スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「新宿絵本日記」   >   ひたむきな人には道をゆずる。 2018年6月20日
「新宿絵本日記」

ひたむきな人には道をゆずる。 2018年6月20日

 

「ヤクルトさん、きましたー」

 

オフィスの中で響くこの声に、まっさきに反応して席を立つ。なぜなら、買いに行くのが嬉しいから。それに、油断しているとすぐに売り子の方がいなくなってしまうから。どうしても飲みたいって訳でもないのですけれどね。その瞬間のウキウキが好きなのです。ちっぽけな話です。

 

ふと、右隣の席の人に聞いてみます。

 

「チラッと見かけたら、必ず追いかけてしまう程好きなものってある?」

 

その人はちょっと考えてから答えます。

 

「うーん…かき氷かな。かき氷のためなら、どこにでも行っちゃうな」

 

確かに夏になると、どこかしらでかき氷を食べたという報告が入ってくる。お腹が弱いくせに、氷ばっかり本当によく食べている。

 

左隣の席の人にも…というか、聞かなくてもすぐわかる。

 

「柴犬。」

 

なぜなら、机の上が「柴犬」だらけだから。聞くと止まらなくなるのは目に見えているので、聞くのはやめておきましょう。

 

そして思うのです。彼女たちは小さい頃、きっとこんな女の子だったんじゃないかなって…。

にじさん にじさん どこいった

にじさん にじさん どこいった

「あっ にじさんだ!」

みずたまちゃんが見つけたのは、開け放った窓の外にちらりと見える綺麗な虹。

「にじさん にじさん あそぼうよ。」

みずたまちゃんは、虹が大好きなのです。急いで外へ飛び出し、虹の方へ駆け出していきます。さあ、追いつくかな? みずたまちゃんは「にじさん」と一緒に遊べるのかな?

「ねえ、にじさんは どこか しってる?」

追いかけていく途中、みずたまちゃんは虹色のねこやさかなや鳥たちに出会います。みんな、とにかく全身が綺麗な虹色。聞けば、みんな「にじさん」と一緒に遊んだって言うのです。いいな、いいな。みずたまちゃんは必死に探します。ところが、向こうの空から怪しい黒雲が近づいてきて…。

大好きな「にじさん」に会いたい一心で、ひたむきに走るみずたまちゃん。なかなか追いつけなくたって、思わぬ雨が降り出したって、一回家に戻らなくちゃいけなくたって、みずたまちゃんのその顔はとっても嬉しそう。だってね、遠くに見える「にじさん」のその姿。見たこともない形をしているんですもの! とんだり、およいだり、のびをしたりする…なんて言うんだもの!! ああ、絵本を読んでいる私だって「にじさん」と一緒に遊びたくなってきちゃった。

「うきうき、キラキラ、ピチャピチャ、ポツポツ、ふんわり」なんて表現したらいいのかな。かわかみたかこさんが楽しそうに描く、雨上がりの「にじさん」との世界。鮮やかで、眩くて、美しくて…!

良かったね、みずたまちゃん。その嬉しい気持ち、みんなにもちょっとおすそわけしてね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/118949/%E3%81%AB%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%9F/


嬉しくって、近づきたくて、走り出す!
こんな経験を一度でもしたことがあるってことが、とても大事。

 

ひたむきって、美しい。夢中になるって、キラキラしてる。
だから周りの人は道をゆずってしまう。
邪魔をしてはいけない、って思っちゃう。
そういうのって理屈じゃないですよね。大人になったって同じだと思うのです。

 

今、私が見かければ必ず追いかけて行ってしまうものと言えば……
結構あるのでそこは省略しておきます。欲張りな人は応援されませんしね。

磯崎園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください