スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】噂の「世帯経営ノート」とは?夫婦の声を反映!
絵本ナビニュース2017 

【news】噂の「世帯経営ノート」とは?夫婦の声を反映!

書き込み式ノートブックで「夫婦会議」をはじめてみませんか?

子育て期のご夫婦が、夫婦・家族の明るい未来に向けて「夫婦会議」を進めるのに役立つ書き込み式のノートブック。産後も仲良し夫婦でいるために何を話し合えばいいか、幸せな家庭づくりに向けてどのように協力し合っていけばいのいか・・・・。話し合ったらいい事はたくさんあります。家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容と健康、祖父母との関係など、テーマごとに設定された質問や例題に夫婦で回答する内に、夫婦のパートナーシップを強めていけるのだそうです!贈り物にもいいかもしれないですね。

ノート制作の背景とは

子どもを授かって幸せいっぱいに見える"普通の家庭"においても、共働きか片働きかに関係なく、妊娠期から産後の時期は、家事や育児、働き方のことなど、日常のあらゆる場面で夫婦間の考え方や行動にすれ違いが生じがち。そこから、産後うつ、DV、虐待、育児放棄などの「母子の命に関わる危機」や、産後クライシス、セックスレスなど「離婚に繋がる危機」に発展することもあるだけに、危機を未然に防ぐ、あるいは乗り越えていける夫婦関係を築いていくことが重要です。しかし、夫婦や家族の問題は聖域扱い。パパ向けママ向けに分かれての子育て支援が大半を占める中、「夫婦セットでのサポート」は少ない上に、前述したような深刻な事態に陥る前段階での対処は"自助努力""個人の責任"とされてきました。
※母子世帯の35%が子どもが2歳になるまでに離婚。56%が、5歳までに離婚。(2011年度厚生労働省データ/死別を除く)


こうした中当社では、子どもたちが最初に触れる社会=「家庭」環境において、夫婦が互いに協力・信頼しあえる関係(パートナーシップ)を築くためのサービスや商品の開発に着手。誰にでも起こりうる産後の危機を乗り越え、わが子に幸せな家庭環境を創り出していける夫婦が増えていくよう、「世帯経営("わたし"だけでなく"わたしたち"で未来を創るという姿勢で世帯の共同経営者である夫婦の理想をカタチにする思考法)に基づいた夫婦会議(夫婦の対話)」をご夫婦にご提案。今更話し合っても無駄…自分の意見をぶつけるだけになってしまう…というご夫婦にも、ネガティブな感情を乗り越え大切なことを前向きな気持ちで対話できるように。子育て期の夫婦のパートナーシップづくりにお役立ていただける「世帯経営ノート」をリリースするに至りました。

【概要】「世帯経営ノート」

■ 定価:¥2,160(税込)※送料別
■ 仕様:オールカラー/B5サイズ/全70ページ
※「家事一覧表、家計管理のパターン表、ちょっぴりアドバイス」など対話のキッカケになる情報が付き。
■ 発行:Logista株式会社

■詳細・購入はコチラから
https://www.3522navi.com/guide/archives/36
▼対象
①ご自分用、ご友人の妊娠や出産のお祝いとして


②企業での福利厚生として(子育て期従業員への妊娠や出産のお祝い品)
③産院のノベルティとして(患者様への出産お祝い品)
④自治体からのお祝いとして(出生届提出時や一ヶ月検診のタイミングで贈呈)
⑤結婚式場のノベルティとして(挙式・披露宴後などにプレゼント)


※①は一般販売のみ、②〜⑤はOEM提供可能

▼活用シーン
・子育て期の働き方や暮らし方を夫婦間で話し合う、夫婦会議を行う際にお役立ていただけます。
・転職や転居、お子様の進学など、夫婦・家族のライフイベントが変化する際にもご活用いただけます。
・完成後は大切に保管いただきお子さまが成人や結婚で巣立ちを迎えた際の贈り物にすることも可能です。
 

手にした方からの声
家事や育児を”手伝う”という感覚がなくなりました。妻も喜んでくれています!(30代パパ、経営者)


自分の中のモヤモヤを夫に理解してもらえました。言葉にする機会が作れて良かった(30代ママ、会社員)


本ではなく、自分たちなりの答えを書き込めるノート形式というのが良いですね!(20代パパ、会社員)


具体的なテーマがあるので、普段触れたことがないような踏み込んだ話ができました!(30代ママ、主婦)


家事や子育てのことだけではない「妻のイライラの理由」がようやく分かりました。(40代パパ、会社員)


子どもが生まれた全ての夫婦がやった方が良い!これがあれば離婚しなかったかも。(40代ママ、離婚歴有)


子育て中の社員全員に福利厚生で配ります。自分も含め、特に男性社員に渡したい!(30代パパ、経営者)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載