スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】子どもから大人まで楽しめる!手影絵パフォーマンス・ショー開催

絵本ナビニュース2017 

【news】子どもから大人まで楽しめる!手影絵パフォーマンス・ショー開催

生命を吹き込まれた影たちがおりなす究極のエンターテインメント!

さまざまなプロ人形劇団が公演を行う横浜人形の家 あかいくつ劇場に、日本で最初にできた現代影絵の専門劇団「かかし座」がやってきます。
誰もが一度は遊んだ記憶を持つ“手影絵”をさらに発展させた、子どもから大人まで魅了する影絵エンターテインメント「Hand Shadow Show」は、光と影がおりなす幻想的なイメージ、親しみのあるユーモラスなストーリー、パフォーマーの手と身体のみで生み出される驚きに満ちたステージです。ぜひご覧くださいね。
 

公演概要

【日時】平成29年5月21日(日) 11:00/14:00
【内容】「Hand Shadow Show」
Opening……オープニング手影絵

Japan Tradition……日本の伝統
Thumbelina……おやゆび姫(新作、関東初上演)
Pops Number……ポップス・ナンバー
Rhythm Section……手影絵体験  他
【スタッフ・キャスト】構成・演出:後藤 圭
出演:劇団かかし座
【料金】大人(高校生以上)1,800円/小人(3歳以上〜中学生)1,300円
※全席自由 ※3歳未満のお子様はお膝の上での鑑賞は無料
※上記観覧料で横浜人形の家の常設展示もご覧いただけます
【予約】横浜人形の家ホームページ(http://www.doll-museum.jp/) または当館2階受付
【協力】公益財団法人 現代人形劇センター

影絵を楽しむ本の紹介

影絵

光と影の芸術、影絵の魅力をその歴史背景や芸術性など、さまざまな角度で紹介しています。
影絵劇の作り方なども掲載しています。

絵本 マボロシの鳥

あの『マボロシの鳥』を藤城清治が影絵に!
藤城清治の大ファンだという太田光のベストセラー小説集『マボロシの鳥』(新潮社刊)の表題作を、藤城清治が影絵化。ふたりのイメージの共鳴しあう傑作絵本!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード