絵本ナビスタイル トップ  >  グッズ・ギフト   >   このフワフワ感がたまらない…!手に持っても癒される「フレデリックぬいぐるみ」2ポーズ

このフワフワ感がたまらない…!手に持っても癒される「フレデリックぬいぐるみ」2ポーズ

フレデリックは、じっとして陽に当たり、牧場を見つめ、ほとんど半分寝ているみたい。だけど、彼は、寒くて暗い冬のために光をあつめ、色をあつめ、言葉をあつめているのだという……。

 

レオ・レオニの描く小さく愛らしいものたちの中でも、特に人気のあるキャラクターがフレデリック。彼の言葉に共感しながら、その愛嬌ある姿に心も癒されてしまうのです。さらにこの子たちは、手触りまでよくて!?

このフワフワ感がたまらない…!「フレデリックぬいぐるみ」

ふわふわフレデリック 立ち

ふわふわフレデリック 立ち

写真でもわかるフワフワ感がたまらない…!
レオ・レオニの人気絵本『フレデリック』から、お花を持ったフレデリックのぬいぐるみです♪

【サイズ】W12×H16×D11cm

写真でもわかるフワフワ感がたまらない…!
レオ・レオニの人気絵本『フレデリック』から、お花を持ったフレデリックのぬいぐるみです♪

【サイズ】W12×H16×D11cm

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816335

のほほんとした目元のフレデリック。
彼が見つめている視線の先には何があるのでしょう…?
 

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816335

手には真っ赤なお花をしっかりとにぎって。

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816335

しっぽがピンと立っているうしろ姿もチャーミング。

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816335

そして、何よりこのフワフワした毛並み!!

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816335

強張っていた肩の力も抜けてしまいますね…。

ふわふわフレデリック 這い

ふわふわフレデリック 這い

レオ・レオニの人気絵本『フレデリック』から、こちらはじっとうずくまるフレデリックのぬいぐるみです♪

【サイズ】W10×H13×D17cm

レオ・レオニの人気絵本『フレデリック』から、こちらはじっとうずくまるフレデリックのぬいぐるみです♪

【サイズ】W10×H13×D17cm

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816434

正面から。……か、かわいい。

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816434

しっぽにも表情がある…?

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816434

そして、やっぱりこのふさふさ、フワフワ感♪

https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816434
https://www.ehonnavi.net/shopping/item.asp?c=4974475816434

どちらのタイプも魅力的…!

猫さんも躊躇するほどの可愛さ……!

※猫用玩具じゃありませんよ。

ぼんやり過ごしているように見えるけど……絵本『フレデリック』

フレデリック

フレデリック

小さな野ねずみたちが、とうもろこしや木の実、小麦やわらをせっせと集めて運んでいる。みんな昼も夜もはたらいている。

彼らの住んでいる家は牧場に沿った石垣の中。豊かだったその場所は、お百姓さんが引っ越してしまったので、納屋はかたむき、サイロはからっぽ。おまけに冬が近い。食べ物を蓄えなくてはならないのです。

ところが、フレデリックだけは別。
ひとりでじっとしています。

「フレデリック、どうして きみは はたらかないの?」

じっとして陽に当たり、牧場を見つめ、ほとんど半分寝ているみたい。だけど、彼のこたえはこう。

「こう見えたって、はたらいてるよ。」

寒くて暗い冬のために光をあつめ、色をあつめ、言葉をあつめているのだと言う。一体どういうことなのでしょう。

やがて冬がやってきて、楽しく過ごしていたのもつかの間、食べるものが尽き、からだは凍え、おしゃべりをする気にもならなくなった。その時、立ち上がったのはフレデリック。彼はみんなの前に立ち、口をひらき、話しだしたのは……。

レオ・レオ二の描く絵本の世界の住人たち、その多くは小さく愛らしいものたち。この名作『フレデリック』もそう。愛嬌だって抜群です。だけど立ち向かっている問題はいつも骨太、なかなか考えさせられるのです。

仲間たちで生きていこうとする時、目の前に立ちはだかった問題をどう解決していくのか。答えは一つのようで、一つではなく。思いもよらない方法があることを否定することなく。そこにこそ、芸術の可能性が秘められているのかもしれなくて……。

もちろん、そんな堅苦しいことを言わなくても。

「これは まほうかな?」

日本では谷川俊太郎さんの翻訳により、子どもたちが存分にその素晴らしい世界を味わえるようになっています。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/1188/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF/
https://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=1397
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください