スタイルトップ  >  おでかけ   >   親子で行こう!特別展「昆虫」@国立科学博物館 7/13-10/8/2018

親子で行こう!特別展「昆虫」@国立科学博物館 7/13-10/8/2018

親子で”昆活”しよう!!科博初、昆虫の大規模特別展 

今年は、2018年7月13日(金)から10月8日(月・祝)まで、国立科博物館にて、大規模特別展「昆虫」が開催されます!

 

今回の特別展では、昆虫の体のしくみや能力から生態まで、国立科学博物館ならではの充実した昆虫標本に加え、CGや体感型など楽しめる企画も盛りだくさん!また、最新の研究やそれに伴う昆虫採集も取り上げ、どんな採集方法があるのか?採集が研究にどうつながるのか?など、正しい昆虫採集についても知ることができるのだそう。親子共に大変勉強になりそうですね。各展示には、思わず唸る「昆虫トリビア」もたくさん用意されています。

 

これは、未来の昆虫博士は見逃せない展示になりそうです!今年の夏は「昆虫」が熱い!

特別展「昆虫」で何を見れるの?学べるの?みどころをご紹介

POINT1 昆虫を知るー膨大な昆虫標本

圧巻の昆虫ワールドが待っています!

なんと2mの「巨大模型」と数万点の「標本回廊」!

普段は小さく控えめな昆虫たちが、全長約2mも巨大な姿になってお出迎え!「標本回廊」には、どんなに昆虫に詳しい方でも、初めて見る標本がるはず。

 

ホントに昆虫!?

「きらめく昆虫」と「残念?な昆虫」

とても天然ものとは思えない鮮やかな色のボディを持つ昆虫たちを一堂に集めると、それはまるで宝石店のショーウィンドウのよう。思わず手に取って身に付けたくなるほどです。一方、昆虫とは思えない奇抜な形をしたものもいます。昆虫の多様性を見ることのできる展示です。

プラチナコガネ(C)丸山宗利
ホウセキゾウムシ(C)丸山宗利
ヨツコブツノゼミ(C)丸山宗利

世界の1点だけ!ヤンバルテナガコガネ「ホロタイプ標本」ついに公開!

「ホロタイプ標本」とは、その種の基準となる標本のことをいいます。1つの種につき世界に1点しか存在しません。管理担当者が最後まで公開をためらった、とても貴重な標本です。

ヤンバルテナガコガネ(ホロタイプ標本)_(C)国立科学博物館

日本初公開!琥珀に閉じ込められた「絶滅目の昆虫」

 

絶滅してしまったアリエノブテラ目という目(もく)が、奇跡的に琥珀の中に閉じ込められた状態で発見されました。人類よりもはるか昔から存在した昆虫の姿を垣間見ることができます。この絶滅目は、日本初公開です。

琥珀に閉じ込められた昆虫

また、閲覧注意の通称「Gの部屋」もご用意。

Gって例のやつですよね。多様性の究極!世界中から多種多様な〇〇〇〇だけを一堂に集めてあるのだそう。苦手な方や、心臓が弱い方は迂回ルートもあるそうなのでご安心を!

POINT2 昆虫を知るー膨大な昆虫標本

特撮3D!裏側をのぞき見「360度回転画像」

 

体長数mm以下の小さな体の昆虫たちを、特殊カメラで撮影。モニター上で拡大、360度回転させて、普段は見られない細部や裏側をのぞき見すると、敬意すら覚える驚きの体の構造が明らかになります。

 

徹底解剖!最新技術で判明「体の神秘」

 

微小な昆虫の細部を知るためには技術の発達も不可欠です。ミンミンゼミは、樹の幹深くに卵を産むために、注射針のような産卵管があることが電子顕微鏡(SEM)写真でわかります。

POINT3 昆虫を採るー 最新の研究と”新種”採集

新種発見か!?本展のために採集!「セイボウの新種(未記載種)」を展示!

世界でここだけでしか見れない展示です。

本展企画チームが、九州大学の三田敏治助教の調査に同行し、インド洋マダガスカルで、セイボウ(青蜂)の未記載種(まだ発表されていない種。今後論文発表を経て、新種として認定される)の採取に成功しました!そして、特別展「昆虫」の新種昆虫ネーミングキャンペーンに応募した来場者1名の名前を昆虫の名前(学名)として論文に発表するのだそう!詳しくは公式サイトをご覧くださいね。

 

正しく学ぶ!使える「昆虫採取テクニック」

虫捕り網だけではなく、黄色い皿一枚や、ペットボトルとバナナでも、トラップを仕掛け昆虫を採ることができます。誰でも挑戦できる、正しい昆虫採集の方法から標本づくりまでご紹介!しっかり学んで昆虫を採りに行きましょう!

発見された新種未記載種_(C)三田敏治

開催概要

〇展覧会名:特別展「昆虫」

〇会場:国立科学博物館(所在地:〒110-8718東京都台東区上野公園7-20)

〇会期:2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)

〇休館日:7月17日(火)、9月3日(月)、9月10日(月)、9月18日(火)、9月25日(火)

〇時間:午前9時~午後5時(金曜、土曜日は午後8時まで)※入場は各閉館時刻の30分前まで

※8月12日(日)~16日(木)、19日(日)は午後6時まで

※開館時間や休館日については変更する可能性があります。

〇お問合せ:03‐5777-8600(ハローダイヤル)03‐5814-9898(FAX)

〇観覧料:一般・大学生:1,600円(1,400円)、小・中・高校生600円(500円)、金曜、土曜限定ペア得ナイト券:2,000円

※()は前売券(7月12日まで)。※未就学児は無料※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。※金曜・土曜限定ペア得ナイト券は2名1組2,000円、午後5時以降2名同時入場限定、男女問わず、当日会場販売のみ。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください