絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2021   >   絵本『まっくろ』刊行記念 オンライントークイベント12月13日開催!
絵本ナビニュース2021

絵本『まっくろ』刊行記念 オンライントークイベント12月13日開催!

『まっくろ』刊行記念 高崎卓馬×黒井健オンライントークイベント

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=167967

講談社から2021年9月24日に絵本『まっくろ』が発売されました。『まっくろ』刊行を記念して高崎卓馬さん×黒井健さんのオンライントークイベントが2021年12月13日に開催されます。

まっくろ

何枚も何日も画用紙を黒く塗りつぶし続ける男の子。ついに塗りつぶすのをやめたときに、うまれたものは……? 想像力・創造力を考える絵本。

読み聞かせ4歳から。ひとり読み6歳から。

「子どもも大人も、こころに思ったものを描くために」

子どもの想像力を描いた絵本『まっくろ』は、アマゾンや楽天ブックスの絵本ジャンルで堂々の1位に輝くなど、今、注目を集めています。
2002年、あるCMを見た絵本作家の黒井健さんは、ぐっと心をつかまれました。机に向かって、くる日もくる日も画用紙を黒くぬりつぶす男の子の姿。いったいこの子のなかでは何がおきているのか?
このCM「imagination/クジラ 子供から創造力を奪わないでください」(ACジャパン)は、アジア太平洋広告祭グランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、クリオ賞銅賞、ニューヨーク ADC賞銀賞などを受賞し、当時、大人たちに衝撃をあたえました。
それから20年。CM制作者であり絵本の文を担当した高崎卓馬さんと、絵を描いた黒井健さんのお二人によるトークイベントが実現します。広告業界と絵本業界、各々異なるクリエイティブの世界でご活躍されるお二人が、人間の想像力や可能性について語り合います。
業界でも異例の歳月をかけて取り組んだ、絵本化への試行錯誤とは? 一冊にこめられたストーリーやメッセージとは? 大人になっても想像力を広げるクリエイターお二人の、これまで語られることのなかった制作秘話や本音トークにもご期待くださいね。

出演者プロフィール

作:高崎卓馬(たかさき たくま)
1969年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。クリエーティブ・ディレクター、小説家。ACジャパン創設30周年CM「 IMAGINATION/WHALE」で海外の広告賞を多数受賞。小説に『はるかかけら』『オートリバース』などがある。

絵:黒井健(くろい けん)
1947年、新潟県生まれ。新潟大学教育学部卒業。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『あのね、サンタの国ではね…』「ころわん」シリーズなどがある。2003年山梨県の清里に「黒井健絵本ハウス」を設立。

イベントの詳細・ご予約

https://bookandbeer.com/event/20211213_makkuro/

 

※本イベントはリアルタイム配信と見逃し配信(1ヶ月間)でご参加いただけるイベントです。
※参加費
・配信参加 1,650円(税込)
・配信参加+おふたりのサイン入り書籍(『まっくろ』)1,650円+1,760円(税込)
・配信参加+サインなし書籍(『まっくろ』)1,650円+1,760円(税込)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください