スタイルトップ  >  まなび   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】思わぬ夫婦げんかの火種にも?!「夏休みの自由研究」に見る家族模様

絵本ナビニュース2017 

【news】思わぬ夫婦げんかの火種にも?!「夏休みの自由研究」に見る家族模様

「宿題、やりなさい!」

 

そんな一方的な声かけだけでは解決しないことは、取りかかる前から百も承知の「自由研究」。
ママ・パパも小学生だった頃、さんざん苦労しました(かけました)しね。

 

「自由研究」についてのアンケートで垣間見えてきたのは、意外にも「家族模様」。
そういえば自由研究、毎年思わぬ夏の夫婦げんかの火種になること…ありませんか?

夏休みの宿題、サポートが難しいのは「自由研究」と『読書感想文」

1時間1000円~スマホで呼べるベビーシッター「キッズライン」を運営する株式会社キッズラインは、夏休みの宿題に関するアンケートを会員に実施しました。

 

「お子様の夏休みの宿題をサポートしますか」という質問に対し、 

「全面的に手伝う」が、54.1%と過半数を占め、「頼まれれば手伝う」という回答が45.9%、全く手伝わないという家庭がほとんどいないことがわかりました。

 

 

また最もサポートが難しいと感じる宿題を聞いたところ、

自由研究と答えた方が29.7%読書感想文が19.0%絵または工作が13.6%と続きました。

 

 

具体的にサポートが難しいと感じる理由を聞いたところ、

・アイディアが浮かばない
・手間や時間、用具などの準備が必要だから
・時間がない
・自分が絵が苦手な為教えてあげられない
・テーマが決まっていないので、まず何にをするか決めるのも時間がかかる。一からしなくてはならないので一番気が重い
・つきっきりで見てあげられない

など、自由研究については時間的な制約や、親が絵や工作などが得意ではないパターンも多く回答として目立ち、夏休みが半分終わろうとしている現在も苦労している状況が伺えました。

自由研究は夫婦喧嘩のタネに発展?

そんな中、親子で楽しく自由研究を進める家庭もある一方、なかなかスムーズには行かない親子だっているのも現実。
子どもの自由研究にまつわる家族の模様も浮き彫りになりました。


一番理想的なタイプは、親子で楽しく自由研究の題材から完成までを、サポートしながら取り組める「順風満帆タイプ」
楽しみながらお子様が積極的に取り組んでいる場合は、自由研究もストレスなく進めることができているようです。

 

その一方でうまく行かないタイプとして、子どもの自由研究に口出しすぎて、親子で喧嘩になる「過保護タイプ」
なかなか自由研究に子供が取り掛からず、横から見ていて親はイライラ・・・夏休み終盤になり確認したら全然できていないことが発覚して親子で喧嘩に発展してしまうタイプも少なからずいるようです。

またその親子の喧嘩を見て、夫婦で教育方針の違いの話に発展してしまうケースもあるとか。
こうなると楽しいはずの夏休みの家庭内に不穏な空気が流れてしまい、もっとスムーズに自由研究が進められる環境が作れたら…と嘆く小学生ママ・パパも多くいるようです。
 

今年こそ!早めに自由研究を終わらせたい!

宿題や自由研究を進める中で、親は我が子に期待するあまりできないことにガッカリしたり叱ってしまったり、また課題をやらないことにイライラしたりと、家族だからこそうまく進まないこともあります。


そこでキッズラインが提案するのは、一芸に秀でているキッズサポーターと自由研究に取り組む、夏休みの自由研究プラン。

キッズラインには、絵や工作が得意なサポーターが112名、英語レッスンができるサポーターが107名、スポーツレッスンができるサポーターが113名など、安全な保育にとどまらない個性豊かな魅力を持つキッズサポーターが1000名以上登録されています。

 

子どもの興味のあること、自由研究を一緒に円滑に進めるサポーターをキッズラインで探してみては?
工作が得意なサポーターが、廃材を利用し、1日で工作を一緒に完成させて親子共々大満足だった、という声も寄せられているそうですよ。

■ KIDSLINE(キッズライン)

 

​「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。

現在1000名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。

利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入されたり、お料理も手伝ってもらえたり、育児相談に乗ってもらえると母親の力強いサポーターとして、利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/

キッズラインは無料登録で、即日からの予約手配も可能なので、ママと子どもで自宅で待っていればOKだそう。

 

どこか無理をしてイライラ爆発する前に、子どもが楽しく自由研究に取り組む環境を作るのも、笑顔の夏休みを送るための一案ですね!
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載