絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】猫の日×絵本ナビ:猫、大活躍の物語特集!
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】猫の日×絵本ナビ:猫、大活躍の物語特集!

2022年2月14日から2月20日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

今週と来週は、2月22日の「猫の日」に向けて、2週にわたり、猫の本をご紹介します。まず今週は、物語からご紹介。物語の中の猫は、猫自身が主人公となって活躍する物語から、主人公の相棒として活躍する猫などさまざまですが、不思議な力を持っていたり、知恵を働かせたり、なんとも頼もしく、人間との信頼関係も厚くて仲良し。 物語に欠かせない存在として登場します。さて、あなたが気になるのはどんな猫? 

2月14日 手作りのお菓子で迎えてくれるのは執事猫のカラシ!

月曜日は『十年屋(1) 時の魔法はいかがでしょう?』

十年屋(1) 時の魔法はいかがでしょう?

出版社からの内容紹介

小さなころからずっと大事にしていたぬいぐるみ、大好きなひとからもらった写真、会えなくなった友だちに見せたかった雪だるま。忘れたくても忘れられない大切なもの、思い出と一緒に、魔法でお預かりします――。「銭天堂」「もののけ屋」シリーズの作者がおくる、心あたたまる物語。

https://www.ehonnavi.net/style/1874/4/ 「十年屋」シリーズ 執事猫カラシさんインタビューはこちら

2月15日 魔女のキキの相棒といえば‥‥‥

火曜日は『キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2』

キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

出版社からの内容紹介

わたし、魔女になりたいってわかるのかな?

人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」になれるのでしょうか。

2月16日 小さくてはにかみやのジェニーが見つけた特技とは?

水曜日は『黒ネコジェニーのおはなし(1) ジェニーとキャットクラブ』

黒ネコジェニーのおはなし(1) ジェニーとキャットクラブ

みどころ

体が小さくて、これといった特技もない上にはにかみやの黒ネコジェニー。一体どうやってネコたちのグループに入ったり、学校でいじめっこに立ち向かったり、初めてのことに挑戦していったのでしょうか。子どもたちが成長する過程で直面するさまざまな出来事にも通じているようで、ジェニーの気持ちに共感しながら、勇気と元気をもらえるお話です。

2月17日 「まねきねこ派遣協会から、まいりました」

木曜日は『ねこの商売』

ねこの商売

出版社からの内容紹介

おまんじゅう屋の幸福堂は、最近めっきりお客が減って困っています。町に新しい道路ができて、観光客が来なくなってしまったのです。そんなある日、店の前に「猫の手お貸しします。まねきねこ派遣協会」という張り紙が。電話してみると、1匹の猫がやってきました。「客ひき」が得意だという猫ですが、本当に幸福堂へお客さんをつれてきてくれるのでしょうか。たがいに持ちつ持たれつ生きていく喜びをユーモアたっぷりに描きます。

2月18日 足の速さが自慢のトムが、足で走るネコタクシー!

金曜日は『ネコのタクシー』

ネコのタクシー

出版社からの内容紹介

飼い猫になったトムは、ご主人へのお礼にタクシーを始めます。ケーキを運び、救急車になり、泥棒を追いかけ……。小さな町のネコのタクシーは大忙し。愉快な楽しい幼年童話。

2月19日 クールでかっこいいサンゴロウと冒険の旅へ

土曜日は『黒ねこサンゴロウ1 旅のはじまり』

黒ねこサンゴロウ1 旅のはじまり

みどころ

ひとり旅の好きな男の子ケン。年齢は3年生ぐらいでしょうか。出張中のおとうさんに会うため、あこがれの特急マリン号に乗って出かけます。読み始めから男の子も女の子もワクワクしてしまう爽やかな冒険ファンタジー。読み終えた時には一緒に旅をしたような楽しさと充実感が味わえます。続きが読みたくなったらぜひシリーズでどうぞ。

2月20日 風を作るいちばんの原料は「わらい声のかけら」!

日曜日は『ねこの風つくり工場』

ねこの風つくり工場

出版社からの内容紹介

ねこたちの秘密の工場でおこるできごと

町の中にある大きな丸いタンクを見かけたことはありませんか? これは、そんな丸いタンクを持つ工場のおはなしです。工場で働いているのは、町に暮らすねこたち。ねこたちは町の中を走り回って材料を集め、それを工場であれこれ加工して、町を吹き渡る風を作っているのでした。材料や作り方によって、あたたかかったり、つめたかったり、いいにおいがしたり、体が飛びそうだったり、いろいろな風を作ることができます。不思議な材料をみつけたねこ、どこかあやしい新入社員などが登場、思いがけないことが起こる工場の毎日をえがいた三話を収録。

いかがでしたか。

猫は古くから日本でも海外でも物語作品にたくさん登場していて、きっと物語と相性が良いのでしょうね。来週も「猫の日×絵本ナビ」として、楽しい猫の本をご紹介していきますので、お楽しみに♪

選書・文:秋山朋恵(絵本ナビ副編集長)

 

 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください