スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   もういくつ寝るとお正月! お正月に読みたい絵本セレクト

もういくつ寝るとお正月! お正月に読みたい絵本セレクト

年末年始をともにするのにピッタリな絵本

がんばった1年間が終わって、新しい1年を迎える年末年始。もういくつ寝ると、いよいよお正月です。

子どもにとってクリスマスは、サンタさんが来てくれて、プレゼントをもらえて、ケーキやごちそうを食べられる日……では、お正月は? 

一大イベントなのに、クリスマスに比べるとあまり知らないことが多いお正月。でも大丈夫です。こんなに素敵な「お正月の絵本」たちがありますから! 

お正月ってなに? どんなことをするの? お正月がもっと楽しくなる絵本をご紹介します。

お正月ってなぁに?

「お正月ってなぁに?」とお子さんに聞かれたら、なんと答えますか? 「困った!」そんなときにはぜひこの絵本を!
お雑煮やおせち料理、凧揚げや門松、そしてお年玉…物語を通して楽しいお正月行事を満喫しながら、「まめ知識」のコーナーで「どうしてそれをするのか」をお子さんと一緒に楽しく知っていくことができますよ。
美しいコラージュで描かれた絵もとても魅力的。なんだか不思議と「わくわく」するお正月の「わくわくの秘密」を、お子さんと一緒に探ってみてください!

お正月って何?と聞かれたら。

おしょうがつおめでとうはじまりの日!

おおみそか,ねこのみ~みはいつもとちがう家族のふんいきに興味しんしん!

おおみそかの夜,お父さんもお母さんもあまねちゃんもどこかへ出かけていきます。みんなの後にこっそりついて行くねこのみ~み。はてさて,みんなはどこへ行くのかな?――ますだ&たちもとのコンビで送る大人気の行事絵本シリーズ第6弾。巻末ではお正月のトリビアやお料理など,豆知識も満載です!

お正月の風物詩と言えば?

お正月の風物詩の中で一番存在感があるのは、やっぱり「かがみもち」! かがみもちが主人公になった、こんなに愉快な絵本があります。

何やら浮かない顔をしている、主人公のかがみもち。一体どうしたんでしょうか? かがみもちに「気持ち」を聞いてみたところ…突かれたりこねられたりの苦労の末、やっと立派なかがみもちになって大事に扱われるのもつかの間……いつ割られて食べられるのか!?

「おもちの立場になって気持ちを考える」というだけでも面白いのに、さらに大興奮、奇想天外なストーリが待っています。

子どもたちを爆笑の渦に巻き込むこと間違いなし! 笑う門には福来る、「笑顔のお正月」のお供にどうぞ!

お正月といったらこれ!おもちの絵本

おもちのきもち

第27回講談社絵本新人賞受賞作
「もう、たいへんなんです」お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。お年賀にどうぞ。(編集部より)

2018年の干支は犬!干支の絵本

年末年始は、「干支がバトンタッチするとき」でもあります。酉年の2017年にさよならして、2018年は戌年です! 干支をテーマにした、こんな楽しいしかけ絵本をご存じですか?
お話の舞台は、十二支の動物たちが通う「じゅうにしえん」。主人公はもちろん、戌年のいぬくんです! 犬は子どもたちにとっても身近な動物でもあるので、感情移入しながら夢中で楽しめるのではないでしょうか。
こちらの「12支キッズのしかけえほん」は、なんと十二支すべての動物が主人公になった絵本が揃っています。お子さんの干支の絵本も、ぜひチェックしてみてください!

2018年は戌年!

いぬくんぼくはいいこだから…

いろーんなタイプの おともだちと なかよくなれると いいね!
うちの子のときもほかの子どもたちとうまくやっていけるかとても心配でした。そんな気持ちから生まれた絵本です。    

作者:きむらゆういちさん

約束をまもらない友達にきびしい子の おはなし
12支の どうぶつたちがかよっている「じゅうにしえん」にあそびにきてね。

いぬくんはね、やくそくを まもらない おともだちを、きびしく ちゅういします。
だけどね、きがついたらじぶんも やくそくを やぶってしまっていて・・・・・・。
ねえ、みんなだったら どうする?

干支の由来を知りたいお子さんに

そもそも干支ってどうしてあるの? 12の動物たちはどうして選ばれたの? そんな干支の由来を楽しく知ることができる絵本がこちら。物語は通説に沿って正しく、絵は動きと表情に迫力あって魅力的。「この絵本を読んだら子どもが干支の順番をすぐに覚えた」という声も届いています。そして、十二支に入れなかった動物って、ねこ以外にもいるんですって。それ一体誰なのか……それは、この絵本を読んでのお楽しみ。

干支にネコが入っていないのは、なぜ?

十二支のおはなし

お正月に神様のところへあいさつに行くことになった動物たち。ちゃっかりもののねずみは牛の背にのり、門の前で一足先にゴールイン。一番最初はねずみ年になった…。

縁起がいい!七福神の絵本

2018年も素敵な1年になるように! 縁起かつぎに七福神の絵本はいかがでしょう? 

……あれ、七福神って、どんな神様がいるんだっけ…?

恵比寿さまは漁業の神さまで、大黒天さまは農業の神さまで……そんな七人の神さまのことを知ることができる絵本はこちら。赤ちゃん絵本でも大人気の柳原良平さんが描く福々しい絵に、コピーライターのみきつきみさんの流れるような文章。こんなに縁起のいい絵本はなかなかないかも!? これで2018年も幸運まちがいなしですよ!

七福神、いえますか?

どんぶらどんぶら七福神

子どもの頃から七福神に親しみ、寿老人(じゅろうじん)の人形で遊んでいたという柳原先生に、このたび七福神の絵本を描いていただきました。コピーライターのみきつきみさんの言葉も調子よく、子どもは呪文のように覚えてしまうかも? 福々しい神さまの笑顔にこちらの頬もゆるみ、思わず周りの人にもすすめたくなってしまう絵本です。
 

お子さんと一緒に、年の瀬とお正月の楽しさをたっぷり味わおう!

年末年始は、お子さんと一緒に過ごす時間が増える時期でもあります。家族でゆっくり過ごしたり、親戚が集まったり……そんないつもと違う貴重なひと時が、もっと楽しくて心に残る時間になりますように。年の瀬とお正月の楽しさを、絵本を通して思い切り味わってくださいね!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください