スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2019   >   23年ぶり最新刊『ドラえもん 0巻』6種類の第1話の読み比べができる、話題のコミック
絵本ナビニュース2019

23年ぶり最新刊『ドラえもん 0巻』6種類の第1話の読み比べができる、話題のコミック

異例の2度の発売前重版に続き、発売初日にさらなる大重版を決定した「ドラえもん」0(ゼロ)巻!

11月27日(水)発売となった『ドラえもん』0(ゼロ)巻。
23年ぶりの新刊ということで、発売前から注目されました。書店には予約が殺到し、発売前緊急重版を2度行うことが決定。小学館のコミックスで、発売前緊急重版を2度行うのは今世紀初だそうです。

発売後も記録的な売れ行きを見せています。都内の書店では問い合わせや取り置き依頼が殺到し、完売するお店も出てきています。絵本ナビでも緊急入荷しました。数が限られますので気になる方はお早めにお買い物くださいね。

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=128014

■発売即日大重版決定を受けての、担当編集・徳山雅記(小学館・ドラえもんルーム)さんからのコメント
「発売と同時に、みな様から大きな反響が伝わってきて我々も感動しています。予想以上の反響で、手に入れづらい方もいらっしゃるようですが、必ずお届けできるよう対応していますので、楽しみにお待ちください。
『ドラえもん』久々の新刊ということで手に取られた方も多いと思いますが、特別収録の”創作秘話”「ドラえもん誕生」では、当時、藤子・F・不二雄先生がいかにして、ゼロから作品を生み出されたかが描かれています。そのもがくような苦労と喜びを、ぐっと身近に感じてもらえたらうれしいです!」

『ドラえもん』0巻について

ドラえもん 0巻

6種類の「幻の第1話」が一堂に集結!

誕生50周年にちなみ、全6種類の「ドラえもん」第1話を初出バージョン&完全カラーで収録。しめ切りギリギリになってもタイトルも主人公も決まっていなかったという伝説の予告や、作者自身による創作秘話まんが「ドラえもん誕生」も新書判コミックス初収録!貴重な写真と資料でおくる巻末解説も充実!

【編集担当からのおすすめ情報】
「全45巻収録作品一覧」も巻末に収録。てんとう虫コミックス1巻の隣にぜひ並べて置いてください。

『ドラえもん』は、小学館の「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」という雑誌6誌の1970年1月号で連載がスタートしました。そのため、各雑誌の対象読者別に描き分けられた6種類の第1話が存在しますが、てんとう虫コミックス第1巻には「小学四年生」版を、加筆・修正したものが収録されています。

「小学二年生」版第1話、「幼稚園」版第1話トビラ(左より)

今回、ドラえもん50周年を記念して発売が決定した「0巻」には、その6種類の第1話を当時の掲載時ほぼそのままに収録し、読み比べができる形となっています。

 

また、「0巻」には、「ドラえもん 伝説の予告ページ」も当時の状態で収録しています。これは、『ドラえもん』連載開始号の前号に掲載する予告ページの締切までに藤子・F・不二雄先生が作品のアイデアを思いつかず、「出た!」というフキダシで主人公の姿を描かずに告知したものと言われています。

加えて、藤子・F・不二雄先生による伝説のドキュメンタリーまんが『ドラえもん誕生』もてんとう虫コミックスに初収録しています。

このほか、『ドラえもん』の連載が開始された当時の背景を解説する記事ページも満載です。

ドラえもんがいかにして誕生したのかがわかるメモリアルな1冊となる「0巻」は、てんとう虫コミックス『ドラえもん』としては、1996年の第45巻発売以来、実に23年ぶりの奇跡の最新刊となります。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください