スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】世界初!「雨」を楽しむ人の「雨」専科WEBメディア「レニピ」誕生
絵本ナビニュース2017 

【news】世界初!「雨」を楽しむ人の「雨」専科WEBメディア「レニピ」誕生

雨が待ち遠しくなる情報を提供するWEBメディアとは?

 関東の梅雨入りが発表された2017年6月7日(水)に、⾬を楽しむ人たちのためのWEB メディア「レニピ」が誕生しました。雨の日が楽しくなるメディアとは一体どんなものなのでしょうか。
※ 「レニピ」は、 現在、 商標申請中。

⾬を楽しむ人たちのためのWEB メディア「レニピ」

92%もの人が雨を「好きではない」と回答!

Q.あなたは、 梅雨は好きですか

恵みの雨と謳われる一方で、外に出ることが億劫になったり、ヘアスタイルが決まらなかったり 何かにつけて人々の気持ちを憂鬱にするのが雨。この時期はなんとなくどんより疲れたもたまりやすい気がします。2017年5月に株式会社マクロミルが実施した 梅雨に関するアンケートによると、「梅雨が好き」だと回答したのはわずか8%。実92%もの人が「好きではない」と回答した結果となりました。

  • 梅雨が好きな人は、わずか8%
  • 90%以上の人が憂鬱になる

また "梅雨時期の気持ち (実際) ” に関しては、1位「憂鬱」69% 2位「不愉快」48%、3位「つまらない」38%と ブルーな回答が続きました。

 

 

Q.あなたは、梅雨の時期にどのような気持ちになりますか。

一方で “梅雨時期にこうありたい(希望)” では、「楽しい」43%、「爽快」36%、の2つに票が集まりました。 これは 実際の雨の日に感じる気持ちとは裏腹に 多くの人が「雨を楽しみたい!」と潜在的に思っていると言えますよね。つまり、

  • 「雨の日」が楽しくなれば、1年中が充実した日々になる 

そう考えたレニピでは、「雨の日が楽しくなる」ための情報やコンテンツを世の中に発信することで 人々の「雨」に対するマイナスイメージを払拭し、雨が好きになる、雨が待ち遠しくなるような毎日を提供できるよう、呼びかけていくのだそう。

Q.あなたは、 梅雨の時期にどのような気持ちでいたいと思いますか

レ二ピが発信する雨を楽しむための独自記事 とは?

⾬を楽しむ人たちのためのWEB メディア「レニピ」

レニピでは、雨にまつわるキュレーション記事やアイテム・イベント紹介はもちろん、 すでに雨を楽しんでいる=レイニーピーポー(レニピ)が制作する記事や 各界の著名人の雨にまつわるインタビュー記事などが配信されるそう。

<レイニーピーポーの独自記事>
・ベチバーの香りが放つ、あたたかい雨の記憶/手作り石鹸作家 井出 順子
・別れを告げられた日は、雨と相性抜群な映画を見よう/映画監督 松井 ⼀生

<特別コンテンツ>
・My Rainy Song
⾬の⽇に聞きたい曲、⾬を連想させる曲、⾬がタイトルに⼊った曲など 各界の著名人が厳選した3曲を紹介します。
 

レニピが雨の日の日本の経済・産業を救う!これこそがアメノミクス 

日本では、1年の約1/3が雨。 その日本において、行楽地、エンタメ施設、交通機関 旅館・ホテル、小売店、飲食店など、様々な業界・企業が雨の日に売り上げを落としているのですって。

そこで、レにピは、様々な業界・企業とのコラボレーションを行い、レイニータウン レイニートラベル レイニースポーツ、レイニーアート レイニーファッション レイニーフレグランス、レイニーラボ、レイニー学校、レイニーシアターなど 晴れの日にはできない 雨の日ならではアプローチを通じて、雨の日の経済と産業を活性化していくことを目指していくのだそうです。

 

雨の日が楽しくなる、試み、今後が気になりますね。

amidus株式会社について 

世の中に新たなトレンドと新たなビジネスを創出していく。そのためにamidusでは 社会・企業・生活者の共通課題を掲げ 様々な業界の企業 有識者、行政、団体と共に新たな事業の開発とプラットフォームの運営を行っています。 

 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載