スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選   >   絵本を通じて得られる「幸せな時間」をあなたに

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選

絵本を通じて得られる「幸せな時間」をあなたに

この連載記事は、絵本ナビから生まれた絵本ガイドブック『幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選』の内容を期間限定でご紹介していく企画です。

 

読むと幸せな気持ちになれる絵本を、絵本ナビに寄せられたみんなのレビューでご紹介しています。

 

ベストセラー絵本ガイドブックをまるごとお見せする太っ腹企画をお楽しみください。

はじめに この本は、あなたのための本です

「絵本、好きですか」
と聞くと、ほとんどの方から、「好き」「読んでみたい」「楽しい」といった答えが返ってくるでしょう。この本を手にとってくれたあなたも、きっとそうですよね?
でも、
「絵本ガイドブックって読んだことありますか?」
と聞くと、多くの方からは、「読んだことがない」「読んでみたけれど自分で買いたいとは思わない」といった答えが返ってくるに違いありません。――― 一部の絵本ファンの方や、子どもの本に関わる仕事をしている人は別として。
一般的な絵本ガイドブックは、専門家の方が、作品のすばらしさや背景、みどころなどを解説するものです。それはそれでよいと思うのですが、実際に子どもと日々絵本を読んでいる親(私もそのひとりです)からすると、どうもちょっと違うよなあという感じを受けていたのです。
そこで、これまでの絵本ガイドブックとは違う、「自分だったらこんな本が欲しい」という本をつくることにしました。コンセプトは「読むと幸せな気持ちになれる」絵本ガイドブックです。


私たちは、絵本というモノが欲しいのではありません。絵本を通じて得られる「幸せな時間」が欲しいのです。この本は、まさにその「幸せ」に主眼を置いて書かれています。
その絵本を通じて、どんな幸せな時間を過ごすことができるのか、どんな発見があるのか、実際に子供と幸せな時間を過ごした皆さんの「生の声」がぎっしり詰まっています。
また、すべての紹介作品について、いちばん幸せなシーンをカラーの見開き画像で、かなり大胆な大きさで掲載しています。絵本の最大の魅力である「絵の美しさ」を味わってください。
 
絵本は他のジャンルの本と違い、なんどもなんども読んで楽しむことができます。子どもの成長や自分の見方によって、読むたびに違った印象を受けることもあります。この本は、あなたの知らない絵本を紹介するためだけのものではありません。きっとすでにご存知の絵本がたくさんあるでしょう。でも、読んだことのある絵本でも、もう一度読んでみたくなるから不思議です。新しい気づきがあり、きっともっと楽しめるのではないかと思います。

あなたが子育て中のママなら

あなたが子育て中のママなら、毎日の育児、家事、仕事でささくれだってしまった気分を、この本でリセットすることができます。
 
お子さんと一緒にゆっくり絵本を読んだときの、あの幸せな感覚を思い出し、そんな気分をもっと味わえる宝物の一冊を見つけることができるでしょう。
「親と子の絆を確かめ合う幸せ」の章から読み始めるとよいですね。

あなたが大人の女性なら

あなたが大人の女性なら、カフェで過ごす午後のひとときにこの本をおともさせてください。寺田順三さんのちょっとレトロな表紙イラストを眺めていると、スーッと気持ちが落ち着きます。ページを開くと、フルカラーで大胆に配置された絵本の美しいシーンに目を奪われるでしょう。
「愛し愛される幸せ」の章から読み始めることをおすすめします。

あなたが日頃子どもに関わっている方なら

あなたが日頃子どもに関わっている方なら、この本は子ども達との関係を、もっと素晴らしいものにする役に立つでしょう。
一冊の絵本が、子ども達との距離をぐっと縮めてくれることはよくあります。
もっとたくさんの笑顔に出会える、そう考えると毎日楽しくなりますよね。
「仲間で苦楽を分かち合う幸せ」の章からどうぞ。

あなたが子育て中のパパなら

あなたが子育て中のパパなら・・・よかった!パパにもぜひこの本を届けたいのです。

なぜなら私も子育て中のパパで、仕事と子育てのバランスに苦労している一人だからです。

そしてこの本を読んでもらえば、きっと絵本を一冊買って少し早めに家に帰りたくなるにちがいないと思うからです。

それはお子さんにとっても、あなたにとっても嬉しいことですよね。

「冒険に出かけても帰るところがある幸せ」の章からめくってもらえるといいですね。

あなたが幸せになりたいと思っているなら

あなたが幸せになりたいと思っているなら、この本はあなたのための本です。
素晴らしい絵本との出会いは、人生に何度あるか分からない、なんとも素晴らしい体験です。
そんな素晴らしい出会いに少しでもお役に立てるなら、編者である私にとっても存外の喜びです。


この本は、インターネットの絵本紹介サイト「絵本ナビ」に掲載された、全国のママ、パパ、せんせい、ばあば・じいじ他の皆さんの「生の声」から生まれました。数万通の絵本の感想のなかから本のコンセプトに合う感想を選ぶのはとても大変な作業ではありましたが、皆さんの感想を読んでいくうちに私自身がとても幸せな気持ちになりました。本としてより多くの皆さんにこの気持ちを届けることができるかと思うと楽しみでしかたありません。


最後に、ドロシー・ロー・ホルトの詩をご紹介して、まえがきを締めくくりたいと思います。
子どもたちが、そして私たち自身が、世界中の愛情を感じとることができますように。

 

子ども ドロシー・ロー・ホルト

 

批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる

 

殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる

 

笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる

 

皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる

 

 

 

しかし、激励をうけた 子どもは 自信を おぼえる

 

寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる

 

賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる

 

フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる

 

友情を知る 子どもは 親切を おぼえる

 

安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる

 

可愛がられ 抱きしめられた 子どもは

 

世界中の愛情を 感じとることを おぼえる

 

「あなた自身の社会―スウェーデンの中学教科書」

アーネ・リンドクウィスト、ヤン・ウェステル著 川上邦夫訳 新評論刊)より

 

注記:「子ども」の詩は、「「子は親の鏡」ドロシー・ロー・ノルト作」の表記が一般的ですが、本書では引用元書籍での表記に従い、「「子ども」ドロシー・ロー・ホルト作」としています。

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選

感動を有難うございました! 

息子が絵本の虜になったのは、3才の夏休み。忘れもしません。時を同じくして、私はこのサイト、『絵本ナビ』を知りました。息子が読み聞かせをせがみ、私は感想を投稿する、そんな日々が続きました。 色々な環境の変化の下、投稿はお休みしておりました。投稿はお休みしても、こちらのサイトは頻繁に見ておりましたので、『幸せの絵本 1』が出版されていることは、知っておりました。興味津々で図書館で予約をしたのですが、なんと2ヶ月以上待ちが続きました。やっと手に入れ、息子とわくわくしながら読み始めました。「この『秀のママさん』ってお母さんのことだよ。毎日読んだ絵本の感想をね、『絵本ナビ』と言うことろに送っていたの。・・・この本が出版されたんだよ」 
「へぇー、3才の頃、僕はこういうこと言っていたんだね。何だか、恥ずかしいような、嬉しいような・・・」 
これも、あれも、子供と一緒に読んだ絵本の感想が載っていて、その当時のことが鮮明に思い出されて来ました。私は、超感動しました。 
 絵本は、沢山のことを教えてくれ、学べます。語彙数も多くなり、色々な考えを抱かせてくれます。息子に読み聞かせをしているお陰で、私も日々成長して来ました。 
『幸せの絵本』は、そんな絵本の中でも、更に選ばれたと言うか、お薦めの絵本ばかりが載っております。これは、私のお薦めでもあります。 
 絵本を読み聞かせするのもとても楽しいですが、こうやって自分の書いた感想を時が経過して、子供と読むことは、とっても感動します。絵本ナビさん、有難うございました。 
(秀のママさん 30代・大阪府豊中市  男6歳)

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=6431

この連載記事は、絵本ナビから生まれた絵本ガイドブック『幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選』の内容を期間限定でご紹介していく企画です。
読むと幸せな気持ちになれる絵本を、絵本ナビに寄せられたみんなのレビューでご紹介しています。
ベストセラー絵本ガイドブックをまるごとお見せする太っ腹企画をお楽しみください。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード