絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   思い出いっぱいできたね…卒園おめでとう!

思い出いっぱいできたね…卒園おめでとう!

 

あんなに小さくて、泣いてばかりいたあの子が。
今日はなんだかとっても大きく見えて。
きみのことが誇らしいよ。

 

……卒園、おめでとう!

沢山の元気、勇気、笑顔、ありがとう。そして…

そしておめでとう

舞台は幼稚園。おかあさんのうしろに隠れて泣いていたあの子も、今は強い子、優しい子に。今日は卒園式、こんなに大きくなりました。

お絵描き、お砂場、お弁当。
お友だちと過ごす園での生活は、みんな楽しくて忘れない。
けんかもしたけど、すぐ仲直り。
色んなことして遊んだね。

さよならするのは、さみしいけれど。
悲しい時には、みんなで歌ったあの歌を思い出してね。
沢山の元気、勇気、笑顔、ありがとう。

「そして、おめでとう」

入園から卒園までの思い出をつづった詩「そして おめでとう」は、NHK「おかあさんといっしょ」8代目体操のお兄さん(74~87年)をつとめたセトちゃんこと、瀬戸口清文さんが遺された卒園ソング。言葉の端々から感じるのは、小さな子どもたちの成長を見つめるその優しい眼差し。絵本作家・えがしらみちこさんの素敵な絵によって、愛らしくも華やかな絵本になりました。何よりも、色々な場面で、様々な表情を見せてくれる、子どもたちの姿が魅力的!

誰もが迎える卒園シーズンに。この歌と絵本を一緒に贈って、お祝いしてあげてくださいね。見返しには楽譜と歌詞も掲載されています。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/160120/%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86/
https://www.ehonnavi.net/ehon/160120/%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86/
https://www.ehonnavi.net/ehon/160120/%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%A8%E3%81%86/

きみがやりたいことは、きみがきめるんだ。

おおきくなったらきみはなんになる?

保育園アドバイザー歴17年の絵本作家・藤本ともひこさんが、
毎年、卒園式で子どもたちに語りかけてきた言葉が絵本になりました。

おおきくなったら、きみはなんになる?
なりたいものは、きっと、いっぱいあって、みんなちがう。

いろんなことをやっているうちに、
すきなものを、みつけることがある。

だれかがむりだって、いうかもしれない。
でも、そんなのかんけいない。

きみがやりたいことは、きみがきめるんだ。
きみがやりたいことを、きみがやるんだ。

卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。

がっこうへいっても…

みんなともだち

園で友だちいっぱいできて、楽しいことがたくさんあった。卒園しても、ずっとずっと友だち!
 

https://www.ehonnavi.net/ehon/2495/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%A0%E3%81%A1/

親の方が泣けます…

息子が幼稚園で借りてきました。大好きなピーマン村の絵本の、最終章ともいえる卒園がテーマです。
私はこの歌を知らなかったのですが、最後に楽譜が付いているので、ピアノを弾いて息子と一緒に歌いました。
ちょっととぼけた園長先生も、優しくきれいな女の先生も涙ぐんでいます。でも、子供たちはみんな元気に笑っています。

みんなともだち ずっとずっとともだち

これは、大人が自分自身に言い聞かせている言葉だと思います。
子供は振り返る事をしません。いつも前を向いています。
ですから、現実には、ずっと友達のままでいる友達もいれば、疎遠になって、いつか忘れてしまう友達もいるのです。
だからこそ、あの、園での輝くような時を忘れないで、
どうかみんな、ずっとずっと、友達でいてね。
そんな願いが込められているように思えます。

息子は、この春年長になります。
卒園の頃でなくてよかった。
卒園前に読んだら、きっと私の方が泣いてしまった事でしょう。
(けいぼんさん 40代・ママ 男の子5歳)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください