スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   もう読んだ? (あかちゃん絵本編)   >   【0歳】『だるまさんが』誰がよんでも笑ってくれる…!? 大人だって嬉しくなっちゃう赤ちゃん絵本
もう読んだ? (あかちゃん絵本編)

【0歳】『だるまさんが』誰がよんでも笑ってくれる…!? 大人だって嬉しくなっちゃう赤ちゃん絵本

人気の秘密は、誰でも笑っちゃう、誰が読んでも笑っちゃうこと?

「子どもが絵本ではじめて笑った」
「パパが読んでも笑った」

 

そんなレビューが続々と寄せられてくるのが、かがくいひろいさんの傑作絵本『だるまさんが』。発売以来、赤ちゃんから楽しめる絵本として、すっかり定着しています。

 

「…でも赤ちゃんって、だるまさんを知らないんじゃないの? 少し大きくなった子や大人が笑うのはわかるけど。」

 

確かに、この絵本の面白さを聞かれれば、だるまさんの動きの意外性を説明したくなります。だけど、なんだかそれだけじゃない気がする。なにせ、絵本の読み聞かせに慣れていないパパが読んでも受けちゃうわけだから…!?

音と動きがくっついて…赤ちゃんがキャッキャッと笑う絵本『だるまさんが』

だるまさんが

赤くて、ぷくーっと膨らんだように丸くて、小さな手足がちょこんとついていて、なんだかびっくりしたような顔をしてこちらを見ているのは…だれでしょう?

「だ る ま さ ん が」

ページをめくれば、そのまあるい体が、かけ声と共にゆらゆら揺れ出して……

「どてっ」

あ、ころんじゃった!!

「だ る ま さ ん が」

今度は……

「ぷしゅーっ」

あれ!? なんかぺっちゃんこになってる!!


0歳の赤ちゃんから大人まで笑ってしまうと、発売以来ずっと多くの読者を喜ばせ続けているこの絵本。柔らかそうな丸くて赤いかたまりが、伸びたり縮んだり、転んだり。目をつぶったり、開いたり、笑ったり。おまけに「ぷっ」とする。だるまさんっていう名前なんて知らない小さな子でも惹きつけられてしまっているのが、その反応を見ているだけでわかります。呼びかけるような言葉のリズムも声に出してみれば独特な「間」をつくってくれて、誰が読んだって笑っちゃうのです。

作者のかがくいひろしさんが絵本を作る時にこだわっていたのが「もの」「音」「うごき」「見立て」なのだそう。理屈がわからなくたって、見て、聞いているだけで楽しくなってくる。それがこの絵本の人気の秘密になっているのだということは、多くの読者からの感想を読んでいてもよくわかりますよね。

さらに、ユーモラスだけれど、どこまでも優しさを感じる表情。動きの愛らしさ。だるまさんが転ぶだけじゃない、という意外性。自然とスキンシップを取りながら読んでしまうこと。読んであげる大人の方が先に笑ってしまうこと。

…それらが全部、この絵本が愛される要素になっていることは言うまでもないですよね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/17129/%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C/

【ママの声より】子どもが絵本で笑ったのは この本が初めてです。

パパが読んでもウケます!

お友達のお勧めで購入しました。
0歳の頃から読んでいますが、子どもが絵本で笑ったのはこの本が初めてです。

体を揺らしながら「だ・る・ま・さ・ん・が~」と
ページをめくると、だるまさんが「ぷしゅー」としぼんだり、
「びろーん」と伸びたり・・・とっても楽しい絵本です。
息子は、「だ・る・ま・さ・ん・が~」のページでニタニタ、
ページをめくって大爆笑!

普段絵本を読みなれていない主人が読んでも爆笑だったので、
パパにもお勧めの一冊です。

他にも「だるまさんの」や「だるまさんと」などシリーズが
展開されていますが、この「だるまさんが」が一番シンプルで
私は好きです。

絵本の楽しさを伝えたいなら、まずこの一冊ですよ♪

(kyuさん 30代・ママ 男の子1歳)

何度読んでもケラケラ
子どもの笑い声って、どうしてこんなに可愛いのでしょう。
笑い声を聞いて幸せな気分になりたいときにはこの本!

初めて息子に読み聞かせた時の反応の良さには驚きました。

「だ る ま さ ん が」の次のページをめくるたびに
ケラケラと大爆笑。
読んでとせがまれ、何度も読み聞かせましたが
飽きもせず何度も何度も笑ってくれます。

そのうちに「だるまさんが」の次のページがおもしろい、
ということを覚えたようで、ページをめくるのを少し
タメてみたりすると、待ち切れずにクククっと
笑いだしたりするようになりました。
そして「早く早く!」と言わんばかりの期待のこもった目で
振り返る表情がとてもかわいくて、わざとタメてから
ページをめくってしまいます。
そしてめくった後にはお決まりの大爆笑。

ケラケラ笑う子どもを見て、ママも笑顔にならずにはいられない、
そんな素敵な絵本です。
(こうまま。さん 20代・ママ 男の子1歳)

さらにシリーズで笑わせてくれますよ♪

変幻自在のだるまさん。今度は…?『だるまさんの』

だるまさんの

変幻自在のだるまさん。
こんどは、なにをみせてくれるかな?

めがねをはずすと……
ミトンをぬぐと……

あらら? びっくり おおわらい!
ページをめくるたびにわらい声がはじける、
とびきりゆかいなファーストブックです。
こどもたちに大人気の「だるまさん」シリーズ第2弾!

https://www.ehonnavi.net/ehon/21696/%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE/

あらあら今度はお友だちと…『だるまさんと』

だるまさんと

「だるまさんが…次はどうなるの?」
まん丸ころころな体と、びっくりする位豊かなその表情で、
赤ちゃんから大人まで、みんなを笑顔にしてくれたこのシリーズですが、
さて、第3弾は何を見せてくれるのでしょう。
想像するのも楽しいですよね。
早速ページを開くと、あれ?・・・続きは開いてのお楽しみ。
前作「だるまさんが」「だるまさんの」と、似ているようで似ていない!
またまた新しい動きで笑わせてくれます。
個人的には、
「ぽにん」
という響きが気に入っちゃったかな。

かがくいひろしさんへのインタビュー記事もご紹介します!(2009/1/5公開)

「音と動きがくっついていて、小さな子やハンディキャップを背負った子など、ストーリーが理解しにくい子達にも伝わるような絵本、というのをずっとつくりたいと思っていたんです。

 

子ども達は、擬音語や擬態語というのが大好き。音と言葉と動きがくっついているから、とっても伝わりやすいのでしょうね。例えば僕が『どてっ。』と言いながら転ぶだけでも、すごく笑ってくれるんですね。そんな所から発想が湧いてきたのかもしれません。」

 

だるまさんシリーズの誕生の秘密を、こんな風に語ってくださったかがくいさん。そのお人柄も見えてくるインタビュー記事をお読みください!
 

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=97
その当時、絵本ナビユーザーさんのために描いてくださった直筆メッセージです!

ギフトには、3冊セット&限定版製身長計入りギフトセットがおすすめ!

2008年に『だるまさんが』が発売されてから、2018年で10周年!

記念して発売された、限定版のギフトボックスです。

完売次第終了の貴重なセットを是非チェックしてみてくださいね♪

限定版 特製身長計入り だるまさん3冊ギフトボックス

限定版 特製身長計入り だるまさん3冊ギフトボックス

2008年に『だるまさんが』を発売してから、今年で10周年を迎えた「だるまさんシリーズ」。
このたび今年の冬限定発売の「だるまさん3冊ギフトボックス」を、11月2日に発売します。
ギフトボックスには、特製だるまさん身長計(0~180㎝)が付きます。
この冬だけの限定ボックスです。
クリスマスや誕生日の贈りものに、いかがでしょうか?

https://www.ehonnavi.net/ehon/120494/%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%89%88%E7%89%B9%E8%A3%BD%E8%BA%AB%E9%95%B7%E8%A8%88%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%933%E5%86%8A%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/ 『だるまさんと』から、幸せな気持ちになれるこのシーンが採用されました!
https://www.ehonnavi.net/ehon/120494/%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%89%88%E7%89%B9%E8%A3%BD%E8%BA%AB%E9%95%B7%E8%A8%88%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%933%E5%86%8A%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/ 身長計が付いています! 何センチになるまで読んでいるのかな…?

通常版の3冊セットはいつでも買えます!

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3冊ケース入り)

人気のファーストブック、『だるまさんが』、『だるまさんの』、『だるまさんと』が入った、3さつケース入りです。

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください