スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】村カエラさんの絵本『ねむとココ』発売記念イベントレポート
絵本ナビニュース2018

【news】村カエラさんの絵本『ねむとココ』発売記念イベントレポート

『私らしくありたい、そのためには心の中がキラキラしていないと!』木村カエラさんが語る絵本に託した思い

2018年4月22日(日)、 歌手・木村カエラさんが待望の絵本「ねむとココロ」(株式会社KADOKAWA刊)を出版、同日に記者発表と発売記念イベントが開催されました。場所は、5月8日(火)まで原画展示会を開催中の西武池袋本店内にある三省堂書店池袋本店イベントスペース。

 

木村カエラさんは、「昨日の夜から高まる気持ちが押さえられなくて、すごくドキドキしています。 元々絵本が大好きで、いつか絵本を描きたいという夢がありました。 実現して本当にうれしい」と語りました。

木村カエラさんの絵本

「ねむとココロ」の主人公は、いつもモヤモヤした気持ちを抱えている男の子・ねむ。 ある日ココロと出会ってから、本当の自分の“心”に必要なものに気がついていく物語です。 このお話は、アルバム『PUNKY』に収録されている「BOX」がもとになっています。「この曲は『私らしくありたい、そのためには心の中がキラキラしていないと!』というメッセージが込められているんです」(カエラさん)

人数限定のトークショー&サイン会の模様

記者発表後は、事前応募で集まったファンに向け、本作の編集を務めた中條基氏とのトークショー&サイン会も実施されました。 リラックスした雰囲気の中、まずは制作時の裏話が披露されました。

−−−−いよいよ発売ですね。 周りの人の反応はいかがでしたか?  (中條さん)

 

「みんなが応援してくれたから頑張れた。 画材や絵のテイスト、物語も無限に種類があるのではじめは悩みましたね。 歌詞を書いている時は頭の中でメロディーを流して、自然と言葉がはまることがあるんですよ。 その段階まではいつも書き出すことができない。 絵本もその作業にすごく時間がかかって」

 

−−−−はじめの見開きは悩まれてましたもんね。 僕がお声がけしたのが1年くらい前。 でも1枚の絵が決まったところから約2週間で完成して、びっくりしました(中條さん)

 

「はまった後は、ばーっと進むんです。 そうそう、この絵本にはちょっとした仕掛けがあります。 見返しのところにココロの顔がたくさん描かれているんですが、喜怒哀楽のいろんな表情を混ぜて、読むたびに探す楽しみを入れてみました。 そして作品の中に2カ所、絵本の元になった曲『BOX』という言葉も隠しています。 ぜひ探してみてくださいね」

−−−−会見前には原画展示会にもご覧になられましたよね(中條氏さん)

 

「絵コンテと本番の絵が並んでいるので、こんな風に作られているんだ!と知ってもらえると思います。 そして私、顔ハメが大好きで。今回どうしてもココロの顔ハメを作ってほしい!とお願いさせていただいたんです。 そちらも記念に楽しんでください」

 

−−−−絵はポスカやクーピーを使ったカエラさんらしいテイストだなと思ったんですが、その画材の量が尋常じゃない。 あれっていつぐらいから集められたんですか?(中條さん)

 

「20歳のころくらいかな。 ポスカがすごく好きで、集めていたら増えてしまって。 最近は好きな色がなくなって買い足しに行くと色がちょっと変わっていたりする。 ねむの洋服の色も昔に買った青色なので、 いま売っているものは若干違うんです。 製作中、この色がなくなったらどうしよう~というのが一番の恐怖でしたね(笑)。 もしまた描く機会があったら、違う服になっていると思う」

−−−−そごう・西武さんとコラボしたラッピングツールもかわいいですね。 これ、実は絵本のココロとちょっと違うんですよね(中條さん)

 

「輪郭の線をなくして、ちょっとやわらかい雰囲気にしました。 テーマが『今年こそ母の日!』だったので、 もじもじしているんだけど、 後ろでハートの花束を持っているデザインに。 お母さんに改めてお礼を言うのって照れくさいじゃないですか。 なので、 ラッピングで気持ちが伝わるものになればいいなと」

じっと目を見ながら、ひとりひとりにサイン。 「このライブT、 懐かしい~」と、世間話をしながらカエラさんも楽しんでいた

最後に、作り始める前後での気持ちの変化について聞いてみました。

 

 「絵本のベースになった『BOX』は、“最近自分らしくいられてないな”と思っていた時に書いた曲なんですよ。 絵本の製作に入ったときも、その気持ちを引きずっていて。 でも描きながら『あ、 こうすればよかったんだ!』とか、『このペンを使ってこう描く!』って作業をしているうちに、 私ってこうだったな、っていうのを取り戻せた。 私自身がこれを作ったことで救われて、『BOX』を書いたときの気持ちから抜け出せましたね」

「ねむとココロ」は忘れかけていた大事なことを、はっと気がつかせてくれる物語です。子供たちに読み聞かせるだけでなく、大切な人へのギフトとしても贈ってみてはいかがでしょうか。

原画展とそごう・西武の母の日のキャンペーンのお知らせ

そごう・西武の母の日キャンペーンとのコラボもスタートしています。5月13日(日)まで、全国15店舗のそごう・西武の「母の日ギフト対象売場」で描きおろしのラッピングツールが登場していますのでチェックしてくださいね。(なくなり次第終了)

 

また今回、そごう・西武の母の日キャンペーンとコラボし、カエラさん描きおろしのラッピングツールがお目見えします。 ショッピングバッグのほか、包装紙やシール、メッセージカードの4種類が展開されます。 「渡す側ももらうお母さんもわくわくするようなもの、そして、普段恥ずかしくて伝えられない思いをこれを渡すだけで伝えられるといいなと思ってデザインを考えました。 形になってとても嬉しい」(カエラさん)

「ねむとココロ」原画展示会
期間:西武池袋本店(2階中央A7=婦人雑貨フロア特設会場)/2018年4月22日(日)~5月8日(火) 、 そごう横浜店(7階=中央エスカレーター横 特設会場)/4月25日(水)~5月13日(日)

https://www.ehonnavi.net/style/734/ 絵本ナビでは、木村カエラさんの出版記念インタビューを掲載しています。
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください