スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   年齢別おすすめ本、何読む?どう読む?   >   【3歳におすすめ】知らないうちにのんびり、ゆったり…『かばくん』
年齢別おすすめ本、何読む?どう読む?

【3歳におすすめ】知らないうちにのんびり、ゆったり…『かばくん』

 

動物園の人気者と言えば、ライオン、パンダ、ゾウ、コアラ…大迫力の動物に、顔も仕草も可愛い動物たち。会いに行けば、仲間同士でじゃれ合っていたり、えさを夢中で食べていたり、道具を使って上手に遊んでいたりします。家に帰って、図鑑や絵本の中に同じ顔や行動を見つければ大満足!
楽しいひとときです。

 

だけど、50年以上も前に発売されたこのロングセラー絵本の主人公は「かば」。とっても素朴で大きなハプニングも殆ど起こりません。それでも、今もずっと子どもたちの心をつかんで離さないのです。

 

一緒に読んでいる大人はちょっと思います。
「どうして、この絵本がそんなに人気があるんだろう?」
でも、自分だって小さい頃からこの絵本『かばくん』が確かに好きなのです。

 

……その秘密は、絵本の中に流れている「時間」にあるのかも!?

かばくん親子のゆったりとした一日を体験!?いくら眺めていても飽きることのない絵本『かばくん』

かばくん

かばくん

動物園に朝が来て、少年はかばの親子に語りかけます。
「おきてくれ かばくん どうぶつえんは もう11じ
 ねむいなら ねむいと いってくれ つまらないから おきてくれ」
小さなかめくんを連れた少年は、飼育係なのでしょうか。
そうして、かばくん達のゆったりとした一日が始まります。

50年以上も前に発売されたこの絵本が、今も子ども達の心を掴んで離さないのは、やっぱり「かばくん」が魅力的だから。ねぼすけのかばくん、水の中をゆったりと泳ぐかばくん、地上に姿を現せば驚く程大きな体をしているかばくん。そして、大きな大きな口を持つかばくん。大らかな線と、キャンバスの白地を生かした抜けのある油彩の画風が「かばくん」の持つ雰囲気にぴったり。ずっと眺めていても飽きることはありません。そばにいてぴったり離れない「かばの子」と、少年の連れている小さな「かめくん」との組み合わせも愛らしくてユーモラス。

そして、この絵本のもう一つの大きな特徴が、実は、視点が動物園に住むかばくん側からになっているところ。起きたい時間にゆっくり起きて、何だかうるさいと思ったら今日は日曜日。子ども達がたくさん来ていると知れば、サービスは少しだけ多めにして。だけど、やっぱり沢山食べたら眠いよね…。絵本を読んでいる子どもたちも、知らないうちに、「のんびり ゆったり」かばくんの時間を過ごしているのです。言うまでもなく、これは岸田衿子さんの紡ぐ言葉の心地よさ。心が休まったような気持ちになるのは、こんな理由があるからでしょうね。

そして、絵本を読んだ後には、やっぱり今度は本物の「かばくん」に会いに行きましょう。本物の「かばくん」はもっとすごいはずですよ。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/264/%E3%81%8B%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%82%93/

こんなに大きな体をして、素朴な顔をして、ねぼすけなかばくんだけど、実は動物の中でもかなり足が速いっていうのは、少し興味を持つと出会う衝撃の事実だったりして。知識を得る面白さって、そういうイメージとのギャップを感じる時でもありますよね。絵本、実物、図鑑、どれも欠かせない出会いだと思います。
 

読者の声より「言葉では言い表せない魅力がある」

実際に親子でこの絵本を読んでみると、子どもたちには、どんな反応があったのでしょう?絵本ナビユーザーから寄せられたレビューをご紹介します!

どこが、そんなに魅力的なのか…
2歳の子にもわかる簡潔明瞭な言葉と、かばくんの存在感。
言葉では言い表せない魅力があるんです。不思議な絵本です。
私もこの絵本が大好きで、きっと娘に読むとき、楽しそうに読んでいたのでしょう。だから聞いている娘にとっても心地よかったのかも。
我が家にとって、思い出深い大切な絵本です。
(おっきょちゃんさん 30代・ママ 女の子10歳、男の子8歳)

子ども達が赤ちゃんの頃から読んでいます。
主人も子どもの頃、好きな本だったそうです。

 

かばくんの動物園での一日。
朝から夕方までの様子がのんびり、ゆったり描かれています。
文字が少なく、どっぷり絵の世界につかれる…。
この本を読んでいるときは、時間がゆっくり流れるような別世界があります。

 

子ども達もかばくんのいろいろな描かれ方に見入って、動物園に行ったような気持ちでいました。
長く長く愛される本だと思います。
(かがやきさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

人間のことなんておかまいなしに、マイペースなかばくん。
そんなかばくんにかける少年の言葉が妙に面白い。
なんだかここだけ時間の流れが他とは違っているようです。

 

かばって、ほんといつ見ても、寝てるだけだったりしますけど、
なんだかそんなのんびりもいいな~って思えます。
他にはない雰囲気の絵本で、私は好きです。

 

息子はとにかくでっかいお口でキャベツを食べるところがお気に入り。
「かばさん 大きなおくちでたたべてるね~」
と感心しきりです。
(りらまいりらさん 30代・ママ 男の子2歳)

関連書籍『かばくんのふね』

かばくんのふね

かばくんのふね

ぷつん、ぽとん、ぽしゃ。動物園にどんどん雨が降って、洪水になりました。キリンもカンガルーも小さい動物たちも、子どもをつれて、かばくんに乗せてもらおうとやってきました。かばくんは背中に動物たちを乗せて、安全な場所に運びます。やがてお天気になって……。リズミカルで味わいのある文と絵ののどかな絵本です。

https://www.ehonnavi.net/ehon/7665/%E3%81%8B%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%AD/

『かばくん』と合わせて読みたい【3歳におすすめ絵本】

おおきくなるっていうことは

おおきくなるっていうことは

服が小さくなったり、自分より小さな人にやさしくなれたり─大きくなった喜びがいっぱい!

3歳の子にはどんな絵本がおすすめなの?

情緒が発達し、感情表現が豊かになってくるこの頃。好きなものや嫌いなものがはっきりとしてきて、想像力だってついてきます。シンプルなストーリーも理解できるようになり、いよいよ楽しいお話の世界の入り口に! 色々なタイプの絵本がある中で、長さに関係なく、お気に入りものができたら繰り返し読んであげてくださいね。

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

https://club.ehonnavi.net/courses/infant/sub_courses/%EF%BC%93%E6%AD%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9

ここで紹介した絵本を、ご家庭やオフィスに毎月お届けする定期購読サービスがあります。
絵本ナビの「絵本クラブ」、お届けするのは「幸せな時間」です。

 

今回ご紹介した『かばくん』は絵本クラブ3歳コース3月の配本です。
3月配本スタート の入会受付は 2月28日 まで。

https://club.ehonnavi.net/
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください