絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2020   >   「デジタルえほんアワード2020」12月18日まで作品募集中!
絵本ナビニュース2020

「デジタルえほんアワード2020」12月18日まで作品募集中!

「デジタルえほんアワード2020」作品募集中

国際デジタルえほんフェア実行委員会(東京都新宿区)は、「デジタルえほんアワード2020」の作品募集を2020年10月22日より開始しています。

「デジタルえほんアワード」とは、子ども向けデジタル表現の総称である「デジタルえほん」という新しい表現手法の開拓と発展を目指して設立し、2019年には世界34ヵ国から応募があり、年々国際的なアワードへと成長しています。

 

今年は、「遊びと学び」をコンセプトにした子どものための新しい動画配信プラットフォームをリリース予定のラフ&ピースマザーとの共催のもと、より幅広い「デジタルえほん」の価値を発信しています。応募期間は2020年12月18日までとなっており、エントリー方法など詳細は公式サイトにてご確認ください。

開催概要

【審査基準】 「たのしい! みたことがない! 世界が広がる!」 応募方法や詳細については公式HPをご参照ください。 http://www.digitalehonaward.net/

【募集締め切り】 2020年12月18日(金)

豪華審査員

審査には、様々な分野の第一線で活躍されている豪華審査員を招き、厳選なる審査を経て、 こどもたちの創造力を育む良質なデジタルえほんを表彰します。

【審査員】※敬称略、五十音順

いしかわこうじ /絵本作家

角川歴彦 /株式会社KADOKAWA 取締役会長

川村 真司 / Whatever チーフクリエイティブオフィサー

きむらゆういち /絵本作家

木村祐一 /お笑い芸人

季里 /女子美術大学アート・デザイン表現学科 メディア表現領域教授

榊原洋一 /医学博士・お茶の水女子大学名誉教授

矢部 太郎(カラテカ)/お笑い芸人・漫画家

石戸 奈々子 /国際デジタルえほんフェア実行委員長・ NPO法人CANVAS理事長・慶應義塾大学教授

藤形正敬 / 株式会社ラフ&ピースマザー 取締役

賞典について

  • グランプリ
  • 準グランプリ
  • ラフ&ピース マザー賞
  • 審査員特別賞 ・キッズ賞

推進体制

主催:国際デジタルえほんフェア実行委員会

共催:NPO法人CANVAS

        ラフ&ピースマザー

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください