)が、4月25日に発売されました。日本の主要な52種類の虫を、「あいうえお」のキャッチフレーズつきでご紹介しています。

むしのずかん ものしりあいうえお

「かたあしをあげて オシッコする カブトムシ」
「あげたはねのまま みつをすう アゲハチョウ」
「だっぴは うえとしたはんぶんずつ ダンゴムシ」
・・・日本の主要な52種類の虫を、「あいうえお」のキャッチフレーズつきでご紹介。
雑誌「kodomoe」の付録で初登場時、絶妙の愛らしくも精緻なタッチで、虫が苦手な親御さんも子どもと一緒に楽しめると、感謝の声が殺到しました!
2022年4月刊

内容紹介

「かたあしをあげて オシッコする カブトムシ」
「あげたはねのまま みつをすう アゲハチョウ」
「だっぴは うえとしたはんぶんずつ ダンゴムシ」
——日本の主要な52種類の虫を、「あいうえお」のキャッチフレーズつきでご紹介。
育児情報誌「kodomoe」の付録で初登場時、絶妙の愛らしくも精緻なタッチで、虫が苦手な親御さんも子どもと一緒に楽しめると、感謝の声が殺到しました!

『むしのずかん ものしりあいうえお』中面 ©雨宮尚子/白泉社

「kodomoe」読者アンケートより

・楽しく読めました。絵もリアルなのに嫌じゃない。不思議ですね!
・リアルな写真の図鑑よりも、子どもと一緒に見て楽しめました。
・キレイなイラストで感動しました。この本を持って野原に行きたくなりました。
・スタンダードな虫は大体載っていて子どもにちょうどいい情報量でした。
・虫大好き&ひらがなに興味が出てきた息子にぴったりでした。
・子どもは虫が怖いのですが絵が可愛いので「これはなに?」と楽しんでました。

『むしのずかん ものしりあいうえお』中面 ©雨宮尚子/白泉社
『むしのずかん ものしりあいうえお』中面 ©雨宮尚子/白泉社

書籍紹介

『むしのずかん ものしりあいうえお』

作:雨宮尚子

監修:安西英明

ISBNコード:9784592763048

定価:968円(本体880円+税10%)

発売日:2022.4.25

出版社:白泉社

著者プロフィール

作:雨宮尚子(あめみや・なおこ)
山梨県生まれ。絵本作家、イラストレーター。2002年、ボローニャ国際児童図書展入選。
絵本に『旅館すずめや てくてく遠足日和』『えんぎがいい』『とりのずかん ものしりあいうえお』(すべて白泉社)などがある。
 

監修:安西英明(あんざい・ひであき)
東京都生まれ。公益財団法人 日本野鳥の会参与、公益社団法人 日本環境教育フォーラム理事。
野鳥だけでなく、自然観察や環境教育をテーマに、幅広く調査研究・講演などを行う。著書、監修書多数。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください