スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   2018年は戌年だワン!(2) 個性的な顔のワンちゃんと言えば…?

2018年は戌年だワン!(2) 個性的な顔のワンちゃんと言えば…?


こうして並べてみると、ワンちゃんたちの顔って本当にさまざま。大きさも姿も表情もみんな全然違います。その魅力だって、それぞれですよね。例えば…

 

2018年の干支は戌、いぬどしです。私たちの生活の中でも、とっても身近な動物の犬。だからこそ、絵本の主人公として大活躍しているワンちゃんもたくさんいますよね。そこで、さまざまな「犬の絵本」をご紹介していきたいと思います。

 

第2回のテーマは、「個性的な顔のワンちゃんと言えば?」。
 

インパクト抜群な顔のワンちゃんと言えば…?

仲良くなりたい!『ブルくんとかなちゃん』

ブルくんとかなちゃん

ブルドッグのブルくんが、かなちゃんの家にやってきました。ブルくんはかなちゃんと仲良くなりたいと思うのですが、ほっぺをなめても、かなちゃんのピアノに合わせて歌を歌っても、かなちゃんは逃げ出してしまいます。どうすれば仲良くなれるのかな? お互い気になりながらも、なかなか仲良くなれない二人の関係を、ユーモアにくるんで描いています。

https://www.ehonnavi.net/ehon/4345/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/

今日もパパしゃんとお散歩♪『いかすぜ!ブブヒコ ~チワワとドーナツ!のまき~』

いかすぜ!ブブヒコ ~チワワとドーナツ!のまき~

「ぼく、ブブヒコ。」
真っ黒で小さな体にぱっちりおめめ。ピンと立った耳と愛嬌のある鼻が特徴のフレンチブルドックです。
ブブヒコは今日もパパしゃんとお散歩。
パパしゃんとのお散歩は、いつもおかしなことがおきるんだ!

公園に行くと、近所の犬たちが勢揃い。大きな犬を前に身を固くしながらも、大好きなドーナツ屋さんを発見して大興奮のブブヒコです。
「ドーナツかってあげよう。ほら、おまえはちっちゃいから、ちっちゃい方をあげるよ。」
ちぇっ。パパしゃんが買ってくれた小さいドーナツを「パクッ」あれれ、失敗。
コロコロ転がるドーナツを追いかけていくうちに、ブブヒコは不思議な世界へと迷い込んでいきます…

続きはこちら>>>

いつも寝てばかりの、ねぼすけ子犬『クークーグーグー』

クークーグーグー

クークーはいつも寝てばかりの、ねぼすけ子犬。
「ねてばかりいたら りっぱな いぬに なれんぞ」とパパが言いますが
「りっぱな いぬって どんな いぬだろう?」
考えているうちにクークーはまた眠ってしまいます。

洗濯物を干すお手伝い中もうとうと。
勉強してても、ごはんを食べてもうとうと。
寝てばかりのせいで友だちもできないクークーを、ママとパパは心配そうに見ています。
でもあるとき、寝ながら歩いていて「ゴチーン!」と木にぶつかってしまったクークーは、逆にまったく眠れなくなって……。
眠れなくなったクークー、どうなる?

続きはこちら>>>

https://www.ehonnavi.net/ehon/112891/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BC/

やっぱりこの子…!『バムとケロのそらのたび』

バムとケロのそらのたび

月曜日の朝,おじいちゃんから山のようなこづつみがとどいた。中身は組み立て式ひこうき。ひこうきにのって,おじいちゃんの誕生日のお祝いに出かけますが……。

https://www.ehonnavi.net/ehon/123/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%B3/

かおはキリリとおとこまえ!?『シバ犬のチャイ』

シバ犬のチャイ

長谷川義史&あおきひろえ
はじめての夫婦絵本

「オイラ、シバ犬でござんす。ワン!
かおはキリリとおとこまえ。
豆シバのチャイってんだ。いごよろしく」

大人気絵本作家、長谷川義史さんの家には、とても愛らしいシバ犬の「チャイ」が暮らしています。
3兄弟には負けないぞ! オイラはご町内のアイドルなんだ!
それにオイラだって恋もする……。
家族の一員、チャイの日常を、あたたかい眼差しでユーモラスに描きます。

ねこの夫婦の間に生まれたのは…!?フリックス

フリックス

ねこの夫婦のあいだに、いぬの赤ちゃんが生まれました。ねこの町では大問題。その子はフリックスと名づけられ、すこやかに育っていきます。大きくなるにつれ、さまざまな才能を発揮していくフリックス。どんな子でも、のびやかにたくましく生きることができると教えてくれる、ウンゲラーのメッセージです。

ふぁぐ ふぁぐ ふぁぐ、ごっくん。『ドンのくち』

ドンのくち

私は食べるのが遅いから、いっつも残って食べなあかん。いややなあ。
でも、犬のドンはいつもおいしそうに食べてる。
よーし、ドンの食べてるとこ、いっぺんじっくり見てみよう!

飼い犬を通して、「噛むこと」「食べること」のよろこびに目覚める女の子を描いた、食育?絵本。

https://www.ehonnavi.net/ehon/110682/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%81%A1/

愛嬌たっぷり、目が離せないのは…?

自分だけが黒い!?『ポワン un point.』

ポワン un point.

真っ白な羊の群れの中で、自分だけが黒いことに思い悩むポワン。
そして、そんなポワンのあるがままの姿を一心に受け止めてくれるやさしいお母さん羊。
やがてポワンの心のゆらぎは安らぎへと変わっていき…。

1パグ、2パグ、3パグ…『パグパグ 3きょうだい』

パグパグ 3きょうだい

つぶれたような顔が愛らしく、その仕草は愛嬌があり、なんだか放っておけないのが、パグという犬種の犬です。それも1パグ、2パグ、3パグの3きょうだい。遊ぶのもいっしょ、休むのもいっしょ、食べるのも… あれ? ごはんの取り合いになって、にらめっこ…。
きょうだいは、助け合ったり、喜びあったり、いろいろなことを分かち合える最も近い仲間です。なかよし3きょうだいの表情の豊かさを楽しんでください。きょうだいっていいなと思える作品です。

とってもイヌらしい、いいこ…でしょう!?『いいこだ、ファーガス!』

いいこだ、ファーガス!

ホワイトテリアのファーガスくん。ネコをおいかけたり、うえきばちえをひっくりかえしたり、オートバイにほえかかったり…とってもイヌらしい、いいこ…でしょう!? 『だめよ、デイビッド!』その他のシャノンの絵本にたびたび出てくる白いワンコ。今回は、そのファーガスくんが、堂々の主役で登場。

え、そんなに…!?『ジェリーのながーいながーい』

ジェリーのながーいながーい

犬のジェリーは、からだが ながい。 
ねことくらべても、ながーいながーい。
へびとくらべても、ながーいながーい。
わにとくらべても、ながーいながーい…?
すべりだいとくらべても……??

えっ、そんなに ながくなっちゃうの!? ページをめくるたびに繰り返される「ながーいながーい」のセリフが、
小さな子どもたちに大人気! そして、ジェリーがどんどん長くなっていく姿におおはしゃぎ! 大人も子どもも、
おもわず笑ってしまう幼児絵本です。

https://www.ehonnavi.net/ehon/37507/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%83%BC%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%83%BC%E3%81%84/

澄ました顔も素敵なのは…?

ゆうたくんちのいばりいぬ3『ゆうたのゆめをみる』

ゆうたのゆめをみる

おまえ「おはよう」。おれ「わん」。おまえ「いただきます」。おれ「わん」。--さて、1日がおわって見る夢は?

自分の居場所をもとめて…『チャッピィの家』

チャッピィの家

お父さん、お母さん、女の子と暮らす、犬のチャッピィ。でも、みんな忙しくて、チャッピィのことをかまってくれません。
そこでチャッピィは、自分の居場所をもとめて家をでますが……。
繊細でありながらも親しみやすい絵で、チャッピィの心象風景を描きます。
2006年ボローニャ国際絵本原画展入選作。

https://www.ehonnavi.net/ehon/38113/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%94%E3%82%A3%E3%81%AE%E5%AE%B6/

最初は澄ましているけれど…!?『もうママったら!』

もうママったら!

あさごはんを食べていたら、ママったら「はやく! はやく!」って怒ってばっかり。だから私も、怒ってるんだ。「ママのいじわる! だいっきらい!」
怒ったママは、なんと! おならこうげきを仕掛けてきた。さらに更にその後には、はなくそこうげき!?  どうなっちゃうの?!

https://www.ehonnavi.net/ehon/88794/%E3%82%82%E3%81%86%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%EF%BC%81/

夢とあこがれの冒険旅行。『とんでいきたいなあ』

とんでいきたいなあ

「ああ、ぼくどこか行きたいなあ!」木のひこうきのコスモスが、おもちゃ箱から飛び出していいました。
「あの丘の上に白いドームが見えるだろう。あそこへ行ってみたいなあ」一度もこども部屋からでたことのないコスモスは、
なかよしのぬいぐるみの犬のウォギーと、大きな空めざして、とんでいくことにしました。
パリ在住の作家市川里美が描く、夢とあこがれの冒険旅行。
パリの美しい景色を背景に、おもちゃが活躍するかわいいお話です。

このおいぬさま、腰をぬかすほど…!?『おいぬさま』

おいぬさま

みなさまは、古くから日本の愛玩犬として親しまれてきた
狆(ちん)という犬をご存知でありましょうか。

この絵本は、その愛くるしい姿を思う存分に堪能できる
「おいぬさま」の絵本でございます。

おいぬさまと申しましても、ただの犬ではございません。
珍しいものが大好きなお殿様がやっとのことで手に入れた「おいぬさま」でございます。
いやいや、姿形がめずらしいだけではございませんよ・・・。
驚いてはいけませぬ。このおいぬさま、腰をぬかすほど巨大なのでございます!!!

続きはこちら>>>

https://www.ehonnavi.net/ehon/104572/%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AC%E3%81%95%E3%81%BE/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください