絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2022   >   『はっぴーなっつ』荒井良二の季節を旅する絵本!絵本原画展3月11日(金)より開催
絵本ナビニュース2022

『はっぴーなっつ』荒井良二の季節を旅する絵本!絵本原画展3月11日(金)より開催

季節を旅する絵本『はっぴーなっつ』

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=174193

ブロンズ新社から、荒井良二さん作『はっぴーなっつ』が3月4日(金)に発売されました。

著者の荒井良二さんは、「絵本界のノーベル賞」と言われるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人で初めて受賞するなど国内外で活躍する絵本作家です。本書は、春からはじまり夏秋冬とめぐりくる季節のなかに感じる喜びや幸福を、荒井さん独自のユーモアと色彩豊かな絵で描いています。タイトルの『はっぴーなっつ』は、幸福の「ハッピー」と荒井さんが子どものころから愛読し影響を受けてきたスヌーピーのコミック「ピーナッツ」をかけわせた造語です。鮮やかでダイナミックな構図の絵と、コミックのコマ割りを融合させて展開する本書は、「ピーナッツ」の著者 チャールズ M.シュルツ氏への敬意を込めたオマージュ作でもあります。あたらしい季節のはじまりが待ち遠しくなるような、希望と幸福感に満ちた絵本に仕上がりました。

刊行を記念して、3月11日(金)よりブロンズ新社ギャラリー「青銅Room J」(東京都渋谷区)で絵本原画展が開催されます。ぜひお立ち寄りくださいね。

はっぴーなっつ

わたしの耳は、ときどき遠くへ旅をするんだよ。ほんとだよ。朝早くにベッドの中で耳をすませば、きこえる、きこえる。

とりの声や、やさしい風の音、明るくなる空の音に、配達の音。バスが走り出せば、ボートも動き出し、さかながピョンとはねて、ミツバチがとんで。それからそれから……わたしの目をひらかせてくれる。

「おはよう!春ですよ!」

夏がくれば、部屋の中に雲が入ってきて、そこかしこに夏のにおいをふりまくの。気がつけば、いつの間にかわたしはすっかり夏のこども。秋からは、招待状が届きますよ。嬉しくて嬉しくて。ポケットにいれて、出かけます。そして冬はとっても静か。ロウソクに火を灯すと……。

「わたし」のまわりのあちこちに隠れているのは、移り変わる季節の小さな「けはい」。それをたぐり寄せていくことが、こんなにも嬉しくて、こんなにも心を浮き立たせてくれるものだったなんて。この気持ち、なんだかずっと忘れていたみたい。

タイトルの「はっぴーなっつ」は、幸福の「ハッピー」と、作者の荒井良二さんが子どもの頃から愛読されていたスヌーピーの「ピーナッツ」とをかけ合わせた造語なのだそう。その表現も、コマ割りで細かくユーモラスに描かれる部分と、明るい色彩で画面いっぱいに描かれた幸福感あふれる絵が交互に現れ、オマージュと個性が融合した、とても新しい表現となっているのです。

晴れ渡った空のような背景の色。そこに立つ黄色いワンピースを着た女の子。一度でもこの絵本を体験すれば、表紙を見ているだけで、心があっという間にどこかへ飛んでいってしまいそうな気分にさせられます。そのくらい愛らしく、幸せな1冊です。今日とは違う明日がきて、去年とは違う春がくる。そんな希望がたくさんの子どもたちに届きますように。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

書籍紹介

『はっぴーなっつ』 

作:荒井良二 
発売日:2022年3月4日(金)
定価:1,540円(税込)
販売:全国の書店などで販売
頁数:32ページ
版型:257×205mm上製

あらすじ紹介

「わたしのみみは、ときどき とおくへ たびをするんだよ・・・」
かすかな春の音をいちはやく聞きとり、春ですよ!って目をひらかせてくれる――。
あたらしい季節のはじまりには、とびっきりのはっぴーがつまってる!

刊行記念『はっぴーなっつ』絵本原画展

【会期】
3月11日(金)、12日(土)、13日(日)、18日(金)、19日(土)、20日(日)、25日(金)、26日(土)、27日(日)
全日程 13:00~18:00

 

【会場】
ブロンズ新社ギャラリー「青銅Room J」
(東京都渋谷区神宮前6-31-15 マンション31 3C)
https://goo.gl/maps/wjEVcWRHqHfwZDZV6

 

【荒井良二さん在廊日】
3月11日(金) 15:00頃~

【荒井良二さんオンライントークイベント】
3月11日(金) 18:30頃~
Instagram(@bronzeshinsha)にてライブ配信
※開始時間は前後する可能性があります。
※アーカイブ配信も予定しています。

 

原画展の会期中、喫茶シーモアグラス(東京都渋谷区)でもパネル展を同時開催します。
2会場をめぐるスタンプラリーや素敵なプレゼントもご用意しています。
詳しくはブロンズ新社HPよりご確認ください。

▼詳細はこちら
https://www.bronze.co.jp/news/2022/02/post-228.html

著者プロフィール

作:荒井良二
1956年、山形県生まれ。2005年アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人として初めて受賞するなど、国内外で高い評価を得ている。絵本に『たいようオルガン』『あさになったのでまどをあけますよ』『きょうはそらにまるいつき』(偕成社)、『こどもたちはまっている』(亜紀書房)、『はじまり はじまり』(ブロンズ新社)など多数。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください