スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2019   >   そうめんだって1年中輝きたい!絵本「そうめんソータロー」×そうめん試食イベントが渋谷で開催
絵本ナビニュース2019

そうめんだって1年中輝きたい!絵本「そうめんソータロー」×そうめん試食イベントが渋谷で開催

『そうめんソータロー』(2019年、ポプラ社)

『うどんのうーやん』『こんぶのぶーさん』『ちくわのわーさん』 (ブロンズ新社)など、身近な食べ物を主人公にした絵本でおなじみの岡田よしたかさん。そんな岡田さんが新たに描く絵本の主人公は、「そうめん」!夏場はみんなに人気のそうめんも、冬がやってくると誰からも見向きもされなくなって……。

そうめんとして一年中輝ける場所を求め、たこ糸、ギターの弦とそうめんソータローはさまざまなことに挑戦します。誰もが共感する「自分探し」ストーリー!

そんな『そうめんソータロー』の読み聞かせイベントが7月7日(日)、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーで開催されます。

そうめんソータロー

そうめんソータロー

夏は大人気のそうめんのソータロー。でも秋から冬になり、誰からも見向きもされなくなってしまいます。しまいには年越しソバにばかにされる始末。ソータローは懸命に自分の居場所をさがしますが…。作者は、『ちくわのわーさん』『うどんのうーやん』(ともにブロンズ新社)など、これまで多くの奇想天外な食べ物絵本を生みだしてきた岡田よしたかさん。三輪そうめんで有名な奈良県にお住まいの岡田さんが、同じく奈良県出身でそうめん研究家のソーメン二郎さんとコラボして、この本が生まれました。「季節を問わず、もっと多くの人たちにおいしいそうめんを食べてほしい!」という願いから、この本が生まれました。

プロフィール

岡田よしたか

1956年 大阪生まれ。

著書に、『おーい ペンギンさーん』『特急おべんとう号』(福音館書店)、『ちくわのわーさん』『こんぶのぶーさん』『うどんのうーやん』(ブロンズ新社)、『ハブラシくん』(ひかりのくに)などがある。奈良県在住。

2012年『ちくわのわーさん』(ブロンズ新社)で、第3回リブロ絵本大賞を受賞。

絵本読み聞かせのほか、ライブやそうめんの試食など盛りだくさん!

『そうめんソータロー』(2019年、ポプラ社)

イベントでは岡田よしたかさんによる『そうめんソータロー』の読み聞かせのほか、福原希己江さんが歌う『そうめんソータロー』テーマ曲のライブ、そして『そうめんソータロー』を企画したソーメン二郎さんと岡田よしたかさんのトークショー、そうめんの試食会など企画が盛りだくさん。

ますます暑くなるこれからはそうめんがおいしい季節ですね。そうめんを食べながら岡田よしたかさんの読み聞かせで、そうめんソータローの冒険を一緒に楽しんでみませんか?

うどんのうーやん

うどんのうーやん

人手がたりないうどん屋さん。うどんのうーやんは、自分で出前にでかけます。
道を走っていると、からからのメザシやふにゃふにゃの絹ごしどうふと出会います。
やさしくてふとっぱらなうーやんは、どんどん自分のどんぶりに乗っけて、川をわたり山をこえ......
さて、無事に出前を届けることはできるのでしょうか!?

ちくわのわーさん

ちくわのわーさん

のんびり気のいい、ちくわのわーさん。どこかへ急いでいるようですが、あちらこちらへ寄り道ばかり。おひるねしたり、こいのぼりになってみたり、巻きずしさんの服を着てみたり......。わーさん、夕方までに無事目的地へたどりつけるのでしょうか。 読むほどにくせになる、ナンセンス・ユーモア絵本!

こんぶのぶーさん

こんぶのぶーさん

こぶまきのぶーさんは、まんざいしをめざすことにしました。さっそく、町のあちこちに相方募集のはり紙をはって歩きます。いよいよはじまった、相方オーディション。めざしに、あずき、ゆでたまご、モンブラン。なかなかぴったりの相方はみつかりません。やる気をなくしたぶーさんが、だらけていると......

「真夏のそうめん祭り 2019」

  • 日時:2019年7月7日(日)12:30~14:30
  • 入場料:前売りチャージ券2,500円、当日券3,000円

  • 会場:東京カルチャーカルチャー 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください