スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】2018年1月「第10回絵本・児童書大賞」が開催決定!
絵本ナビニュース2017 

【news】2018年1月「第10回絵本・児童書大賞」が開催決定!

「第10回絵本・児童書大賞」を知ってますか?

ネット発の人気作を出版している出版社アルファポリスが運営する「絵本ひろば」、小説・漫画のポータルサイト「アルファポリス」に投稿されている絵本・児童書を対象としたコンテスト「第10回絵本・児童書大賞」が来年1月に開催されます。このコンテストは、東宝とアルファポリスの2社で共催されます。賞金総額100万円で、優秀な作品はアルファポリスからの書籍化、東宝からの映像化が検討!ぜひ応募してみてくださいね。

 

■エントリー方法
「絵本ひろば」に絵本を投稿し、マイページにて「エントリー」をクリック。
※その他、「アルファポリス」に絵本・児童書を投稿または外部URLで登録し、マイページにて「エントリー」して頂くこともできます。

 

■賞および賞金
「大賞」(賞金50万円)の他、「優秀賞」・「特別賞」・「読者賞」などを選出します。賞金総額は100万円になります。

 

■選考方法
「大賞」「優秀賞」「特別賞」:アルファポリス編集部と東宝のプロデューサー陣が共同で選考いたします。
「読者賞」:ランキングの最終順位が1位の作品が受賞します。

 

■スケジュール
エントリー期間:2017年12月1日(金)~2017年12月31日(日)
開催(投票)期間:2018年1月1日(月)~2018年1月31日(水)
結果発表:2018年3月中旬頃 「アルファポリス」にて発表します。

■12月1日正式オープン!「絵本ひろば」とは
Web上でオリジナルの絵本の投稿・閲覧ができる、絵本専用の投稿サイト「絵本ひろば」(https://ehon.alphapolis.co.jp/)の正式オープンが2017年12月1日に決定しました。正式オープンに先立ち、8月より先行投稿の受付を開始しています。

1.絵本を描いて気軽に投稿!
小説・漫画のポータルサイト「アルファポリス」でユーザ登録して、「絵本ひろば」で絵本の投稿をしましょう。原稿画像が準備出来ていれば、サイトから素早く簡単に投稿することができます。また、絵本公開後は人気度に応じて、「投稿インセンティブ」を利用することができます。
※投稿インセンティブとは…投稿絵本の人気度などに応じ、投稿者に対してスコアを提供するアルファポリス独自の奨励金制度です。一定数以上貯まったスコアはAmazonギフト券等に交換することができます。

2.読者とのコミュニケーションが充実!
読者は投稿絵本に対してお気に入り登録、絵本の評価、感想投稿…等のアクションを行うことができます。他にも作者が自身の近況を報告する「近況ボード」機能もあり、読者と充実したコミュニケーションを図ることができます。

3.プロの絵本作家への近道!
小説・漫画のポータルサイト「アルファポリス」と連動しているから、「出版申請」でプロ作家デビューが目指せます。
また、「アルファポリス」で2018年1月に開催されるコンテスト「第10回絵本・児童書大賞」に参加することもできます。
※出版申請とは…投稿絵本の読者の評価が一定以上である場合に、書籍出版化の検討をアルファポリス編集部に直接依頼することができる仕組みです。「アルファポリス」ではこの制度を利用して既に多くの書籍が出版されています。

アルファポリスでは、毎月ジャンルをかえて賞レース「Webコンテンツ大賞」を開催しており、今後は、随時東宝と共同で開催いたします。
初の共同開催回となるWebコンテンツ大賞は2018年1月開催の「第10回絵本・児童書大賞」に決定いたしました。
本コンテストの開催に伴い、アルファポリスが運営する絵本投稿サイト「絵本ひろば」(https://ehon.alphapolis.co.jp/)の正式オープンを2017年12月1日に決定し、同サイトから本コンテストにエントリーすることが可能となりました。本コンテストへのエントリー開始は「絵本ひろば」の正式オープン日と同じ2017年12月1日を予定しています。
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載