絵本ナビスタイル トップ  >  たべる   >   絵本ナビニュース2020   >   【レオ・レオニ × フレッシュネスバーガー】「スイミー」や「フレデリック」などがキッズセットに登場
絵本ナビニュース2020

【レオ・レオニ × フレッシュネスバーガー】「スイミー」や「フレデリック」などがキッズセットに登場

ハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」では、約1年間、お子さま向けの商品『キッズセット』にて人気絵本「スイミー」や「フレデリック」をはじめとするレオ・レオニの絵本とコラボレーションした「おまけ」を展開しています。『キッズセット』のおまけですが、大人も欲しくなるかわいさですね。

レオ・レオニの作品は小学校の教科書に掲載され、日本全国で親しまれている「スイミー」や社会にとっての芸術の役割を表現した「フレデリック」など40冊近くの絵本があり、日本でもその多くが翻訳出版されています。小さな主人公たちが「自分とは何か」を模索し、学んでいく物語を水彩・油彩・コラージュなど、さまざまな技法で描いた作品は幅広い世代に人気があります。

フレッシュネスバーガーは教科書にも掲載された作品を用いることで、親子共通の話題としてコミュニケーションが生まれ、「食」のシーンを通じて親子のあたたかな絆を深めてほしいと今回のコラボレーションを企画したそうです。

レオ・レオニの絵本とコラボレーションした全16種類の「おまけ」が登場予定!

「スイミー」や「フレデリック」をはじめとするレオ・レオニの絵本とコラボレーションした「おまけ」は約1年間、「おりがみ」や「シール」、「タオルハンカチ」など、全16種類の展開を予定しております。

第1弾は「おりがみ フレデリック」と「おりがみ スイミー」

第1弾は「おりがみ フレデリック」と「おりがみ スイミー」です。レオ・レオニのさまざまな作品の中から、それぞれ8種類の絵柄が入った「おりがみ」は折って遊ぶのはもちろん、飾ったり、切り抜いたりといろいろな方法で楽しむことができます。

 

店舗によりおまけの内容が異なる場合があります。詳しくは店頭でご確認ください。

レオ・レオニについて

レオ・レオニ(1910~1999)

1910年、オランダ生まれ。
イタリアで暮らしていたが、第二次世界大戦が始まるとユダヤ人であるレオニはアメリカ合衆国に亡命。
イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍していた。
1959年、孫のために制作した「あおくんときいろちゃん」で絵本作家デビューを果たす。その後、40冊ほどの絵本が発表され、日本でも数多くの作品が翻訳されている。
主な作品は、「スイミー」「フレデリック」「じぶんだけのいろ」「コーネリアス」など。

コラボレーションしている絵本の一部をご紹介

代表作「スイミー」

スイミー 小さなかしこいさかなのはなし

小さな黒い魚スイミーは、広い海で仲間と暮らしていました。ある日、仲間たちが大きな魚にみな食べられてしまいました。一匹だけ残ったスイミーは・・・

フレデリック

フレデリック

仲間の野ねずみが、冬に備えて食料を貯えている夏の午後、フレデリックだけは何もせず、ぼんやり過ごしておりました。寒い冬がきて、フレデリックは・・・

じぶんだけのいろ

じぶんだけの いろ

可哀相なカメレオンは一つの悩みを持っていました。どうして他の動物のように、自分の色がないのだろうか? 行く先々、周りの環境で色が変わってしまう・・・

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください