スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「新宿絵本日記」   >   ふりかえれば……うしがいた! 2017年8月17日

「新宿絵本日記」

ふりかえれば……うしがいた! 2017年8月17日


夏の真っ盛りだって、新宿の高層ビルに通います。
ギラギラ光るビル群を抜けて向かうのは、クーラーの効いたいつものオフィス。
何も考えることなく、エレベータの列に加わります。

 

今日の服装も黒をベースにした地味な色。
ふと横の鏡を見れば、その姿はまるで「うし」の様。
表情なんてありません。そのまま、何の気なしにうしろをふりかえると…

 

そこにいたのは、やっぱり同じ顔をした「うし」。
そのうしろのうしろにも、うしろのうしろのうしろにも…!?

 

「うしだなんて、なんてひどいことを!!」

 

ごめんなさい。暑さで少しおかしくなった、わけではありません。この絵本のことを思い出しながら、一人で妄想していただけなのです。
だって…おもしろいんだもん。

うし

うし

いきなり登場するのは、うしの後ろ姿。
あ、ふりかえった!
そのすっとんきょうな目で見ているのは、うしろ。
そしてうしろには…うしがいた。
うしろのうしも、同じ目。そして、うしろをふりかえる。
…うしがいる。
そのうしろのうしろのうしもうしろをふりかえると、やっぱり?

なんだ、これは。

「そのうしろのうしろのうしろのうしもうしろをふりかえった
 うしがいた」

これ、永遠に続くの?
開いたページはすでにうしだらけ。いったいどうなるの?
と、突然やってくる最後のオチ。

…なにこれ、笑っちゃったじゃない!!

内田麟太郎さんが書かれた詩「うし」。高畠純さんの絵と組み合わさって完成したのが、この最高に楽しいナンセンス絵本なのだそう。うしがうしろをふりかえり続けるだけなのに、ずっと可笑しくて仕方がない。うしの顔を見ているだけでも笑ってしまう。

「ところでこの絵本、何がいいたかったの?」
そんな質問をしたら、うしにあきれられてしまいます。
それよりも、ぜひ親子で一番しっくりくる「間」を研究しながら読みあってみてもらいたいものですね。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/116265/%E3%81%86%E3%81%97/
http://www.ehonnavi.net/ehon/116265/%E3%81%86%E3%81%97/

バリバリ仕事をこなしているつもりでも、ふりかえった時にいるのはライバルでも、敵でもなく「うし」。なんかいい(笑)。今年の夏はこれで乗り切ることにします。

磯崎園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

人気連載