絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】子どもたちの成長を祝い、応援する絵本
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】子どもたちの成長を祝い、応援する絵本

3月16日~3月22日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

今年、卒園・卒業を迎える子どもたち、学年がひとつ上がる子どもたち、おめでとうございます。
大事な時期の式や行事が縮小・中止となってしまったご家庭も多いことと思いますが、子どもたちのここまでの成長を思いっきり祝ってあげたいですよね。今週は、節目に差し掛かっている子どもたちに読んであげたい絵本や本を集めました。
子どもたちの成長を祝う熱い「読者の声」もたっぷり交えながらお届けします!

3月16日 きみの心のうたが みんなにひびきますように

月曜日は『はじまりの日』

はじまりの日

出版社からの内容紹介

"ボブ・ディランの名曲『Forever Young』に、詩人アーサー・ビナードの訳詩と、新たに爽やかな絵が加わって、
希望あふれる絵本になりました!『Forever Young』は、1974年に発表されてから老若男女にうたわれてきた、
子どもを思うあたたかな名曲。これまで正式な日本語訳がなかったこの曲を、アメリカ生まれの日本語の詩人
アーサー・ビナードが歌える日本語訳にしました。ロックの歴史的名曲と絵本の新しい出会いを味わえる絵本。

読者の声より

下の娘が通う小学校で読み聞かせをしています。

毎回違う学年の読み聞かせをしていますが、
今日は娘の学年6年生を担当しました。
6年生に読むのは、今年度最後なので、
何かこれから前に進むためのメッセージ的な本がいいなと思い、
この本を選びました。
力強くて、説得力があって、とってもいいと思います。

最初にちょっとおもしろい本(まくらのせんにん そこのあなたの巻)を
読んでから、この本を読みました。

みんな、静かに聴いてくれました。
伝わったかな?

これから夢に向かってどんどん進んで欲しいと思います。
(みまりさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子12歳)

読者の声より

はじまりの日。タイトルにひかれて読んでみました。そしたら、ボブ・ディランの曲「Forever Young」の歌詞を日本語訳したものだったんですね。ボブの息子への思いがことばになって伝わってきて、あたたかい気持ちになれました。
実際に曲を聴きながら読むと、もっと感慨深いものになると思います。また、絵に描かれたボブにちなんだものごと・人物を見つけるのも楽しいんです。巻末に、絵の解説があるので、それを見ながら読み進めていくこともできます。
一冊では彼の人となりは語れないと思いますが、彼の優しさがいっぱいつまった一冊です。ぜひ、手にとって「愛」や「平和」を感じてみてください。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

3月17日 きみは6さい。かぞくのたからもの。

火曜日は『6さいのきみへ』

6さいのきみへ

出版社からの内容紹介

「きみは宝物」と伝える本

きみが6才になるまでに、いろいろなことがあったね。
泣いてばかりだったきみ、好き嫌いがひどかったきみ、ボタンがなかなかはめられなかったきみ…でも、今は、とても素敵な6才。パパもママもきみのことが誇らしくて、まぶしい。卒園・入学おめでとう!!
…という気持ちを大切なお子様に伝える絵本ができました。

文章は、ベストセラー『子どもへのまなざし』著者の精神科医、佐々木正美さん。絵は、『魔女の宅急便』『魔法使いハウルと火の悪魔』などのイラストで人気の佐竹美保さん。

巻末には、佐々木正美さんからの、おとうさん、おかあさんへのあたたかいメッセージが入っています。育ちのシーンごとのアドバイスもありますので、お子様が小さい方でも、成長を見通しながら、楽しく読んでいただくことができます。

かわいらしい男の子の成長シーンをわが子に重ね合わせてしみじみと6年間を振り返ることもできます。

卒園・入学のお祝いにぴったりの絵本です。

読者の声より

子供が生まれてきてから、
どんな時も、何をしていても愛おしく感じる。

少しずつ成長して出来ることが増えることが、
こんなにも嬉しいことなのだと知る。

そんな子供も、卒園という区切りを迎え、
入学という新しいスタートを切る。

どこをとってもやっぱり愛おしい。

そんな気持ちに溢れています。
(hime59153さん  40代・ママ 男の子6歳)

読者の声より

小学校入学は,育児の一つの区切りとなるのかも知れませんね。
幼児期から学童期へ。
赤ちゃんの頃からの6年間って、子供の成長も実に著しく、そして親もめまぐるしい育児の日々。
だからこそ、振り返ってみると愛おしくて成長が嬉しくて、でもどこかちょっぴり寂しさと切なさが。
キュンとします!
子供の成長は喜ばしく嬉しいけれど、どこか小さなままでいてほしいという気持ちも。
いやいや、無事にこれからも大きくなってね。
親が読んでキュンとウルウルしてしまう、そんな本です。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

3月18日 みんなに見せたい ランドセル 

水曜日は『みてよ ぴかぴかランドセル』

みてよ ぴかぴかランドセル

みどころ

買ってもらったばかりの赤いランドセル、すてきすてき。
かこちゃんは嬉しくて、誰かに見せたくなります。
もうすぐ1年生になる“わくわく”と、ぴかぴかのランドセルをしょっている“うきうき”で、よっぽどかこちゃんは輝いていたんでしょうね。よもぎのはらのお友達も思わず「いいなあ」とため息。そこでかこちゃんは“うきうき”のおすそわけをしてあげますが・・・?
もし家族の中に、同じく1年生になるのを待ちわびている子がいたら、こんなお話を読みながらみんなで幸せ気分になって応援してあげる事が一番のお祝いかもしれませんね。入学おめでとう!春らしい素敵な絵本の登場です。

読者の声より

もうすぐ1年生になる息子と読みました.
ランドセルが届いてうれしくてわくわくする気持ちがよく表現されていて,かこちゃんや動物の子たちが喜んでランドセルを背負っている様子を見ていると,私もうれしくなってきました.
動物の子たちのパパやママが子どもへランドセルを作ってあげる姿も愛情がいっぱいあふれていて素敵です.
息子もランドセルを背負って学校へ通うことを楽しみにしています.その気持ちをいっそう強くしてくれる絵本でした.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

もうすぐ1年生になる娘が嬉しそうに見つけてきた絵本です。
ぴかぴかのランドセルが嬉しくて、誰かに見せたくなる様子は、娘と同じ^^
森の動物たちは、お母さんやお父さんの手作りランドセル。
背丈にピッタリ合ったランドセルがかわいくて素敵でした^^
ぴかぴかのランドセルともうすぐ1年生になる嬉しい気持ちが伝わるかわいい絵本でした。
(Yuayaさん 20代・ママ 男の子8歳、女の子5歳)

3月19日 卒園しても、ずっとずっと友だち!

木曜日は『みんなともだち』

みんなともだち

出版社からの内容紹介

園で友だちいっぱいできて、楽しいことがたくさんあった。卒園しても、ずっとずっと友だち!

 

読者の声より

「みんな ともだち」
とても素敵な歌と連動された絵本で
歌詞と卒園を迎える先生方と子供たち、
園で過ごした楽しい時間が
描かれています。
子供はどんなに仲良く共に過ごしても
ちがう学校に進んだら
それっきりになる関係もあるし、
ちがう学校に進んでも、
大人になっても仲良く付き合える幼なじみもいる。
歳を重ねた私や成人した3人の子供たちの
ことを思い出しながら読むことができた絵本です。

卒園を迎えるお子さんには
まだまだ大人になっていくイメージなんて
わからないことも多々あることと思いますが
おともだちと関わって
成長を願いたい、見守りたい
そう思いました。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば)

読者の声より

息子が幼稚園で借りてきました。大好きなピーマン村の絵本の、最終章ともいえる卒園がテーマです。
私はこの歌を知らなかったのですが、最後に楽譜が付いているので、ピアノを弾いて息子と一緒に歌いました。
ちょっととぼけた園長先生も、優しくきれいな女の先生も涙ぐんでいます。でも、子供たちはみんな元気に笑っています。

みんなともだち ずっとずっとともだち

これは、大人が自分自身に言い聞かせている言葉だと思います。
子供は振り返る事をしません。いつも前を向いています。
ですから、現実には、ずっと友達のままでいる友達もいれば、疎遠になって、いつか忘れてしまう友達もいるのです。
だからこそ、あの、園での輝くような時を忘れないで、
どうかみんな、ずっとずっと、友達でいてね。
そんな願いが込められているように思えます。

息子は、この春年長になります。
卒園の頃でなくてよかった。
卒園前に読んだら、きっと私の方が泣いてしまった事でしょう。
(けいぼんさん 40代・ママ 男の子5歳)

3月20日 きみと一緒に飛び立とう

金曜日は『ビリーブ~ぼくの夢が叶うまで~』

ビリーブ ~ぼくの夢が叶うまで~

出版社からの内容紹介

「大人になったらどこまでも大きくなるんだ ゴールをめざして ぐんぐん 進んでいこう」
人生の素晴らしさを、美しい色彩を背景に浮かびあがる白いしかけで表現しました。
しかけのないページとポップアップのページが交互に続き、簡潔でまっすぐな言葉が心を揺さぶります。

読者の声より

ちょっと大人っぽい仕掛け絵本です。
今までロバートサブタの仕掛け絵本は「美女と野獣」「人魚姫」「ピーターパン」「不思議の国のアリス」などを見てきた分、こちらの本は静かな温かさのようなものを感じました。
高校生や大人向けの仕掛け絵本ではないでしょうか。
お祝いなどの贈り物としても素敵ですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

3月21日 門出に向けて贈りたい、力強いメッセージ

土曜日は『たくさんのドア』

たくさんのドア

出版社からの内容紹介

あなたはまだしらない、ドアのむこうになにがあるのかを―。卒業、入学、子どもたちの転機に読み継がれる幻の名作、ついに復刊!

60万部発行の大ベストセラー「ちいさなあなたへ」のアリスン・マギー著、
子どもの成長&巣立ちを後押しする珠玉のメッセージ。

超ロングセラー「ちいさなあなたへ」で日本中を涙させた
アリスン・マギーによる「ちいさなあなたへ」の続編ともいえるような珠玉のメッセージ。
毎年卒業シーズンになると「手に入らないか」というお声を多数いただき、いよいよ復刊がかないました! 

“たくさんのドア"はこれから子どもたちが長い人生の中で1つ1つ自分の力で開けていくもの。
ドアの向こうにはたくさんのおもしろいことが待ち受けている。
しかし、風の吹く日も、嵐の日もあるかもしれない。
でも、そのドアをあけていく力が、必ず君には必ずある。
そんな君を、いつで見守っているよ、応援しているよという、親や先生からのエールです。

子どもの成長の節目に、人生の転機に贈ってあげたい。
必ず宝物となる言葉です。

・「どうしても一冊手にいれたい! 」という声にお応えして待望の復刊! 
・60万部突破「ちいさなあなたへ」著者アリスン・マギー氏と訳者なかがわちひろ氏のゴールデンコンビ!

読者の声より

簡素で美しい、リズムのある言葉と、落ち着いた色づかいの可愛い絵からなるステキな絵本です。子ども向けというよりも、若い人や、子どもに寄り添う大人向けの絵本。

 幼い子どもに向けられた優しく温かいまなざし。可愛いから、大好きだから、心配だから・・・と囲いこむのではなくて、新しい世界を発見し、歩んでいく「あなた」の未来、可能性を応援するまなざし・・。いいなぁ~。

 これから成長し、生きていく人たちへの応援歌です。「生きていく」って「わくわくすること」と伝わってきます。そして、何があろうと、「あなたは、おおきなものにまもられている」と締めくくられています。

 「卒業」や「成人式」といった節目にプレゼントしたい絵本だと思いました。
(なみ@えほんさん 50代・ママ)

読者の声より

『SO MANY DAYS』が原題。
キーワードである「たくさんのドア」を題名に意訳したのが素敵です。
成長するこどもへのメッセージでしょうか。

あなたはたくさんのドアをあけていく
そのむこうにたくさんの・・・

子どもたちの秘めた可能性を示し、また、守られている存在であることを
きっぱりと伝えています。
自立していく子ども、見守る親、どちらも共感できるのではないでしょうか。
春、新しい一歩を踏み出すお子さんと一緒に読んでほしいですね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

3月22日 心が大きく成長する子どもたちに贈りたい詩

日曜日は『谷川俊太郎詩集 たったいま』

谷川俊太郎詩集 たったいま

出版社からの内容紹介

青い鳥文庫はじめての詩集です。教科書でも子どもたちにおなじみの詩人・谷川俊太郎さん。その膨大な作品のなかから、37編を選び、新作も収録します。子どもたちに、日々の生活なのなかで好きな作品を楽しんでもらえたらと思います。心が大きく成長する子どもたちに、つらい気持ちに寄り添ったり、大人の本音を明かしたり、社会への疑問を問いかけたり、世界平和を考えたりする詩を届けます。流れていく時間を止めようとせず大人の世界の扉を開けることをためらわないで、というメッセージを込めています。谷川俊太郎の世界観を表現する広瀬弦さんの絵も美しく、心が静かになります。

いくつになっても、どんな時も、子どもたちのしあわせや健やかな成長を願う気持ちは変わらないもの。ぜひお祝いの気持ちを込めて、お子さんやお孫さんに読んであげて下さいね。

 

秋山朋恵(絵本ナビ)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください