スタイルトップ  >  まなび   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】ピコ太郎、ケロポンズ出演 親子で日本語を学べる教育番組『あじゃぱん』放送開始
絵本ナビニュース2017 

【news】ピコ太郎、ケロポンズ出演 親子で日本語を学べる教育番組『あじゃぱん』放送開始

世界各国・地域の子供たちへお届け

『あじゃぱん』は歌やリズム・アニメーションで日本語の「音」に慣れ親しみ、親子で楽しみながら日本語を学べる教育番組。出演は世界各国でPPAPブームを巻き起こした“ピコ太郎”さんと、体操曲「エビカニクス」が子供たちに大人気の“ケロポンズ”さん。得意とされるリズムに乗れる音楽や映像を使って、子供たちが体を動かしながら自然と楽しく日本語を覚えられるコーナーを多数構成されています。

 

ピコ太郎

“ピコ太郎”さんはオープニングにオリジナルの新曲を提供する他、「ひともじにほんご」「ぱぴぷぺピコ太郎」のコーナーに出演。日本語と日本をテーマに、世界の子供たちに日本語の面白さを発信します。また番組宣伝用の動画にも出演をして、今後日本でも視聴可能な動画を公開していく予定です。

一方、“ケロポンズ”さんは歌って踊って体の名称を覚える「からだだんす」を作詞作曲しコーナーで披露。体の名称が自然と身に付くだけでなく、体も健康になるプログラムになっています。世界各国・地域の子供たちに楽しく遊びながら学べる日本語教育の時間をお届けしています。

ケロポンズ

【ピコ太郎のプロフィール】

名前:ピコ太郎
年齢:54歳
生年月日:1964年7月17日
出身地:千葉県
血液型:A型 

 

■“ピコ太郎”さんコメント
「世界中の子どもたちが、日本語を覚えたくなったり、日本に行ってみたくなったり、コーヒー飲むならモカマタリとか、なんらかの形で日本を好きになってくれれば嬉しくてピコ!あじゃぱんをトラに噛まれた龍みたいに盛り上げていきます(例えが下手ですいませんぴ)!皆さん是非とも見てくださいび!」

 

【ケロポンズのプロフィール】

1999年結成、増田裕子(ケロ)と平田明子(ポン)からなるミュージック・ユニット。子ども向けの歌の作詞、作曲、振付を手掛け、親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生を対象にした保育セミナーなどに出演する。代表作「エビカニクス」は、保育園や幼稚園で大人気の定番体操曲、YouTube動画再生回数は2,600万回を超える。(2016年9月)

 

■“ケロポンズ”さんコメント

「WAKUWAKU JAPANの『あじゃぱん』の番組に出演をすることとなり、世界中の子供たちと音楽に合わせてダンスをしながら一緒に楽しく日本語を覚えていけたら嬉しいです。みなさんが番組を通して日本語に親しんでもらえるように頑張って番組を作っていこうと思っています!」

あじゃぱん番組内コーナー紹介

放送概要

・番組名:あじゃぱん
・放送地域:インドネシア、ミャンマー、シンガポール、台湾、スリランカ、モンゴル、タイ(予定)、 (ベトナムは放送調整中)
※字幕と吹き替えでローカライズ、夕方再放送あり

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載