スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビpress2018   >   【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」で『「いつもの散歩」が大冒険にかわるかも!?外に出かけたくなる絵本』が公開中!
絵本ナビpress2018

【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」で『「いつもの散歩」が大冒険にかわるかも!?外に出かけたくなる絵本』が公開中!

仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント 公式HP「kufura」(クフラ)から

仕事も家庭、どちらも大切にしながら忙しい毎日を送る女性のためのWebメディア「kufura(クフラ)」にて、絵本ナビ編集長イソザキの連載が掲載中です。こちらの連載では、月に2テーマずつ、おすすめの絵本を絵本ナビのレビューと共にご紹介しています。

 

5月にご紹介しているテーマは、『「いつもの散歩」が大冒険にかわるかも!?外に出かけたくなる絵本』です。今回、編集長イソザキが選んだ絵本は、童心社の『14ひきのぴくにっく』と文渓堂の『じっちょりんのあるくみち』。

 

詳しくは、「kufura」のコラムをご覧くださいね!コラムページでは、新着記事もあわせてお楽しみに!

じっちょりんのあるくみち

小さな小さな愛が大きく膨らんで…


この本の紹介をメルマガで見て、即購入しました
それはどうしても読み聞かせたい女の子がいたからです
わたしはその子と学校の校庭を散歩してたくさんの野草を摘みました
それを押し花にして図書館から図鑑を借りて名前を調べて…
この本にはそれらの花のほとんどが描かれていました。ちゃんと名前付きで!
女の子は「じっちょりんて何?」と笑顔でいい、「この花こんな名前だったんだ!」と驚き、じっちょりんが踏まれないようによけたり、靴に乗ったりする絵に喜びました。幼稚園の名前やお店の名前にも、私よりも先に気付き、笑いました。
最後の最後まで、ほんとに細かい部分にも、作者の、じっちょりんと読者への小さな愛がちりばめられていて、それが野草が成長して花咲くように、読み手の心の中で大きく大きく膨らむのを感じました。
また野草を摘みに行きます。今度はじっちょりんを探しながら歩くことになるかもしれません。^^
(サンサンフラワーさん 50代・せんせい )

絵本ナビではたくさんのの絵本をご紹介していますので、参考にしてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください