スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   もう読んだ? (あかちゃん絵本編)   >   『どんどこももんちゃん』読めば読むほど、我が子が可愛くなっちゃう絵本
もう読んだ? (あかちゃん絵本編)

『どんどこももんちゃん』読めば読むほど、我が子が可愛くなっちゃう絵本

明るくて、たくましくて、とびっきり愛らしい赤ちゃん!『どんどこ ももんちゃん』

声に出して読んでいると、なんだか自分の方が元気になってくる絵本があります。
読めば読むほど、我が子への愛情があふれてくる絵本があります。

 

それが『どんどこ ももんちゃん』。

 

小さな子どもを持つママたちに大人気のこの絵本。
それはそうですよね。
いくら繰り返し読んでも、自分が飽きることがないんです。
それどころか、読んだ後に毎回我が子を「ぎゅっ」としたくなるんです。
読んでもらっている子どもたちが、それは嬉しそうな顔をしてくれるんです。

 

ストーリー、言葉、表情、色彩…ママも子どもたちもこの絵本が大好きになる理由はいくつもあります。だけど、一番大きな魅力は、主人公の赤ちゃん「ももんちゃん」の明るさとたくましさなのでは、と思うのです。

 

ひたすらどんどこ、どんどこ前に進んでいくももんちゃんの姿を見ていると、ママの方がスカッとした気持ちになってきて、表情だっていつのまにか明るくなってきます。なんて力強いのでしょう、なんて自立した赤ちゃんなのでしょう。赤ちゃんはか弱いだけではない、時にはママを引っぱっていってくれる存在でもあるってこと励まされているのかもしれませんね。

どんどこ ももんちゃん

どんどこ ももんちゃん

大きな頭におむつ一枚。ピンクのほっぺにつぶらな瞳。
思わず「うちの子に似てる!」と言いたくなる、愛らしいおかおの赤ちゃんがももんちゃん。
この絵本の主人公です。

どんどこどんどこ、どんどこどんどこ。
ももんちゃんは急いでどこかに向かっています。

どんどこどんどこ、どんどこどんどこ。
ひとりで橋を渡り、坂道をのぼり、やっとたどり着いた山の上では大きなくまさんがとおせんぼ。
すると、「どーーん!」 ももんちゃんはくまさんを投げ飛ばし(⁉)、ひたすらどんどこ進みます

「どちっ」あら、たいへん!ころんで頭をぶつけちゃった。
でも、ぐっとがまん。
ももんちゃんが急いで先でまっていたのは…?

最後は「そうだったのね」と誰もがにっこり安心。簡潔で大胆な展開と、声に出して気持ちのいいリズミカルな言葉に乗って、あっという間に最後のシーンまでひきこまれてしまうママにも赤ちゃんにも大人気の「ももんちゃん あそぼう」シリーズの代表作品です。

ももんちゃんの人気の秘密は、繰り返し読めば読むほど楽しくて、読めば読むほどももんちゃんが可愛くなってしまうところ。理由はたくさんあるのでしょう。豊かな表情、ユーモラスなお話、個性的なキャラクターのおともだち、言葉の響き…。でも、一番の魅力はやっぱりももんちゃんの明るさとたくましさ。読んでいるママがスカッとするほど力強いのです。いつだって不安と隣合わせのママには、とっても効果的。いつの間にか表情だって明るくしてくれます。

そんなママに読んでもらう「ももんちゃんの世界」。子どもたちにとっても、きっと嬉しくてたまらない時間のはずです。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/93/%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/

一方子どもたちはというと。この絵本を読んでもらいながら、完全にももんちゃんの視点となって、一緒にどんどこストーリーを進んでいるようですよ。この絵本で出会うのは大きなくまさんですが、シリーズが進むにつれて、きんぎょさんやさぼてんさん、おばけさんなど愉快な仲間が沢山登場します。好きなお話を選んで読んでみてくださいね。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20100407/
https://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=7497

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください