スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   もう読んだ? (ベストセラー編)   >   『おおきなかぶ』絵本の楽しみ方を知りたいならこの一冊!
もう読んだ? (ベストセラー編)

『おおきなかぶ』絵本の楽しみ方を知りたいならこの一冊!

「うんとこしょ どっこいしょ」発売から50年以上経った今も変わらず子どもたちを楽しませてくれる絵本『おおきなかぶ』

「ねずみが ねこを ひっぱって、
 ねこが いぬを ひっぱって、
 いぬが まごを ひっぱって、
 まごが おばあさんを ひっぱって、
 おばあさんが おじいさんを ひっぱって、
 おじいさんが かぶを ひっぱって――」

 

試しに声に出して読んでみてください。
すると、自然に頭の中に絵が浮かんできませんか?
ねずみと、猫と、犬と、孫と、おばあさんと、おじいさんが
一列になって、一生懸命に「大きなかぶ」を引っぱっている様子が。

 

もちろん、あの「懐かしい絵本」を思い出す人も多いでしょう。
思い出した上で、やっぱりこの図式は面白いのです。
愉快なのです。

 

それだけ馴染みがあり、みんなが大好きだったお話です。
かぶを抜く時のかけ声はもちろん…?

おおきなかぶ

おおきなかぶ

「うんとこしょ どっこいしょ」

この耳馴染みのあるフレーズは、ロングセラー絵本『おおきなかぶ』に登場する掛け声です。有名なロシアの昔話を内田莉莎子の訳、佐藤忠良の絵によって誕生したこの絵本、発売から50年以上経った今も変わらず子どもたちを楽しませてくれています。

ストーリーは、おじいさんがかぶを植えるところから始まります。
「あまい あまい かぶになれ。
 おおきな おおきな かぶになれ」
おじいさんの声かけの通り、それはそれは立派なかぶが育ちます。
ところが、とてつもなく大きなかぶは、おじいさんが抜こうとしてもびくともしないのです。

そこで、おじいさんはおばあさんを呼んできて、一緒に抜こうとします。
「うんとこしょ どっこいしょ」
ところが、かぶは抜けません。
今度は、おばあさんが孫を呼んできて、三人で一緒に抜こうとします。
「うんとこしょ どっこいしょ」
ところが、かぶは抜けません。
そこで、孫は犬を呼び、犬は猫を呼び、とうとうねずみを呼んできますが…。

この絵本が小さな子どもたちから絶大な人気を得ている秘密は、この繰り返し。おじいさんだけでも、おばあさんだけでも、孫だけでもダメ。犬が来て、猫が来て、一生懸命かぶを引っぱる。だけどやっぱりダメ。流れはわかっていても、子どもたちは嬉しいのです。

「うんとこしょ どっこいしょ」の掛け声も、もちろん重要なポイントですよね。親子で読むときは、一緒に揺れて。みんなで読むときは、大合唱して。

さらにこの絵本を魅力的にしているのは、彫刻家佐藤忠良によるダイナミックな絵。構図の素晴らしさは言うまでもないのですが、改めてよく見てみると、おじいさん達が意外な程にチャーミングに描かれているのです。かぶだって、本当に美味しそう。きっと、読んでもらっている子ども達は、大人が思っている以上に画面の隅々まで堪能していることでしょうね。

いつの時代も、何回だって読みたくなる一冊です。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/240/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%B6/
https://www.ehonnavi.net/ehon/240/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%B6/

声に出して読んで、ページをめくってストーリーが進み、繰り返しを楽しみ、一緒にかけ声をかけながら読む。「絵本」だから面白いのだと、改めて感じることのできる一冊なのは間違いありませんね。

【ママとパパの声より】パパの足がかぶに!!

パパの足がかぶに!!
最近、子どものお気に入りになった本です。昔からの有名なほんですが、子どもの反応をみていると長い間読み継がれていくのもわかる気がします。

最初は、おじいさん一人が引っ張りますが、抜けないのでおばあさんに手伝ってもらいます。
最後はねずみにまで手伝ってもらうのですが、
「~~おばあさんをひっぱって、~~まごをひぱって…」と調子よい言葉の響きがどうやら面白いらしく、子どもはにんまりしながら聞いてます。
「うんとこしょ、どっこいしょ。」という掛け声も調子よいので、好きみたい。

そして、読み終えると、隣で横になっているパパの足を、「うんとこしょ、どっこいしょ」と言いながら引っ張っるんです。
しかも、どうやら自分ひとりでは抜けない様子で、必ず私を呼びます。
私に余裕があるときは、部屋にある猫やペンギンのぬいぐるみにも手伝ってもらって引っ張ります。
子どもって、すぐに物語に溶け込んじゃうから、ホントおもしろいなぁって思います。
(デデ子さん 30代・ママ 男の子2歳)

みんなの一体感が楽しい!
だれもが知っているこの作品。
何度聞いても、何十回聞いても飽きることなく、もう一回読んで!!とリクエストしていたものです。
この絵本の魅力は、なんといっても繰り返しの楽しさだと思います。
結果が分かっているのに、何度も何度も
「うんとこしょ、どっこいしょ」
この掛け声があるおかげで、まるで自分も一緒にかぶをひっぱっている気分になります。
読み手と、聞き手の一体感が抜群の絵本だと思います。
(おかぽんさん 20代)

合わせておすすめ!絵本ナビ限定商品「おおきなかぶ マグカップ」

【絵本ナビ限定】ロングセラー絵本マグカップ おおきなかぶ
【絵本ナビ限定】ロングセラー絵本マグカップ おおきなかぶ

【絵本ナビ限定商品6か月リレー企画!】
福音館書店の6冊のロングセラー絵本が、1ヵ月に1つ、マグカップになって登場します!

大好きな絵本が次々にマグカップになるという、夢のような企画が2018年2月からスタートしました。第二弾は、多くの方に長く愛され続けている絵本『おおきなかぶ』です!
見た目はホーローのようなテイストですが、美濃焼で作られたずっしりと頼もしいマグカップです。マグカップの中の色は、おばあさんの洋服の色と相性の良い落ち着きを感じるピンク色。品質もデザインも良いものに仕上がりました。

たっぷり飲み物が入るのもおすすめのポイント。お家でゆったり過ごしたり、オフィスでのリフレッシュタイムのお供にしたり、様々なところで使ってくださいね。
マグカップに描かれているのは、いよいよかぶが抜ける前の、ねずみも登場した場面。「うんとこしょ どっこいしょ」と声が聞こえてきそうですね。

絵本『おおきなかぶ』が大好きな方へのプレゼントにもおすすめですし、自分用にご褒美としてぜひ手に取っていただきたいマグカップです。絵本とセットで贈り物にするのも良いですね。

【絵本ナビ限定商品6か月リレー企画!】
福音館書店の6冊のロングセラー絵本が、1ヵ月に1つ、マグカップになって登場します!

大好きな絵本が次々にマグカップになるという、夢のような企画が2018年2月からスタートしました。第二弾は、多くの方に長く愛され続けている絵本『おおきなかぶ』です!
見た目はホーローのようなテイストですが、美濃焼で作られたずっしりと頼もしいマグカップです。マグカップの中の色は、おばあさんの洋服の色と相性の良い落ち着きを感じるピンク色。品質もデザインも良いものに仕上がりました。

たっぷり飲み物が入るのもおすすめのポイント。お家でゆったり過ごしたり、オフィスでのリフレッシュタイムのお供にしたり、様々なところで使ってくださいね。
マグカップに描かれているのは、いよいよかぶが抜ける前の、ねずみも登場した場面。「うんとこしょ どっこいしょ」と声が聞こえてきそうですね。

絵本『おおきなかぶ』が大好きな方へのプレゼントにもおすすめですし、自分用にご褒美としてぜひ手に取っていただきたいマグカップです。絵本とセットで贈り物にするのも良いですね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください