スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「絵本ナビ×岩波少年文庫名作フェア」開催中!   >   絵本ナビ人気ベスト10から!  <岩波少年文庫3冊選ぶなら?>

「絵本ナビ×岩波少年文庫名作フェア」開催中!

絵本ナビ人気ベスト10から!  <岩波少年文庫3冊選ぶなら?>


子どもの頃に出会った懐かしいお話、いつかはじっくり読みたいあの名作。そんな珠玉の作品がたっぷりの岩波少年文庫シリーズ。
今回、冬の読書応援企画として、「絵本ナビ×岩波少年文庫 名作フェア」と題し、 岩波少年文庫シリーズの中からどれでも3冊以上お買い上げの方 (先着100名様)に、岩波少年文庫特製ブックカバーをプレゼントいたします!
この機会に、もう一度あの名作の世界に入り込んでみませんか?

<岩波少年文庫特製ブックカバー>
キャンパス地に「ツバメ号とアマゾン号」の地図がカラーで描かれている、豪華なブックカバーです。
丈夫な生地でできているので、カバンの中でもしっかり本を守ってくれるのが嬉しいですね。
見た目もカッコいいカバーは、お気に入りの少年文庫を持ち運ぶのにピッタリです!
 

岩波少年文庫「読者が選ぶこの1冊」ベスト10から選ぶ

岩波少年文庫から3冊自由に選べる…となると、迷ってしまうものですよね。そこで、テーマ別に絵本ナビ編集部おすすめセレクトをご紹介します。まずは、どれを選んでも間違いなし!の人気ベスト10冊から。

 

※岩波書店創業百年記念フェア「岩波少年文庫 読者が選ぶこの1冊」より。

岩波少年文庫 127 モモ

時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子モモのふしぎな物語。人間本来の生き方を忘れてしまっている現代の人々に〈時間〉の真の意味を問う、エンデの名作。

岩波少年文庫 星の王子さま

サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士と、「ほんとうのこと」しか知りたがらない純粋な星の王子さまとのふれあいを描いた永遠の名作。初版本に基づき挿絵を改めた新しいエディション。

岩波少年文庫 ナルニア国ものがたり 1 ライオンと魔女

4人のきょうだいが、ある日大きな衣装だんすに入ると、雪のふりつもる別世界へとつづいていました。このナルニア国で、子どもたちは正義のライオンとともに悪い魔女の軍と戦います。

岩波少年文庫 41 トムは真夜中の庭で

トムは真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、昼間はなかったはずの庭園に誘いだされて、ヴィクトリア時代の少女と友だちになります。歴史と幻想が織りなす傑作ファンタジー。 

 

知り合いの家にあずけられて,友だちもなく退屈しきっていたトムは,真夜中に古時計が13も時を打つのをきき,昼間はなかったはずの庭園に誘い出されて,ヴィクトリア時代のふしぎな少女ハティと友だちになります.「時間」という抽象的な問題と取り組みながら,理屈っぽさを全く感じさせない,カーネギー賞受賞の傑作です.

岩波少年文庫 ドリトル先生物語1 ドリトル先生アフリカゆき

「沼のほとりのパドルビー」に住む名医ドリトル先生は,オウムのポリネシアから動物語を習い,世界中の動物たちから敬愛されています.ある日アフリカのサルの国から,ひどい疫病が流行しているから救ってほしいという訴えを受けた先生は,犬のジップたちをひきつれて冒険の航海に出発します.ドリトル先生物語の第1作目.

岩波少年文庫 あのころはフリードリヒがいた

ヒトラー政権下のドイツ、人々は徐々に反ユダヤの嵐にまきこまれていった、子どもたちさえも…その時代に生き、そして死んでいったユダヤ少年フリードリヒの悲劇の日々を克明に描く。

岩波少年文庫 クマのプーさん

イギリスの詩人が幼い息子のために書いた楽しいファンタジー。クリストファー・ロビンが、クマのプーさんやコブタなど、大好きなおもちゃの動物たちとくり広げるゆかいなお話。

岩波少年文庫 62 床下の小人たち

イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家。生活に必要なものはすべて、こっそり人間から借りて暮らしていましたが、 ある日、小人の少女がその家の男の子に見られてしまいます―。カーネギー賞を受賞した、イギリスファンタジーの傑作。 「小人シリーズ」の第1作。  

岩波少年文庫 532 三国志 上

漢帝国が滅びると、中国には戦乱がつづいた。魏・蜀・呉の3国対立時代をへて司馬炎が天下を統一するまでの100年、いくたの英雄豪傑がいりみだれ、力のかぎりをつくして戦う。

岩波少年文庫 18 エーミールと探偵たち

おばあちゃんをたずねる途中の列車で、大切なお金を盗られてしまったエーミール。ベルリンの街を舞台に、少年たちが知恵をあわせて犯人をつかまえる大騒動がくりひろげられます。

http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=608
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード