絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2021   >   ロングセラー幼年童話「たんた」シリーズ改訂版&50周年特別セットが発売に!
絵本ナビニュース2021

ロングセラー幼年童話「たんた」シリーズ改訂版&50周年特別セットが発売に!

「たんた」シリーズ改訂版と50周年特別セットが発売になりました。

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=8959
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=593

学研プラスから、2021年11月11日(木)に「ぐりとぐら」でおなじみの、中川李枝子さん(作)・山脇百合子さん(絵)による幼年童話『たんたのたんけん』『たんたのたんてい』の発刊50周年を記念し、色あざやかなイラストと、読みやすいフォントで生まれかわった改訂版が発売されました。改訂によせ、中川李枝子さんのあとがきも新たに追加。特別なアニバーサリー企画として、プレゼントにぴったりの2冊セットも同時発売です。

『たんたのたんけん 改訂版』

たんたのたんけん 改訂版

八月二十九日はたんたの誕生日です。その日、どこからかふしぎな地図がまいこみました。矢印や△印の書いてある、たんけん地図のようです。さっそく、たんたはたんけんに出発です。すると、どこからか、へんなひょうの子があらわれて……。50周年改訂版。

『たんたのたんてい 改訂版』

たんたのたんてい 改訂版

朝早く、たんたが郵便受けにいくと新聞がなく、かわりにでこぼこチューブが?!次がきえかけで『に・じ・ は・がき』としか読めません。だれのしわざ? さっそく虫めがねをもって、ウサギ、ネコ、キツネの家へ……なぞをときながらたんていする楽しい童話。

親子3世代に愛されてきた「たんた」シリーズ

くりのきまちに住む男の子“たんた”と、個性豊かな動物たちが繰りひろげるゆかいな物語は、1971年の初版発行から親子3世代にわたって愛されてきました。空想の世界のお話だけれど、題材は、子どもたちにとって身近な出来事。そんな、どこか手の届きそうな2つの冒険ストーリーには、子どもたちの等身大の喜びとわくわくがつまっています。

おもちゃ屋で買った望遠鏡をのぞく2人。…『たんたのたんけん』より
郵便受けから新聞を持っていったのは、だれ?…『たんたのたんてい』より

読みやすくなった改訂版には、中川李枝子さんのあとがきも追加

改訂版では、イラスト本来の美しさを最新技術で色あざやかに再現。また、厳選されたフォントで、さらに読みやすくなりました。
巻末には、作者・中川李枝子さんのあとがきを新たに追加。ファンにはたまらない制作秘話や、50周年によせた読者へのメッセージがたっぷり読めます。

木々の緑の色合いも、さらに美しくなりました
文字のぬくもりと読みやすさ、どちらも重視したフォントを使用

プレゼントにも! 50周年記念の特別セットが同時発売

改訂版2冊が入った『たんたのおはなし 50周年特別セット』のケースは、赤がトレードマークのにぎやかなデザイン。お話は、ひとり読みや、読み聞かせにもぴったりなので、子どもたちへのクリスマスプレゼントにも最適です。封入されている2種類の特製ポストカードは、実際に送っても、保存版としてとっておいても。

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=172678 50周年特別デザインのセットケース。(イメージ)
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=172678 プレゼントや、自分へのご褒美にぴったり!

『たんたのおはなし50周年特別セット』

たんたのおはなし50周年特別セット

発刊50周年を記念し、愛され続ける名作『たんたのたんけん』『たんたのたんてい』改訂版2冊をセットに。なぞを追いかける小さな冒険物語には、等身大の子どもの気持ちに寄りそった喜びがたくさん詰まっています。オリジナルケースに特製ポストカード付き。

書籍紹介

『たんたのたんけん 改訂版』
『たんたのたんてい 改訂版』
『たんたのおはなし50周年特別セット』

作:中川李枝子 絵:山脇百合子
発売日:2021年11月11日(木)
判型:B5変型判
定価:
『たんたのたんけん 改訂版』1,210円(本体1,100円+税10%)
『たんたのたんてい 改訂版』1,210円(本体1,100円+税10%)
『たんたのおはなし50周年特別セット』2,420円(本体2,200円+税10%)
ISBN:
『たんたのたんけん 改訂版』978-4-05-205453-2
『たんたのたんてい 改訂版』978-4-05-205454-9
『たんたのおはなし50周年特別セット』978-4-05-811587-9

発行所:(株)学研プラス

著者プロフィール

著:中川李枝子

作家。1935年札幌生まれ。東京都立高等保母学院卒業後、「みどり保育園」の主任保母になる。72年まで17年間勤めた。62年に出版した『いやいやえん』で厚生大臣賞、NHK児童文学奨励賞、サンケイ児童出版文化賞、野間児童文芸賞推奨作品賞を受賞。翌年『ぐりとぐら』刊行。『子犬のロクがやってきた』で毎日出版文化賞受賞。主な著書に絵本『ぐりとぐら』シリーズ、『そらいろのたね』『ももいろのきりん』、童話『かえるのエルタ』、エッセイ『絵本と私』『本・子ども・絵本』。映画「となりのトトロ」の楽曲「さんぽ」の作詞でも知られる。2013年菊池寛賞受賞。『ぐりとぐら』は現在まで10カ国語に翻訳されている。

 

絵:山脇百合子

1941年東京生まれ。上智大学フランス語科卒業。旧姓大村百合子。高校三年の時より童話の挿絵や絵本の仕事を多くてがけ、明るく楽しい絵で子どもたちの心を魅了している。主な作品に、実姉中川李枝子氏とのコンビで「いやいやえん」「かえるのエルタ」「おひさまはらっぱ」「ぐりとぐら」シリーズ、「なぞなぞえほん」「くまさん くまさん」、自作絵本に「そらをとんだけいこのあやとり」「やまわきゆりこのあかちゃん日記」「やまわきゆりこのデイブック」などがある。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください