スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   おすすめバイリンガルレシピ本!親子で作ろう!『おにぎりレシピ101』
絵本ナビニュース2018

おすすめバイリンガルレシピ本!親子で作ろう!『おにぎりレシピ101』

ありそうでなかった!日本語と英語で作る楽しいおにぎり本

やっぱり、おにぎりって大好き!

 

おにぎりの具は何が一番好きですか?おにぎりの具って本当に無限大!

おにぎりって、子どもたちとすぐに挑戦できる美味しいお料理レシピなんですよね!今回見つけたおにぎりのレシピ本はちょっと変わってます。だってただのレシピ本じゃないのです。なんとバイリンガル本です。日本語と対訳の英語が付いています!もちろんレシピも豊富です!どれも美味しそうなものばかり。

 

海外のお友だちがおうちに来るなんてこと、今後はたくさんあるかもしれません!みんなでおにぎりパーティーはいかがですか。きっとおにぎりを大好きになってもらえるはず!ママたちの英語の勉強にも活躍してくれるかも。親子で英語を学びながら、大好きなおにぎりマスターを目指しましょう!

おにぎりは日本人のソウルフード、ヘルシーなファーストフードです。
和食が世界で注目される中、おにぎりの知名度はお寿司にはとうてい及びませんが、
「おふくろの味」とも言われ、日本の家庭料理の代表格です。
ご飯とおかずをにぎるだけのシンプルさ。ご飯に合うものならなんでも美味しい。
組み合わせる具材は、国境を越え無限に広がります。
持ち歩き自由でどこでも食べられ、お弁当に、おやつに、夜食に、パーティーにと
TPOに合わせて、どんなシチュエーションにも登場可能。
おにぎりは「おむすび」ともいい、手で「にぎる」「むすぶ」行為そのものを表す
言葉です。人は心を伝えるときに、手を繋いだり、握手したりします。
手でにぎるおにぎりは、にぎる人の「気持ち」「温もり」という最高の調味料が加わり、
美味しい「ごちそう」になります。

Onigiri—a healthy fast food—is the soul food of the Japanese. Although it may not be as widely recognized as sushi, onigiri is synonymous with the phrase “taste of home,” and is a staple of Japanese comfort food. Its simplicity—just combining rice and toppings—offers endless possibilities without borders. The portable onigiri can be served in all kinds of situations. It’s perfect for bento lunch, as a light snack, or even as party food. Onigiri is also called “Omusubi,” which in Japanese means to bind or tie. When we make onigiri, we “bind” the rice together with our hands. Similarly, we hold or shake the hands of others when we express ourselves. When onigiri is made by hand, the ball of rice is seasoned with the best ingredients—the warmth and love of the person who makes it—and transforms into a delicious meal.

おにぎりレシピ101

101人いれば、101通り、好みのおにぎりがあります。
マイおにぎりを作ってもらうためのヒントになればと、クッキングアドバイザー・山田玲子が101のおにぎりレシピを考えました。全文英訳付き。
日本のソウルフード、easy、simple、healthyなおにぎりは海外でも人気です。
外国の方へのプレゼントなど、小さな外交がこの本から始まります。  

Onigiri—a healthy fast food—is the soul food of the Japanese. Although it may not be as widely recognized as sushi, onigiri is synonymous with the phrase “taste of home,” and is a staple of Japanese comfort food. Its simplicity—just combining rice and toppings—offers endless possibilities without borders. The portable onigiri can be served in all kinds of situations. It’s perfect for bento lunch, as a light snack, or even as party food.
Reiko Yamada’s 101 simple and easy riceball (onigiri) recipes include mixed, grilled, sushi-style onigiri and more! This cookbook is a perfect introduction to the art of onigiri-making, filled with unique recipes that are bound to inspire your Japanese culinary creativity. Pick up a copy, and you’ll become an onigiri expert in no time!

この本の著者プロフィール

山田 玲子(ヤマダ レイコ)

クッキングアドバイザー。
東京・浜田山の自宅にて料理教室「Salon de R」を主宰。「マダムなおうちごはん」から「おもてなしのコーディネイト」を楽しく大胆に調理する方法を伝授し、笑いあふれる料理教室として人気沸騰中。
国内での出張料理教室のみならず、食は一番身近な外交と、NYやヒューストン、シンガポール、韓国など海外でも定期的に料理教室を開催。facebookで「おにぎり外交倶楽部」を立ち上げ、おにぎりの輪を世界に広げている。

 

Reiko Yamada (Cooking adviser)
Reiko hosts “Salon de R,” a cooking workshop at her private home in Tokyo. Her 30 years of experience as a food coordinator at a children’s international summer camp inspired the idea of food as the most basic form of diplomacy. She now hosts workshops throughout Japan and internationally in Singapore, Korea, New York City, and Houston. In addition, Reiko develops recipes for companies, and contributes to magazines and radio. Most recently, she launched a Facebook page called “Onigiri Diplomacy Club” to spread the onigiri circle around the world.

みなさんもぜひ、お休みの日におにぎりを親子で作って、お出かけしてしてみてください。

いろんな形の可愛いおにぎり。買ったおにぎりよりも何十倍も何百倍も美味しいはず!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください