絵本ナビスタイル トップ  >  あかちゃん・こそだて   >   【猫の日×絵本ナビ】10匹、100匹…、〇〇匹?! 頭数別「ねこの絵本」

【猫の日×絵本ナビ】10匹、100匹…、〇〇匹?! 頭数別「ねこの絵本」

ねこ、ネコ、猫がいっぱい! たくさんの猫に会える絵本

来たる2022年2月22日は、”2(ニャン)”がたくさん揃う特別な「猫の日」。ということで、たくさんのニャンが揃った絵本を集めてみました。10匹から始まって、こんなに?!という数の猫が登場する絵本もありますよ。あっちもこっちも画面の中は猫だらけ。頭数別にご紹介したいと思います!

10匹

まずは10匹の猫が登場する絵本から。

10匹のねこの楽しい数え歌

10ぴきのいたずらねこ

しっぽにじゃれついたり、ケーキをかかえてとっとこにげたり、たいこをたたきたくなっていなくなったり、いろんな理由で一匹ずつ姿をけしていくいたずらねこたち。最後に残った一匹が、いたずら仲間によびかけた!繰り返し楽しめ1~10までの数も覚えられるオレンジと黒の2色で描かれたキュートな絵本。

マザーグースにもある数え歌をもとにしたユーモアいっぱいの絵本。オレンジと黒の画面に、コミカルに描かれた猫たちが可愛らしい一冊です。

岩合光昭さんの写真で楽しむ数え猫絵本

10ねこ

10ねこ

写真・文:岩合 光昭
出版社: 福音館書店

頁をめくるたびに猫が増えていく、数え猫の本。野原や海岸、街角や農場など世界のあちこちで撮影された猫たちの生き生きとした姿を楽しみながら、猫を数えてください。

こちらも、猫を数える絵本。ページをめくるたび1匹から10匹まで猫が増えていきます。生き生きとした猫たちの自然な姿が何とも可愛く、見入ってしまいます。

10匹の個性あふれる猫たちが登場

ねこねこ10ぴきのねこ

1匹目の猫はカーペットの上でおすまし。2匹目の猫はちょっとふとっちょ。海のそばに住んでいる猫やボールと遊んでいる猫、お花が似合う猫など、10匹の個性あふれる猫たちが登場する絵本。

ページをめくるごとに、1匹ずついろんな猫が10匹登場します。美しい絵で描かれた猫たちは、いる場所も、色や柄、体型や性格も様々。どの猫と1番気が合いそうですか? 

11ぴきのねこたちの愉快な冒険物語

11ぴきのねこ

腹ぺこのねこたちは湖にやってきました。大格闘の末、やっと怪魚を生け捕ります。みんなに見せるまでは食べない、と約束したのに…。あっと驚くどんでん返しが大人気。

皆大好き「11ぴきのねこ」シリーズも、とらねこ大将と10匹の のらねこたちの物語ですね。1967年に第1作『11ぴきのねこ』が発表され、最終巻が出るまでなんと30年! 3世代50年に渡って楽しまれているシリーズです。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=278 「11ぴきのねこ」シリーズ 佐藤英和さんインタビュー(インタビュー:2016年)
https://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=271 「11ぴきのねこ」グッズはこちら

50匹~

今度は、数がぐっと増えて……

お家にやってくる、67匹(たぶん)の猫たち!

わたし ねこが かいたいの

わたしねこがかいたいの。自分だけのこ。
どうすればねこが来るかな?

ねこのすきなものを集めて待ったけど、1ぴきも来なかった。あーあ。
しかたがないから、ねこの絵本をだきしめて寝たの。

そうしたら、あれ?だーれわたしを起こすのは?

猫が飼いたい女の子。猫を飼うための準備は万端です。

おばあちゃんの家の猫が連れてきたのは町中の猫たち!  いったい何匹いるのでしょう。

「67ひきまで かぞえたところで かずが わからなくなっちゃった。」

部屋の中いっぱいにくつろぐ猫たちの姿は圧巻です。みんな、なんとも良い面構え。仕草も表情も愛嬌たっぷりで、何度見ても楽しくなります。町の猫それぞれが「みんな、だれかの、いとしいこ」なのだと伝わるのも、猫好きの読者が幸せを感じられるポイントです。

 

あっちから、こっちから、猫が集まって……

ネコヅメのよる

猫たちの秘密、教えます。
愛猫家としても有名な画家、町田尚子が贈るファンタジックな猫たちの夜。

ある日、猫は気付きます。
「あれ? もしかしてそろそろ…」
その夜。
「まちがいない、今夜だ」
猫は家をそうっと抜け出し出かけていきます。

猫たちの秘密の夜に集まった猫たち。ページにいる頭数を数えてみると、体の一部だけ見えている猫も含めて、およそ100匹(97匹までカウントできました)! 壮観です。

町田尚子さんの描く猫たちは生き生きとして1匹1匹が存在感たっぷり。空を見上げる表情のそれぞれの顔に、猫が家族にいる方はつい「うちの子」似を探してしまうのでは。

 

100匹~

さらに増えます。

「ブキャッ」

キャベツくんのにちようび

大きなネコ達が、キャベツくんとブタヤマさんを手招きしている。ふたりは、ちょっと恐いけれどついていった。「ブキャッ」
ふたりはすごいものを見せられた。さあ……。
 

「いらっしゃい いらっしゃい おいしいものが ありますよー」と手招きする3匹の猫についていった、キャベツくんとブタヤマさん。すごいものを見せられます。

その場面のひとつがこちら。読者だって一緒にびっくりです。その数170匹以上(数えてみました)……! キャベツくんたちが、他にどんなものを見せられたのか、それは読んでのお楽しみ。

どんどん増える猫の数、次の絵本は…?

その数400匹! ページの頭からしっぽまで、ぜーんぶがネコで埋め尽くされた絵本

ねこだらけ

アメリカンショートヘアにイリオモテヤマネコ。東京都のミミ、佐賀県のたま。浴衣ねこもいれば、民族衣装を着たねこも。果ては「狛犬」ならぬ「狛猫」まで!?丹精こめて描かれた、個性豊かな400匹のねこたちに、大人も子どももびっくりすること請け合いです。一匹一匹を観察したり、美しい衣装を眺めたり、「私はこのねこが好き」「ぼくの家のねこに似てるなあ」「〇〇ねこを描いてみよう」……楽しみ方は無限大。近年ねこブームで、多くのねこ絵本が刊行されていますが、ひと味違ったねこの魅力が味わえる絵本です。

ロシアンブルーやペルシャネコ、アメリカンショートヘアなど、猫たちが親子ですまし顔。子猫はやっぱり可愛いね~と思ってみていると、すっくと後ろ足で仁王立ち。それから、世界各地の猫たちが民族衣装でごあいさつ。ページの頭からしっぽまで、ぜーんぶがネコで埋め尽くされた絵本です。その数なんと400匹!

ページをめくりながら、1匹ずつじっくり観察するも良し、自分に似ている猫を探すも良し、友だちになりたい猫を探すも良し、楽しみ方、遊び方も無限に存在する絵本です。

100万匹、一億匹、一兆匹?!

絵本の古典作品に登場する猫の数は……?

100まんびきのねこ

年をとったおじいさんとおばあさんは、寂しいのでねこを飼うことに決めました。ねこを探しに出かけたおじいさんは、たくさんのねこであふれた丘にたどりつきます。しろいねこ、しろくろのねこ、はいいろのねこ、どのねこもかわいく見え、おじいさんはみんなを連れてうちに帰ってきます。でも、そんなにたくさんのねこは飼えません。そこで、おじいさんとおばあさんは、どのねこを家に置くかをねこたちに決めさせようとしますが……。

最後は、とてつもない数の猫が登場します。

猫を飼うために猫を探しに行ったおじいさんがたどりついたのは、たくさんの猫であふれた丘。

「ひゃっぴきの ねこ、せんびきの ねこ、ひゃくまんびきの ねこ、一おく 一ちょうひきの ねこ」

繰り返しのリズムが楽しい、日本では1961年初版のロングセラー絵本です。

最後は、どんな猫が飼われることになるのでしょうか。猫の数の多さも面白いですが、インパクトのある最後の展開も昔ばなしのような味わいです。

いかがでしたでしょうか。この記事の中に登場した猫の数は、1兆と779匹(たぶん)。「猫の日」は絵本で猫まみれになってみるのもいいかも?

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください