絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2021   >   刀根里衣さん×マレーク・ベロニカさん「日本とハンガリーの絵本作家による往復書簡プロジェクト」
絵本ナビニュース2021

刀根里衣さん×マレーク・ベロニカさん「日本とハンガリーの絵本作家による往復書簡プロジェクト」

日本とハンガリーの絵本作家による手紙の交換

国際交流基金ブダペスト日本文化センターのウェブサイトにて、刀根里衣さんとマレー ク・ベロニカさん、ふたりの絵本作家の往復書簡の交流がハンガリー語、英語、日本語で公開されています。

 

新型コロナウイルス感染拡大から1年以上が経ち、様々なコミュニケーションがオンライン化されている現在。国際交流基金ブダペスト日本文化センターでは、オンラインでありながら「温かさ」を感じられる事業として「日本とハンガリーの絵本作家の往復書簡プロジェクト」を実施しています。

この事業では、日本人絵本作家の刀根里衣さんとハンガリーの著名な絵本作家であるマレーク・ベロニカさんのおふたりが、絵本の役割や魅力、作家たちが次世代に伝えようとしていること、日本やハンガリーの子どもをとりまく環境や文化などについて「手紙」というツールを通して交流しています。

刀根里衣(とね さとえ)

 

2011 年絵本作家デビュー。2012 年に絵本作家 の登竜門ともいわれるボローニャ国際絵本原 画展に入選し、2013 年には同原画展において 国際イラストレーション賞を受賞。作品は各 国語に翻訳され、ハンガリー語では『ぴっぽ のたび(2014 年、洪題『Pipó utazása』)』、 『きみへのおくりもの(2016 年、洪題『Ahol a szív dobban』)』が翻訳出版されている。

マレーク・べロニカ(Marék Veronika)

 

ハンガリー人絵本作家。作品は各国語に翻訳され、日本では『ラチとらいおん』『ボリボン』(ともに福音館書店)、「キップコップ」シリーズ(風濤社)などが親しまれている。83 歳になる現在も精力的に執筆活動を続ける。 

刀根さんがマレークさんに宛てた手紙の中に、こんな一文があります。

現在、先進国は消費社会となり、どんどん新しいものが世の中に出てきて残念なことに 使い捨てが当たり前の時代となってしまいました。その中で、変わらず長い間愛されている 絵本という存在は特別な気がします。

マレークさんは、どのようなお返事を刀根さんに書かれたのでしょうか?

 

手紙は1ヶ月に1通のペースでの公開が予定されています。

ぜひサイトを訪れて、おふたりの絵本や創作に対する思いが詰まった交流、おふたりからのメッセージを味わってみてくださいね。

https://japanalapitvany.hu/ja/%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E5%BE%80%E5%BE%A9%E6%9B%B8%E7%B0%A1%EF%BD%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%89%8B%E7%B4%99%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%8F%9B%EF%BD%9E

 

 

http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=111 「ブルンミとアンニパンニ」シリーズマレーク・ベロニカさんインタビュー
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=172 刀根里衣作『なんにもできなかったとり』新刊記念インタビュー 
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください