スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】「本の力を、生きる力に。」新学期・新入学時期の春から「はじめての絵本キャンペーン」を開始
絵本ナビニュース2018

【news】「本の力を、生きる力に。」新学期・新入学時期の春から「はじめての絵本キャンペーン」を開始

「本の力を、生きる力に。」アジアの子どもたちを支援する取り組み

新学期、学校では新しい教科書を開いてお勉強がスタートしています。新しい絵本を購入して読み聞かせをしているご家庭もあるでしょう。日本では図書館もありますし、絵本を購入しなくても絵本に触れ合える環境があります。

 

一方で、アジアでは、新学期を学校で迎えられない子どもたちがたくさんいます。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は、新しい取り組みの一環として、春の新学期新入学の時期に合わせた「はじめての絵本キャンペーン」を4月9日(月)よりスタート。6月30日(土)まで、「本の力を、生きる力に。」をテーマに、新学期を学校で迎えられない子どもたちを支援する取り組みを呼び掛けています。

アジアにいる新学期を迎えられない子どもたちのために

アジアで子どもたちへの教育支援や緊急救援を行うNGOとして、2018年春から新たに「はじめての絵本キャンペーン」を開始します。アジアには、新学期や新生活を学校で迎えられない子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちをサポートできる絵本づくりワークショップや「はじめての絵本」を届けるための仲間(サポーター)となれる4種類のサポーター制度、イベントの開催など、様々な形で参加できる取り組みを開始します。

 

イベント

「ミャンマー翻訳絵本ワークショップ × H.I.S 旅と本と珈琲と Omotesando」

開催日:4月24日(火)19:30‐21:00
会場: H.I.S旅と本と珈琲とOmotesando

URL:http://sva.or.jp/wp/?p=27585

取り組みに参加するには、4種類のサポーター制度があります!

子どもたちにとって「はじめての絵本」となる本を届けるための仲間(サポーター)を募集します。サポーターには4種類あります。


①Readyforサポーター

②もの寄付サポーター

③アジアの図書館サポーター

④ネパール学校建設サポーター

 

それぞれのサポーターとはどんなことをするのでしょうか。ご興味のある方は、すぐにサポートできることから始めてみるのもいいかもしれません。

①Readyforサポーターは、タイ国境付近の難民キャンプでの図書館の活動を支援いただくために、250万円を目標にクラウドファンディングを開始します。

 

②もの寄付サポーターは、新生活を迎えるにあたり、引っ越しや整理を行う際に不要となるもの自体を寄付いただくことで支援になるものです。

 

③アジアの図書館サポーターは、単発ではなく、継続した支援をすることで、子どもたちを支援することができます。また、

 

④ネパール学校建設サポーターは、寄付が集まらなければ学校建設を開始できないネパールの学校を支援するものです。

アジアに届ける「絵本づくり」の体験機会の提供

小学校に行けない、図書館がない、読み書きができない、さまざまな理由で本を知らないアジアの子どもたちがたくさんいます。シャンティでは36年にわたって図書館活動を続けてきました。今までに日本からアジアの子どもたちに届けられた絵本は29 万冊をこえているそうです。2018年春は、新学期を迎える日本の子どもたちから、アジアの子どもたちに絵本を届ける、子どもから子どもへの「はじめての絵本づくりワークショップ」も開催されます。

はじめての絵本キャンペーン 概要

名称:「はじめての絵本キャンペーン」
時期:2018年4月9日(月)~6月30日(土)
内容:4種類のサポーター制度の展開とアジアに届ける「絵本づくり」の体験機会を提供します。

Readyforサポーターとしてできること

担当者:菊池さん、吉田さん

「タイ国境付近の難民キャンプでの図書館の活動を支援いただくために、250万円を目標にクラウドファンディングを開始します。」
プロジェクト名
「ここだけが世界と繋がれる場所 難民キャンプの図書館を続けたい」
日時:2018年4月12日(木)~6月29日(金)
目標金額:250万円
支援の種類:
¥3,000のリターン(お礼の手紙、報告)
¥10,000のリターン(子どもの絵)
¥30,000のリターン(手作りバッグ)
¥100,000のリターン(図書館内に名前を掲載)
¥300,000のリターン(ビデオメッセージ)
¥1,000,000のリターン(1日図書館長)
参加方法:下記URLより必要事項を記入

もの寄付サポーターとしてできること

担当者:鈴木さん、山田さん

日時:2018年4月9日(月)~6月30日(土)
参加方法:自宅で使用していないものを着払いで郵送
※各種イベント時に専用封筒&着払伝票を配布します

費用:無料

アジアの図書館サポーターとしてできること

担当者:平島さん

日時:2018年4月9日(月)~6月30日(土)
毎月の継続寄付でアジアの図書館活動をサポートする。
支援の種類:
月¥2,000(カンボジアで移動図書館活動を6回開催)
月¥3,000(ミャンマーで絵本を84冊出版)
月¥6,000(難民キャンプで絵本60冊購入)
月¥10,000(アフガニスタンで絵本いっぱいの本棚5つ設置)
参加方法:下記URLより必要事項を記入

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください