スタイルトップ  >  グッズ・ギフト   >   赤ちゃん誕生の感動と祝福の気持ちを詰め込んで…時を経ても色褪せない「Baby Book」

赤ちゃん誕生の感動と祝福の気持ちを詰め込んで…時を経ても色褪せない「Baby Book」

皆さん、「ベビーブック」というと、どんな印象をお持ちでしょうか?


赤ちゃん誕生の感動やつづっていくアルバムに、その当時の大きさや特徴、愛する我が子の愛らしい写真を貼っていく作業はこの上ない喜びですよね。

 

でも、「途中までは頑張っていたんだけど…」なんてことはありませんか?
また、「20年経って成人した我が子にプレゼントするには、ちょっと可愛らしすぎるデザインで…」なんてことも。

 

そこで、こんな新しいタイプの「ベビーブック」をご紹介します!

『あいうえおえほん』や『赤ちゃん絵本セット』でお馴染みの戸田デザイン研究室から、赤ちゃんへの想いをとじ込められるタイムカプセルのようなベビーブックができあがりました。その装丁はとっても洗練されたデザインで…

赤ちゃん誕生の感動と祝福の気持ちを詰め込んで、20年後の子どもたちへ伝えていく「Baby Book」

Baby Book

Baby Book

赤ちゃん誕生の感動と祝福の気持ちを詰め込んで、20年後の子どもたちへ伝えていくベビーブックです。周りの人たちからもメッセージをいただきましょう。みんなの愛情が綴られたこのベビーブックは、大人になった彼や彼女の、人生の宝物になるはずです。小さな思い出を入れる「思い出ポケット」や、かわいいイラストの「書き込む身長計」付き!

http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/

『あいうえおえほん』や『赤ちゃん絵本セット』でお馴染みの戸田デザイン研究室から、赤ちゃんへの想いをとじ込められるタイムカプセルのようなベビーブックができあがりました。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/

「ベビーブック」と言えば、赤ちゃんの誕生から成長を記録するスタイルのものが一般的ですが、この「Baby Book」は“想いをとじ込める”ことを重視して作られています。

もちろん誕生した時のこと、例えば日付や時間、場所、天気、身長、体重、を書き込むページがあります。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/

さらに、お絵描きが残せるページや、寄せ書きのように赤ちゃんへの気持ちを書き込めるページもあります。お母さんとお父さん用のページに加え、おじいちゃんやおばあちゃんの気持ちが書けるページも。さらに赤ちゃんに会いに来てくれた親戚や友人の方にも書いてもらえるページもあります。どれだけ周りの人に愛されていたのか、当時の雰囲気がそのまま伝わってきますよね。

 

一番嬉しいポイントは、少ない負担でベビーブックが完成させられることではないでしょうか。

ベビーブックをまるごと一冊作り上げるのは「楽しそうだけど実はハード」という声も少なくありません。

 

でも、この「Baby Book」ならそんな心配はご無用!

全ページがシンプルできれいにデザインされているので、使い方の自由度が高いんです。自分でデコレーションや書き込みを頑張りすぎなくても大丈夫。一方で「いっぱい書きたい!」という方でも、無地の部分が多いのでどんどん書き込めますよ。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/

小さな思い出を入れる「思い出ポケット」も。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116661/BabyBook/

かわいいイラストが付いた、「書き込む身長計」もうれしいおまけです♪

「歴史として残るものになってほしい」という制作者の想いを込めて、布張りの装丁になっています。しっかりとした作りなので、大人になっても大切に長く保管することができます。戸田デザイン研究室ならではの、シンプルで洗練されたデザインも魅力の一つです。

 

お子さんが成人した時に、ご両親からの贈り物にするのも良いですよね。出産のお祝いにプレゼントするのもおすすめですよ。宝物として、本棚にずっと置いておきたくなる一冊ですね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

人気連載