スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   0歳の赤ちゃんと楽しむ!オススメ定番絵本セレクト

0歳の赤ちゃんと楽しむ!オススメ定番絵本セレクト

 

「0歳の赤ちゃんでも楽しめる絵本があるって、本当?」

 

生まれたばかりの赤ちゃんを抱える新米ママは、毎日が初めてだらけ。絵本の読み聞かせが子どものためになるって、聞いたことはあるけれど。どんな絵本を選べばいいのか、どんな風に読んであげればいいのか、なかなか考える余裕もないのが現実ですよね。

 

だけど、疑問はたくさんあります。

 

  • 絵本の読み聞かせは、いつからすればいいの?
  • 0歳の赤ちゃんが喜ぶ絵本って、あるの?
  • 反応が薄いみたいなんだけど…。
  • どんな読み方をすればいい? タイミングは?
  • 人気の定番絵本は?

 

そこで、絵本ナビが自信を持っておすすめする「赤ちゃんに人気の定番絵本」をたっぷりご紹介します。

これさえ読めば、赤ちゃんと過ごす毎日に、きっと楽しみが増えるはず!

絵本ナビ編集長セレクト!0歳の赤ちゃんにオススメ絵本

赤ちゃんは絵本が大好き! 0歳でねんねの頃から読んだって、早すぎるっていうことはありません。でも、当然ながら言葉を理解しているわけではありません。反応だって、まだまだ少ないはず。だからこそ、体中の色々な感覚を使って楽しんでいるのではないでしょうか。

 

例えば、こんな絵本…。

0歳1ヶ月~ ねんねの頃から楽しめる!

音を楽しむ絵本

赤ちゃんには、どんな絵本を読んであげたらいいのか…。おとなしくこちらを見ているけど、本当に聞いているのかな? 早すぎるのかな?
まず最初に迷ってしまうのは、この頃ですよね。
でも、大丈夫。赤ちゃんは、実はママのお腹の中にいる頃から聴力が備わっているのだそう。ぼーっとしているように見えますが、案外しっかりと聞き耳を立てて喜んでいるようですよ。だからこそ、「音やリズムを楽しめる」絵本がオススメです。

赤ちゃんの「最初の本」として大人気!

じゃあじゃあびりびり

「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」
「いぬ わん わん わん わん」
「みず じゃあ じゃあ じゃあ」
「かみ びり びり びり びり びり びり」
真っ赤でコンパクトなサイズに、たくさんの“音”が詰まっています。

1つの見開きページに、1つの音。
シンプルで目をひく絵はもちろん、文字の配置場所もたのしい。
たとえば、かみびりびり・・・のページは、ほんとに「びりびり」と裂けた紙の形に似た配置。
文字と絵の効果で、まるで絵がうごきだしそうに見えます。

続きはこちら>>>

http://www.ehonnavi.net/ehon/574/%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%82%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%82%E3%81%B3%E3%82%8A%E3%81%B3%E3%82%8A/

これはまさしく魔法の絵本!!

おお泣きしている時やぐずっている時など、ガラガラなどは見向きもしないのに、
この本を読むと読んでいる間はピタリと泣き止み、熟読(?)。
そのあまりの効果に我が家では「魔法の絵本」と別名がつくことに。

(ねぼすけスーザさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子0歳)

3ヶ月位のころに初めて読んでみましたが、音に合わせて手足をバタバタさせて喜んでいました。9か月になった今でもお気に入りで、はっきりした色合いが興味をそそるのか、この本を開くと今でも釘付けになります。
また、「じゃあじゃあ」や「びりびり」の擬音に合わせて絵本を左右に振ったり動かしたりすると、喜んで手をのばしてきます。
(こうまま。さん 20代・ママ 男の子0歳)

赤ちゃんと過ごす時間に「うた」が大活躍!

なかなか泣きやまない時、ねむたくなってきた時、なにか話しかけてあげたい時。赤ちゃんと過ごす時間の中で、大活躍してくれるのが「うた」なんです。子守唄やかぞえうた、遊び歌など、昔から伝わる様々な「うた」。抱っこして体の一部をトントンしながら歌ってあげれば、気持ち良さそうに眠りについてくれますし、楽しい歌をうたえば何だか嬉しそう。ママにとっても幸せな時間です。

ところが、いざ歌おうと思うと「あれ、歌詞が思い出せない!?」なんてこと、よくありますよね。そこでオススメするのがこんな絵本。

子育ての強い味方になる1冊!ギフトにもぴったり

うたえほん

赤ちゃんに、繰り返し歌ってあげたいわらべうた・童謡が、26曲載っていて、すべてのうたに楽譜がついています。

掲載曲
ゆりかごのうた / おかあさん / うさぎ / こもりうた / ことりのうた / ぞうさん / あかいとりことり / おはなしゆびさん / どんぐりころころ / ひらいたひらいた / ちょうちょう / かわいいかくれんぼ / やぎさんゆうびん / ぶんぶんぶん / いぬのおまわりさん / しゃぼんだま / かたつむり / とんぼのめがね / おすもうくまちゃん / きしゃポッポ / むすんでひらいて / ゆき / うれしいひなまつり / こいのぼり / たなばたさま / むしのこえ
 

赤ちゃんを抱っこしながら毎日歌っています。コミュニケーションにいいかと。娘が4ヶ月くらいからはあーあーと声を出して一緒に歌って(?)くれています。
今は私があたたかいかわいい絵柄に癒されながら赤ちゃんへ歌っているのが主な使い所です。とても優しい気持ちになれます。大きくなって一緒に歌える日が楽しみです。
(みちんさんさん 20代・ママ 女の子0歳)

新生児のころから、ママの声のお歌はとっても喜んでくれます。一緒に絵を見ながらも何度も歌っています。大きくなってからもずっと歌える童謡絵本。すごくイイです。
(よぷたんさん 20代・ママ 女の子0歳)

0歳3ヶ月~ 首が据わって視力が発達してくる頃に楽しめる!

色やかたちの変化に興味津々!

生後1~2ヵ月の頃は、まだ視力が安定せず、ぼやっとしていたのが、3~5ヶ月位になると、少しずつものや色を認識できるようになってきます。ママやパパの顔や、おっぱいの形に似ている「まる」の形をじーっと見るとも言われています。はっきりとした色の「赤」をはじめ、徐々に色を認識していくのもこの頃です。

 

色々な「まる」が登場するこの絵本は、その「まる」の大きさや、鮮やかな対比の色が次々と変化していきます。赤ちゃんは目で追いながら、その動きや変化を、ユニークな響きの言葉とともに楽しみます。

この不思議なかたちに赤ちゃんが大喜び!

ごぶごぶ ごぼごぼ

「ぷーん」「ぷくぷくぷく」「ぷぷぷ」などの音(言葉)の響きやリズムの楽しさを、色あざやかなオレンジ、赤、青などの丸の動きで子どもたちに届けます。

http://www.ehonnavi.net/ehon/2795/%E3%81%94%E3%81%B6%E3%81%94%E3%81%B6%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%94%E3%81%BC/

初めてこの絵本を娘に読んだとき、あまり声を出して笑わない子なのに、なぜかけたけた大笑い。隣に座っていたパパがびっくりするくらい。
その後も、大笑いとまではいかなくても、ページをめくるたびににこにこ。お気に入りのページを開いたときは、体をゆすって喜びます。
(しまたこさん 30代・ママ 女の子0歳)

4ヶ月の娘に読んでみて、「分かるのか!?」と思いましたが、色がカラフルなのと、「ぷ ぷ ぷ ぷ」 等の擬音語が彼女を惹きつけたらしく、意外に楽しめたようです。読み始めるとジーっと本を見つめて聞いています。
時には本じゃなくて「ぷ ぷ ぷ」と言ってる私の口元を見て笑ったりもしています。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

0歳6ヶ月~ 寝返りや、おすわりができて好奇心が高まる頃に楽しめる!

赤ちゃんの笑顔がみたい!

不安と緊張でいっぱい、心がはりつめてる新米ママたちにとって、一番の癒しはやっぱり赤ちゃんの笑顔。どんなに寝不足でも、どんなに疲れがたまっていても、小さな我が子が笑ってくれたら、その瞬間に全部ふっとんでしまいますよね。

 

1967年に発売されてから、ずっと赤ちゃんを笑顔にしてきたのはこの絵本!

ページをめくるたびに、赤ちゃんが笑顔に!

いないいないばあ

「いない いない ばあ」「にゃあにゃが ほらほら いない いない…」
ページをめくれば、おめめぱっちりのにゃあにゃが
「ばあ」。
次はくまさんが、ネズミさんが、キツネさんも。
そして最後にはのんちゃんも「いない いない ばあ。」

絵本を読み進めるたびに、赤ちゃんがわらってくれます。
その安定した笑顔の繰り返しがこの絵本の一番の魅力です。

続きはこちら>>>

http://www.ehonnavi.net/ehon/98/%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%B0%E3%81%82/

いないいないばあが大好きな0歳児の娘に、この本を読み聞かせ。「ばあ」のところで、私が笑顔でオーバーに読むと、娘はニコニコ。絵本って、親が楽しまなければ、子どもの心には響かないのだなぁ。
(豆ごはんさん 30代・ママ 女の子1歳)

娘に初めて購入した絵本です。生後5ヶ月になる娘は、動物たちが「ばあ」と出てくるページになると、「キャッキャッ」と声をあげて興奮しています。
柔らかいイラストなのに、「ばあ」をしている動物たちの目を見開いた表情がリアルで面白いので、娘の大好きな1冊になっています。
(はぐみママさん 20代・ママ 女の子0歳)

まあるいお顔のおつきさまが、夜の空に浮かんでくると、赤ちゃんはとっても嬉しそうにします。最後のあっかんべーも大好きみたい!

おつきさまの表情にくぎづけ!

おつきさまこんばんは

濃い紺色の夕闇の中で、三角屋根のおうちにあかりがつきます。
屋根の上に1匹、下に1匹のねこのシルエット。
「よるになったよ ほら おそらが くらい くらい」
「おや やねのうえが あかるくなった」
「おつきさまだ」
だんだん姿をあらわす、黄色くかがやくおつきさま。
もう1匹のねこも屋根にかけあがり、2匹の影はおつきさまを見あげます。
「おつきさま こんばんは」
目をふせて屋根の上に顔を半分だした、おつきさまの「いいおかお」といったら。

続きはこちら>>>

http://www.ehonnavi.net/ehon/52/%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%B0%E3%82%93%E3%81%AF/

もう、あったかくって涙がでそう。一日のおやすみまえには、お布団をほっぺまでかけて、今日一番楽しかったことがよみがえる時間。もし、悲しい気持ちでお布団に入る子どもがいるとしたら、出かけていって優しくそのふっくりかわいいほっぺと、まあるいあたまをなでながら、この本をよんであげたい。
(ふらんすぱんさん 40代) 

私は、笑顔のおつきさまが一番のお気に入り!
息子は、べ~っとしているおつきさま!
毎日真似していますよ。
(ほっとほっとけーきさん 20代・ママ 男の子2歳、男の子0歳)

スキンシップができる絵本

赤ちゃんにとって、おっぱいや睡眠と同じくらい大事なのが、ママとのスキンシップ。だっこだけじゃなくて、おかおやおててをギュッとしてあげたり、おなかやおしりをポンポンしてあげたり。言葉がなくても気持ちが通じる大事なコミュニケーションですよね。絵本を使って、上手にスキンシップをとるのも1つの方法です。例えば、こんな絵本…。

赤ちゃんの身近なものとのスキンシップがテーマ

ぎゅう ぎゅう ぎゅう

赤ちゃんの小さなおてて、おかあさんのの手でつつみこんで「ぎゅう」。
ぷっくりしたおなかごと抱きしめて「ぎゅう」。
おふとんもいっしょに「ぎゅう」。

おかあさんと赤ちゃんのしあわせな「ぎゅう」が続きます。
赤ちゃんの感触やにおいまで伝わってくるよう。すでに甘いきもちでいっぱいになります。
でも、さらに「ぎゅう」はつづきますよ。

続きはこちら>>>

http://www.ehonnavi.net/ehon/98397/%E3%81%8E%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%8E%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%8E%E3%82%85%E3%81%86/

小さいうちに、いっぱい抱きしめてあげなさい。
近所のおばちゃんから、言われました。
慌ただしい日々の中でも、1日一回は、こうして一緒に絵本読んであたたかさに包まれる時間をこれからも過ごしていきたいな。
(ほっこり日和さん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳)

もうね、理屈じゃありませんよね。自分のほっぺと赤ちゃんのほっぺが「くっついた!」。これだけで、みんな幸せな気持ちになっちゃうのです。

みんながニッコリ笑顔になる絵本

くっついた

ページをめくると…、くっついた!そのくり返しが楽しい赤ちゃん絵本です。最後は、赤ちゃんのほっぺをはさんで、お父さんもお母さんもいっしょに、くっついた!
赤ちゃんのまわりにいる大人まで、ニッコリ笑顔になる絵本です。

http://www.ehonnavi.net/ehon/8160/%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%9F/

子育て中でしか味わうことのできない喜びを教えてくれる絵本です。
くっつくとなんでこんなにもあったかくてふわふわで幸せな気持ちになるんだろう?
0才の頃から読んであげているので、子どもはもちろん「くっついたー」と喜んでするのですけれど、くっついたして喜んでいるのはむしろ親の方であったりします。
絵本の中ではほっぺとほっぺがくっついていますが、私は娘といろんなところ(お鼻やおでこ、時にはお口も!)をくっつけて楽しんでいます。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子2歳)

0歳8ヶ月~ ずりばい、はいはいができて感情表現が豊かになる頃に楽しめる!

おもちゃと絵本は同じ!?

赤ちゃんも、おすわりやはいはいが出来るようになると、途端に好奇心が広がっていきます。なんでも手に取ったり口に入れたりするのもこの頃ですよね。面白そうなおもちゃがあれば、自分で手に取って夢中になって遊びます。

 

絵本だって同じです。ペラペラめくることができたり、中に絵が描いてあったり。絵本のつくり、そのものに興味津々なのです。だからこそ、自分で手に取れる大きさ、めくってもなめても壊れないほど丈夫なつくりのボードブックで、存分に遊びながら絵本に親しんでいくのがオススメです。

手のひらサイズのおもちゃみたいなミニ絵本

赤ちゃん絵本セット

赤ちゃん絵本シリーズの、おでかけ用、ミニ絵本4冊セットです。小さなブックバンド型のケースに収まった、とてもかわいい手のひらサイズの絵本です。
いきもの・のりもの・しぜん・せいかつの4冊組で、小さくなっても色の美しさ、イラストへのこだわりに妥協はありません。
ギフトにも大変、よろこばれています。

ページが分厚いので、まだ不器用な子どもでも簡単にめくることができるのがいいと思います。絵もやさしいし、お気に入りです。軽くて小さいので、子どもは自分で読んでいます。時には投げたりもするけれど、それはお気に入りだから。今では「ぞうさんどれ?」というと、指差すようになりました。友達に赤ちゃんが生まれたら、贈り物にしたいと思っています。
(ひよっこさん 20代・ママ 男の子0歳)

世界的なロングセラー絵本もボードブック版で0歳から!

ボードブック はらぺこあおむし

小さな青虫が美しい蝶に成長するまでを描いた、人気絵本のボードブック版。幼い読者にページがめくりやすい頑丈な造本です。

自分でページをめくりたがるのですが、折れ曲がらないボードブックならくしゃくしゃにされる心配もありません。そして、あおむしがフルーツを食べるページ。絵本に空いた穴に小さな指をすぽっ!ページをめくって今度は両手の指ですぽっ!赤ちゃんの小さな指が、小さな絵本に描かれたフルーツの穴にぴったり収まる姿はなんとも可愛らしくて…。
初めて息子が「遊んだ」しかけ絵本です。
(ひなっこさん 20代・ママ 男の子0歳)

ずっと楽しめるお気に入り絵本

その絵本を読む時、ママやパパが一緒に遊んでくれるから好き。好きなおもちゃや好きなほ乳瓶が出てくるから好き。読んでいるママやパパの顔がいつも笑っているから好き。大きさが好き。赤ちゃんだって、お気に入りがあります。理由もいろいろ。
そんな絵本は、1歳になっても2歳になっても、ずっと好きなことが多いのです。

どんな読み方をしてもわらっちゃう!

だるまさんが

だ・る・ま・さ・ん・が・・・・ページをめくって、あらら!びっくり!大わらい!声にだして読んでたのしい、見てたのしい、とってもキュートなファーストブックです。

http://www.ehonnavi.net/ehon/17129/%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C/

0歳の頃から読んでいますが、子どもが絵本で笑ったのはこの本が初めてです。普段絵本を読みなれていない主人が読んでも爆笑だったので、パパにもお勧めの一冊です。
(kyuさん 30代・ママ 男の子1歳)

「だ る ま さ ん が」の次のページをめくるたびにケラケラと大爆笑。読んでとせがまれ、何度も読み聞かせましたが、飽きもせず何度も何度も笑ってくれます。
(こうまま。さん 20代・ママ 男の子1歳)

 

楽しみ方はいろいろ!くりかえし読み続ける絵本

がたん ごとん がたん ごとん

表紙にまじめな顔の黒いでんしゃ(きかんしゃ?)。
うしろの車両は空っぽです。

がたん ごとん がたん ごとん
「のせてくださーい」とミルクの哺乳瓶。
でんしゃは、ちょっぴりうれしそうな顔でミルクをのせてはこびます。
がたん ごとん がたん ごとん
そこへ、赤いカップとスプーンが「のせてくださーい」。
続きはこちら>>>

http://www.ehonnavi.net/ehon/279/%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%A8%E3%82%93/

この本を初めて読んであげたのは、赤ちゃんの頃なのに、3歳になった今でも、よんでよんでと言います。内容は、シンプルなんだけど、擬音が耳心地いいのかな?
「がたんごとん、がたんごとん…」という音が、気持ちよさそうに、いつもニコニコしながら聴いています。
(はーたんのママさん 30代・ママ 女の子3歳)

「0歳の赤ちゃん絵本」絵本ナビ売上ランキング ベスト10!


0歳の赤ちゃんにオススメの絵本をご紹介してきましたが、実際に絵本ナビではどんな絵本が売れているのでしょう。「0歳の絵本 売上ベスト10」をご紹介します。

くっついた

ページをめくると…、くっついた!そのくり返しが楽しい赤ちゃん絵本です。最後は、赤ちゃんのほっぺをはさんで、お父さんもお母さんもいっしょに、くっついた!

だるまさんが

ぷくーっと膨らんだだるまさん、おかしな動きと表情が、とっても可愛らしいですよ。見ているだけで笑ったり、びっくりしたり。赤ちゃんや小さな子にぴったりの絵本です。声に出して楽しんで読んでみてくださいね。

ボードブック はらぺこあおむし

日曜日の朝にたまごからかえったあおむしはおなかがぺこぺこ。食べるものを探し始めます。
月曜日にはりんごをひとつ、火曜日には梨をふたつ…小さな青虫が美しい蝶に成長するまでを描いた、人気絵本のボードブック版。

4位 『いないいないばあ』

5位 『がたん ごとん がたん ごとん』

6位 『おつきさまこんばんは』

7位 『もこ もこもこ』

8位 『じゃあじゃあびりびり』

9位 『くだもの』

10位 『うたえほん』

 

いかがでしたか?

0歳から、たーーーっぷり絵本を楽しんでくださいね!

 

 

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード