スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】おうちで楽しくプログラミングデビュー!『はじめてのプログラミング』

絵本ナビニュース2017 

【news】おうちで楽しくプログラミングデビュー!『はじめてのプログラミング』

「ゲーム」×「まんが」ではじめるプログラミング学習

2020年から実施される小学校の新学習指導要領では、プログラミング教育が必修となります。プログラミング教育は論理的に考える力や問題解決能力など、将来必要な力を育むといわれていますね。
子どもたちにとって身近な「ゲーム」を入り口に、論理的な考え方を身につけるのにもぴったり!

 

『はじめてのプログラミング』はプログラミング学習ソフトScratch 2.0を使い、プログラミングに挑戦できる学習まんが。Scratch 2.0は無償で利用できるので、パソコンとインターネットの環境さえあれば、おうちで簡単にプログラミング学習が始められますよ!

子どもたちが楽しんで学べるよう、「ゲームづくり」を題材に、「まんが」でプログラミングが理解できるようになっています。
 

3ステージのアクションゲームづくりに挑戦!

Scratchはコンピュータに命令を伝えるブロックを組み合わせていくだけで、オリジナルゲームがつくれるプログラミング言語。

主人公の動かし方や、敵やワナのしかけなど、まんがを読みながらすべて自分の手でつくっていけます。音の取り込み方やイラストの描き方も紹介しているので、ゲームに好きなBGMをつけたり、オリジナルのキャラクターを登場させたりすることもできるんですね。自分でつくる楽しさを味わいながら、ゲームの動きをひとつひとつ考えることで、論理的に考える力が身につくことができます。

ワープのワナや敵のしかけを自分でつくる
どんなプログラムをつくればよいかは、まんがと図で説明

学研まんが入門シリーズ はじめてのプログラミング

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード