スタイルトップ  >  まなび   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】あの最年少記録更新の棋士も受けた「モンテッソーリ英才教育」無料体験スタート

絵本ナビニュース2017 

【news】あの最年少記録更新の棋士も受けた「モンテッソーリ英才教育」無料体験スタート

惜しくも歴代最多連勝記録は29でストップしたものの、将棋界に新星のごとく登場した史上最年少棋士・藤井聡太四段。
オバマ前大統領、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやFacebook 創業者のマーク・ザッカーバーグ…
世界の第一線で活躍するかれらには、幼児期に、ある共通点があるそうなのです。

 

それは…「モンテッソーリ教育」を受けていること。
一体どんな教育法なのでしょうか?

数々の著名人が受けてきた「モンテッソーリ教育」

モンテッソーリ教育って?

モンテッソーリ教育とは、イタリア初の女性医師として知られるマリア・モンテッソーリ(1870~1952)によって考案された教育法。

そしてこの教育の基本的な考え方には「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっているため、大人(保護者や教師)は、子どもの成長要求を汲み取らなければならず、子どもの自由を保証し、自発的な活動を助ける役割にを果たすべき」というもので、現在世界で活躍する起業家や天才と呼ばれる人も多くこの教育を受けていると言われています。

例えば、オバマ前大統領、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやFacebook 創業者のマーク・ザッカーバーグ、そして日本では最近将棋の連勝記録で話題の藤井聡太四段もその一人です。

モンテッソーリ教育の特徴

モンテッソーリ教育では個性的な教具を使い、大人を真似た日常生活の練習から色彩などの感覚教育、言語教育、算数教育などを主に0歳〜6歳の未就学児に向けて行っていき、あくまでも子どもの自主性が尊重される時間を過ごします。

日本最年少記録を更新した藤井聡太四段をきっかけに、日本でも、モンテッソーリ教育はますます注目を集めることになりそうですね。

ベビーシッターサービスで「モンテッソーリ教育」を無料体験!

スマホで呼べるベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズラインは、今メディアでも話題の「モンテッソーリ教育」に興味のある親御さんに、無料体験キャンペーンを実施するそうです。

送迎不要・用意不要!先着50名の無料体験キャンペーンを開始 

キッズラインは、「モンテッソーリ教育」を試してみたいと思う保護者向けに、子どもも慣れた環境である「自宅で無料体験」ができるキャンペーンをスタート。

キッズライン登録のベビーシッターの中からモンテッソーリ教育ができるシッターをスマホから予約すれば、あとは当日を待つのみ。

お天気が悪くても自宅で待っていれば先生シッターがおもちゃなどを持って来てくれるので、ママの負担も少なく気軽に体験ができるのだそう。

 

|キャンペーン応募はこちらから|
https://kidsline.me/information/montessori


キッズラインには様モンテッソーリ教育対応可能なベビーシッターが登録されていて、シッター情報は、自宅から近い人や時給で絞り込んだり、利用者からのレビューを見ることもできるので、口コミを参考にしながら子どもにあった体験ができます。

また一日体験で気に入ったサポーターを週1回、週2回と定期利用することも可能で、通っている幼稚園と併用して利用することもできます。

 

|モンテッソーリ教育に対応するサポーターを見る|
https://kidsline.me/curations/montessori

 


キッズラインのシッターは保育だけにとどまらず、 +αの付加価値を提供してくれるところも人気の秘密なのだそう。

有名大学生による家庭教師、 夏休みの自由研究を一緒にしてくれるシッター、 習い事感覚で英語やピアノ・バイオリンを教えてくれるシッター、産後ママのサポートをしてくれながら保育や育児のプロに育児の悩みを相談できたりするシッター…登録されているシッターはとても個性豊か。

 

子育てや教育だけでなく、ママの強い味方になってくれそうなサービスですね。

KIDSLINE(キッズライン)とは 


「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。

現在1000名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生など、厳正な面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。

利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。

数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入され、小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載