スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   【絵本ナビnews2016】 6月   >   【news】夏は妖怪だ!絶対はずせない展覧会「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」
【絵本ナビnews2016】 6月

【news】夏は妖怪だ!絶対はずせない展覧会「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」

この夏、妖怪が大好きな大人も子どももよっといで~

 

妖怪ときいて「こわい~」と思いましたか?それとも人気のアニメやかわいい妖怪キャラクターを連想して「かわいい」と思いましたか?どちらでもどなたでも大歓迎です。この夏、妖怪のすべてがわかってしまうとっておきの展覧会が江戸東京博物館にやってきますよ~!その名も「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」!!土偶?!妖怪ウォッチ?と思ったあなた、びっくりしますよ~。貴重な国宝も見れてしまう妖怪好きにはたまらない展示なのです。妖怪を歴史的、文化的、いろいろな角度から考察するこの展覧会で、あなたはどんな妖怪に出会うのでしょうか。日本人が長いこと、恐れ愛してきた素敵な妖怪たちに、さぁ、この夏、会いに行きましょう!

見どころ①国宝、重文が次々と!妖怪展の決定版


平安~鎌倉時代の国宝をはじめ、現存する最古の「百鬼夜行絵巻」として名高い真珠庵本(重要文化財)などの中世絵巻も揃い踏み!妖怪表現のルーツを探る上で欠かせない一級の美術品を数多く含む本展は、これまでの妖怪展とは一線を画す、”妖怪展の決定版”です。

 

見どころ②土偶から最新の妖怪ウオッチまで一挙公開


縄文時代後期(紀元前2000年)の土偶から、江戸の化け物、そして現代の「妖怪ウォッチ」まで、4000年の妖怪たちが大集合!日本人が表現してきた妖怪の全てがわかります。

 

見どころ③カワイイ妖怪たちも総出演!


お腹にいるという虫たちや、諸国に現れた珍幻獣なども妖怪の変型とみなします。思わず手元においておきたくなる、カワイイ妖怪たちが全国から集まります。

ここでご紹介しきれないほどのたくさんのこわ~い、カッコいい、カワイイ妖怪たちが待っています!
夏のお出かけにピッタリの展覧会、お見逃しなく!


【東京会場】
会期:2016年7月5日(火)~8月28日(日)
会場:
東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
開館時間:午前9時30分~午後5時30分
(7月9日・16日・23日の土曜は午後7時30分まで
7月29日金曜から、金曜と土曜は午後9時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日
※ただし、7月18日、8月8日・15日は開館、7月19日は休館
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団東京都江戸東京博物館、読売新聞社
協賛:野崎印刷紙業
お問合せ:江戸東京博物館(電話03-3626-9974<代表>)

 

【大阪会場】
会期:2016年9月10日(土)~11月6日(日)
会場:
あべのハルカス美術館
〒540-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス16階
開館時間:火~金 午前10時~午後8時
月・土・日・祝 午前10時~午後6時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:9月12日(月)、10月11日(火)、10月17日(月)
主催:あべのハルカス美術館、読売新聞社
協賛:野崎印刷紙業
お問合せ:あべのハルカス美術館(電話06-4399-9050<代表>)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください