スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】子どもたちとアートの出会いはいろいろ!あざみ野こどもぎゃらりぃ2017
絵本ナビニュース2017 

【news】子どもたちとアートの出会いはいろいろ!あざみ野こどもぎゃらりぃ2017

クルクルまわして動きだす!アニメーションのしくみ!

横浜市民ギャラリーあざみ野では、子どもたちがアーティストや表現と出会い、心豊かに成長することを願い、子どものための展覧会「あざみ野こどもぎゃらりぃ」を7月28日(金)から8月6日(日)に開催。12回目となる今回はアニメーション作家・絵本作家7組によるアニメーションのしくみを体験できる作品と、子どもたち自身の表現を展示されています。

その他、出品アーティストによるワークショップや、気軽に参加できる工作コーナーなど、子どもたちの「どうなっているのだろう」という好奇心や「自分でもやってみたい」という意欲への刺激となるようなプログラムを体験できます。8月6日(日)の夜には「あざみ野ナイト」として、世界を旅する夫婦アーティストusaginingen(ウサギニンゲン)の、映像と音楽による公演も!ぜひ遊びに行ってみませんか。

3つの展示内容をご紹介

展示室1「まわして動かすアニメーション・マシン」
参加作家のうちの一組、パンタグラフが考案したクルクル円盤をまわすと動き出すアニメーションのしくみ《アニメーション・ターンテーブル》をつかって、7 組のアニメーション作家・絵本作家が制作した作品を展示。各作家が日頃制作しているアニメーション作品や絵本なども展示されます。さらに収蔵している横浜市所蔵カメラ・写真コレクションの中から19 世紀のアニメーション装置も展示し、今と昔を比較することもできます。また、アーティストによるワークショップや、アニメーション装置の工作コーナー(7/29 のみワークショップ開催のため休止)も開催。モニターでみるアニメーションとは異なる“実物感”ある世界を体験できますよ!
【出品作家】あしたのんき、奥下和彦、小野ハナ、OHRYS BIRD、竹内泰人、パンタグラフ、ヨシタケシンスケ
 

アニメーション・ターンテーブル

展示室2「手作り写真に挑戦!」
出品:ワークショップ「手作り写真集に挑戦!」参加者
監修:吉野英理香
事前ワークショップ「手づくり写真集に挑戦!」の成果発表。子どもたちが撮った写真を選んで、並べて、どんな紙に印刷するかも選んで、自分だけのオリジナルの写真集に仕立て展示します。一枚だけの写真では見えてこない、自分の世界やそれぞれの思いが詰まった作品を、どうぞお楽しみに!

 

展示室2「自分の思いと写真」 ​
出品:横浜市立山内小学校5年生
監修:三ツ山一志(横浜市民ギャラリー主席エデュケーター)
今年で4 回目となる横浜市立山内小学校(青葉区)との連携事業。事前アウトリーチで子どもたちが撮影した写真に、思いを綴った文章を添えて展示します。かれらのみつめる“日常” や“今” が写し出されることでしょう。

ワークショップとイベント情報

●ワークショップ「やってみよう!ゾートロープ」
ゾートロープのしくみに挑戦してみよう!思ったように絵が動くかな?試しながらやってみよう。(できたゾートロープは会場で展示します。)

日時 7月29日(土)13:30~ 15:30
対象 小学生20名(応募者多数の場合抽選)
会場 展示室1
講師 OHRYS BIRD
事前申込(7/13必着)、参加費無料

●ワークショップ「光と影で手づくりウサギが踊りだす!!」
usaginingen とウサギをつくってみよう!つくった作品は翌日の公演に出演するよ。どんなウサギができるかな?

日時:8月5日(土)14:00~15:30
対象:幼稚園・保育園の年長児に相当する幼児~小学3年生20名(応募者多数の場合抽選)
会場:3階アトリエ
講師:usaginingen
事前申込(7/15必着)、参加費無料

【あざみ野こどもぎゃらりぃ2017】

2017年7月28日(金)~ 8月6日(日) 会期中無休
開場時間:10:00~17:00 8/6のみ18:30まで
料金:入場無料
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1・2
参加作家:あしたのんき、usaginingen(ウサギニンゲン)、奥下和彦、小野ハナ、OHRYS BIRD(オーリーズバード)、竹内泰人、パンタグラフ、三ツ山一志、ヨシタケシンスケ、吉野英理香
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
URL:https://artazamino.jp/

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載