スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」などを現地から生中継
絵本ナビニュース2017 

【news】大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」などを現地から生中継

7月22日(土)ニコニコ生放送で5時間の生放送決定

きかんしゃトーマス号とバスのバーティー (c)2017 Gullane(Thomas)Limited.

日本最大級の動画配信サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で「きかんしゃトーマス号」の模様などを5時間にわたり生中継!

トーマス号や2017年初登場となるジェームス号、バスのバーティーやラスティーなどの様子、さらに千頭駅で行われているトーマスフェアの模様をくまなく紹介していきます。
後半は千頭駅から実際にトーマス号へ乗り込んで、客車内からの生放送を敢行。大井川鐵道はトンネルや山間部が多く、必ずしも電波状況がいいとは言えない地域もあるのですが、困難に打ち勝ち、新金谷駅までの道中、無事に生中継をこなすことができるでしょうか?お楽しみに!

■放送予定
放送日時  : 2017(平成29)年7月22日(土)11時00分~16時00分
放送タイトル: 大井川鐵道から「きかんしゃトーマス」 生中継 車窓の景色を眺めよう!
視聴URL   : http://live.nicovideo.jp/watch/lv302524482
        ※開始および終了時刻は変更の可能性があります

大井川鐵道のきかんしゃトーマス号

日本における「SL列車動態保存運転」のパイオニア企業である大井川鐵道。2014(平成26)年より株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツとの全面的パートナーシップのもと、アジアで初めてとなる、きかんしゃトーマス公式イベント「Day out with Thomas」を実施。初年度の登場キャラクターはトーマスとヒロのみだったそうです。年を重ねるごとに新キャラクターが登場し、現在は8キャラクターが大井川鐵道に集結しているんだとか。4年目となる今年はさらにご来場者の方々に、より高い満足度を得てもらえるよう、安全輸送を基本とした高品質なおもてなしが待っているそうですよ!


公式サイト http://oigawa-railway.co.jp/thomas

(c)2017 Gullane(Thomas)Limited.

子どもたちが大好き!きかんしゃトーマス

日本をはじめ世界中で愛される「きかんしゃトーマスとなかまたち」の物語が初めて世に出たのは1945年のこと。牧師ウィルバート・オードリーの描いた「汽車のえほん」が英国で出版され、たちまちベストセラーになりました。日本では1973(昭和48)年に絵本が発売されロングセラーとして愛読される一方、原作をもとに製作されたテレビシリーズが1990(平成2)年の放送開始以来人気を博しており、現在はNHK Eテレで毎週日曜日夕方5時30分より放送中、未就学児の好きな定番キャラクターとして長く愛されています。

公式サイト http://www.thomasandfriends.jp/

https://style.ehonnavi.net/odekake/kidsmusical/2017/03/03_004.html
絵本でも♪大好きなトーマス!
いってみよう!大井川鐵道 トーマス号となかまたち

静岡県島田市を走る大井川鉄道が2014年より期間限定で運行している「トーマス号」は、年々仲間の数を増やしながら、その人気を広げています。この本では、そのトーマス号の迫力、大自然を疾走する姿を大きな写真で紹介します。

 

 

トーマスごうが はしるよ

きかんしゃトーマスに会える! 乗れる!
大井川鐵道で走るきかんしゃトーマスと仲間のジェームスを楽しい写真で紹介。
トーマスたちのかっこいい走行シーンや乗車の興奮がたっぷり! トーマスの魅力がいっぱいです。
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載