スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】絵本作家 ミロコマチコさんの作品展「いきもののおまじない」
絵本ナビニュース2017 

【news】絵本作家 ミロコマチコさんの作品展「いきもののおまじない」

新刊絵本の原画も展示

10月19日(木)~31日(火)まで、アルフレックス東京にて画家・絵本作家 ミロコマチコさんの作品展「いきもののおまじない」を開催されています。動物や植物を生き生きと表現するミロコマチコさんが感じている世界への想いを膨らませて、アルフレックスのインテリア空間に立体作品も含めて様々ないきものを出現。店内にいろんないきものと出会え、子どもも大人も楽しめますよ。料理家やミュージシャンとのライブセッションが開催。
同時開催イベントとして、アルフレックス玉川では、絵本『ヒワとゾウガメ』の原画を展示されます。

また、期間中にアルフレックス東京、アルフレックス玉川へ来場の方全員に、「いきもののおまじない」型しおりをもれなくプレゼント!来場時にニュースレターにご登録いただいた方の中から抽選で10名様に、絵本『まっくらやみのまっくろ』(小学館)のミロコマチコサイン本がプレゼントされますよ。
 

開催概要

ミロコマチコ  いきもののおまじない
新刊絵本の原画も展示『まっくらやみのまっくろ』作・絵/ミロコマチコ 小学館

会期:2017 年 10 月 19日(木)~10月 31 日(火) 11:00am~7:00pm ※水曜定休
会場:アルフレックス東京 東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクェア1F TEL:03-3486-8899
特設ページ:http://www.arflex.co.jp/mirocomachiko-2017/
協力:http://noie.cc/

まっくらやみのまっくろ

いったい自分は、何者なのか。

まっくらやみのまっくろは、自分が何者かわからない。でも体の奥から力がみなぎってくる。いきなり角が生えてきた!すごく誇らしい気分だ。しかしまだまだ変化は止まらない。いったいぼくは、何者なのか?

まっくらやみのまっくろは、自分が何者かわからない。でも体の奥から力がみなぎってくる。「ぎゅわーん」。いきなり角が生えてきた!「そうか、ぼくはサイなのか。すごく誇らしい気分だ。」しかしまだまだ変化は止まらない。
まっくらやみのまっくろは、いったい何者なのか?
生き物をダイナミックに描き、国内外で数多の受賞を誇る話題の作家、ミロコマチコが紡ぐ、生命のものがたり。

関連イベント

Photo by Yuichiro Tamura

期間中、アルフレックス東京にて、パーティー、2回のライブセッションを行います。
入場無料、予約不要。どなたでもご参加いただけます。
 
ライブセッション

10月28日(土)19:00~21:00
ミロコマチコ✕haruka nakamura
田辺玄(エレキギター)、ISAO(パーカッション)

ピアノ、エレキギター、パーカッションが織り成す豊かな音色の中、ミロコマチコの絵が躍動します。次々と変化する作品と音楽をお楽しみください。

同時開催

絵本 『ヒワとゾウガメ』 原画展
会期:2017 年 10 月 12日(木)~10月 31 日(火) 11:00am~7:00pm ※不定休
会場:アルフレックス玉川 東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川S.C.テラスマーケット2F TEL:03-5717-9222

ヒワとゾウガメ

長く生きるものの宿命として、今までたくさんの友達を見送ってきたゾウガメは、そんな思いをするなら、もう友達などいらないと思っていた。だから、毎日、自分の甲羅に乗って、おしゃべりしにくるヒワのことがうっとうしくてならない。でも、ある日、自分と同じくらい長生きの「ゾウ」という生き物の存在を知り、ゾウガメは胸がおどった。そんなゾウガメのために、ゾウをさがしてくると言って、海のかなたに飛びたったヒワだったが、幾日も戻らなくて……。自分の身近にいる、かけがえのない大切な存在に、改めて気づかせてくれる作品です。

■来場者プレゼント
来場者プレゼント 「いきもののおまじない」しおり

​期間中、アルフレックス東京またはアルフレックス玉川へご来場の方全員に、「いきもののおまじない」型しおりをもれなくプレ ゼント。また、来場時、ニュースレターにご登録いただいた方の中から抽選で 10名の方に『まっくらやみのまっくろ』のミロコマ チコサイン本をプレゼントします。応募方法等、詳しくはショップスタッフまでお尋ねください。 公式サイト:http://www.arflex.co.jp/

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載