スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   年齢別おすすめ絵本   >   5歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)

年齢別おすすめ絵本

5歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)

想像力を育む絵本を!


夢のあるお話、とにかく笑える絵本、ちょっと怖い絵本…様々な物語絵本との出会いの中で想像力が
培われていく時期です。
遊びに夢中になっている子でも、絵本を読むのは特別な時間。そんな力が絵本にはあるんですね。

「アンナの赤いオーバー」

アンナの赤いオーバー

実話を元にしたお話です。
戦後の物のない時代に、一枚のオーバーを手に入れるのは大変なことでした。
手間がかかること、長い間待つことをむしろ楽しみ、そうして出来上がったオーバーはアンナにとってかけがえのない大切な宝物になるでしょう。家の装飾品はなくなってしまいましたが、それ以上に大切なものを手に入れたのではないでしょうか。

最初に登場するアンナと、新しいオーバーを着たアンナを比べると、大きく成長しているのがよくわかります。
お話の背景には戦争の暗い影が見て取れます。お父さんは登場しませんし、オーバーの製作に関わった人たちも家族の姿が見えません。

もの余りの時代ですが、年に一度はこんなお話を子どもに読んであげたいものです。大人の心も豊かにしてくれる作品です。

「おもちのきもち」

おもちのきもち

ついに語られる、おもちの告白とは? 
相手の気持ちになって考えましょう、なんて子どもに教えている大人たち、「おもちのきもち」を考えたことがありますか? 
「きがつくとわたくし、なんどもあたまをたたかれておりました。」 
おもちつきの様子をそう語るのは、たごさくさんちのかがみもち。今のところは床の間に飾られて大事にされているものの、のばされたり、ちぎられたり、食べられたりしている兄弟たちの姿を見て身の危険を感じ、逃げ出して・・・。さあそれから、かがみもちの大脱走が始まります。変わり果てた姿のかがみもちの前で首をかしげる村人たち。なぜそうなったのか、真相を知る読者には満足感のあるラストシーンです。 
コミカルな語り口とイラスト、ダイナミックな展開、大人も子どもも笑いをこらえきれません。お正月に読めば、ああ、いい一年が過ごせそう、そんな幸せな気持ちになれることでしょう。小さいお子さんから小学生まで幅広く楽しめて、おはなし会でも大人気の作品です。

「ピッツァぼうや」

ピッツァぼうや

雨がふって、外にあそびにいけないピートはご機嫌ななめ。そんなピートをみて、おとうさんはあるアイディアを思いつきます。それがどんなに楽しかったかは、この表紙をみれば、一目瞭然!

<手を伸ばせば、珠玉の絵本がすぐに読める環境を>

http://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=510286677X

【5歳】 絵本全冊ギフトセット(ギフトラッピング込み)


厳選された絵本・児童書を毎月お届けしている「絵本クラブ」の【5歳コース】の全配本リスト作品をセットにしました。
この年齢に読んでおきたい作品を選書しています。特別なプレゼントにぜひどうぞ。
(すでにお持ちの作品は外して買い求めいただける便利なセットです)

(「ギフトラッピング込み」セットは、有料ギフトラッピングを無料でお付けします)

http://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=5102866788

【5歳】 絵本セレクト12冊ギフトセット(ギフトラッピング込み)


厳選された絵本・児童書を毎月お届けしている「絵本クラブ」の【5歳コース】の全配本リスト作品の中からよりすぐった12作品をセットにしました。この年齢に読んでおきたい作品を選書しています。特別なプレゼントにぜひどうぞ。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部