スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクト始動!

絵本ナビニュース2017 

【news】「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクト始動!

3月30日にイベント開催!

貧困や虐待の連鎖を予防する仕組みづくりを行うNPO法人PIECES と株式会社CAMPFIREの提供する社会貢献特化型クラウドファンディングサービス『GoodMorning』は、孤立した子どもたちに安心できるつながりと居場所を提供することを目的に「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクトを開始。2017年3月30日にキックオフイベントを行われます。
 

「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクト概要

私たちPIECESは、多くの子どもたちに関わる中で貧困や虐待の連鎖の背景には家庭・学校・地域という3つの環境での「子どもの孤立」があると考えています。

家族がいない。家族がいても、寂しい思いをしていたり、虐待の中に生きる子どもたち。
学校の中で、信頼できる先生や友達がいなかったり、不登校の状態にある子どもたち。
貧困や障がい、非行などが原因で、地域との繋がりが薄くなっている子どもたち。

そんな子どもたちは、誰かと信頼関係を築いたり、問題が起きた時に助けを求めたり、興味や関心を育んだり、自分で考えて決める・選び取るといったことが難しくなります。PIECESは、このような「子どもの孤立」を市民の力で解決するために、子どもと継続的・日常的に関係性をつくっていく「コミュニティユースワーカー」という市民からなる支援者を育成し、子どもたちを「ひとりぼっちにしない」ための活動を行っています。このような活動をもっと広い地域で継続的に行うため、「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクトでは、クラウドファンディングを活用し、たくさんの仲間を、たくさんの力を集めて実現していきます。(NPO法人 PIECES)

CAMPFIRE家入氏、社会活動家湯浅誠氏も登壇!

3月30日(木)スマートニュースのイベントスペースにて、家入一真氏、湯浅誠氏といった豪華ゲストを迎えた「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクトのリリースイベントを開催。当日は、PIECESがどのような社会を目指し、どのような活動を行っているのか紹介したうえで、「孤立した子どもをどう社会に接続するか」をテーマにトークセッションが開催されます。

ゲスト

•家入一真(株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長)

株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)を福岡で創業し、「ロリポップ」「カラーミーショップ」「ブクログ」「minne」などを創る。2008年にJASDAQ市場へ上場。退任後、クラウドファンディング「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREを創業、代表取締役に就任。他にも「BASE」「PAY.JP」を運営するBASE株式会社、数十社のスタートアップ投資・育成を行う株式会社partyfactory、スタートアップの再生を行う株式会社XIMERAなどの創業、現代の駆け込み寺シェアハウス「リバ邸」の全国展開なども。Twitterのフォロワーは15万人を超える。

 

•湯浅誠(社会活動家/法政大学教授/PIECESアドバイザー)
1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。

 

・小澤いぶき(PIECES代表理事/児童精神科医/東京大学先端科学技術研究センター特任研究員)
asobi基地およびPe’Canvasの創設メンバー。子どもを取り巻く環境や社会構造に、誰もが一人の市民として関わる必要性を感じる。違う一人一人の多様性が受け入れられる包摂的な社会の文化醸成を目指し、PIECESにおいては、どんなこどもも孤立せず、安心して育ち学んでいけるために、子どもの育ちに様々な人が関わる文化づくりに情熱を傾けている。

 

日時  :3月30日(木)19:00〜21:30
場所  :スマートニュース株式会社 2階イベントスペース
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル 3F
参加費 :1,000円(参加費はすべてプロジェクトに使わせていただきます)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード