スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】食欲の秋にぴったり!自分の胃袋にあてて読み聞かせする、からだの絵本
絵本ナビニュース2017 

【news】食欲の秋にぴったり!自分の胃袋にあてて読み聞かせする、からだの絵本

このこは きみの いぶくろちゃん!

おなかがすいて、バナナとみかんを皮ごと食べちゃったいぶくろちゃんは、どうなるの?

絵本を縦に持って読んであげると、まるで読み手のいぶくろちゃんに見える、演じるためのライブえほん。からだのヒミツがちょっぴりわかる、「からだ新聞」付き。

一人で普通に読んでも楽しいけれど、みんなの前で読んだらもっと楽しい

お手本無料動画(http://gakken-ep.jp/extra/ibukurochan)があります。いぶくろちゃんを動画にならって実演してみましょう!わかりやすく楽しいストーリーです。カバーの裏表紙にいるバナナとみかん。いぶくろちゃんに追い出されて、こうもんって出口から出たあとはどうなるのかな? カバーをはがすと、バナナとみかんが変身します。楽しい成れの果て(今はやりの「うん●」に変身)が見れちゃうのです。

絵本『いぶくろちゃん』おススメ4つのポイントとは?

ポイントその1

いぶくろのあと、しょうちょう、だいちょう、こうもんからそとに出て行くバナナとみかん…つまり、体のしくみがちょっぴりわかる絵本。

 

ポイントその2

はさみこみのからだしんぶんには、「しょうちょうちゃん、スペシャルインタビュー」「きょうの からだよほう」「けんこうせんりゅう」「4コマ漫画ハートちゃん」など、ホンモノの新聞さながらのユニークで楽しい記事がいっぱい! 読み応え十分! からだの働きを楽しく学べる新聞。

ポイントその3

落語ばりのオチもある絵本。おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんの前でボクが私が演じて披露して。家族で園で、ひとりでみんなで演じて笑おう!

 

ポイントその4

絵本ライブで全国を飛び回る夫婦読み(メオトヨミ)の夫婦作者らが放つライブ向きに作ったイベント向き絵本! ハロウィン、クリスマス、お正月、御誕生日…家族で友達で、集まったときにわいわい披露! 子どもも大人もみ~んな「いぶくろちゃん」で遊ぼう!

イベント情報

『いぶくろちゃん』作者平田昌広&平田景の絵本ライブ&サイン会
日時:2017年10月22日(日) ①13:00~ ②14:00~ ③15:00~ ④16:00~
場所:紀伊國屋書店玉川髙島屋店内 キュリオファクトリーにて
http://gakken.co.jp/curio/
〒158-0094東京都世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋ショッピングセンター南館5F紀伊國屋書店内
書店 03-3709-2091
参加費:絵本ライブは無料 サイン会は「いぶくろちゃん」を購入の方に

【平田昌広 著者紹介】
愛称・まっさん。原作・文章担当。1969年神奈川県生まれ。主な作品は、『ぱんつくったよ。』(国土社)、『おかん』『おとん』『おかんとおとん』(大日本図書)の原作と文章担当。
【平田景 著者紹介】
愛称・けいちゃん。おえかき担当。1970年北海道生まれ。絵本作家の平田昌弘の妻。主な作品は、『ぱんつくったよ。』(国土社)、『おかん』『おとん』『おかんとおとん』(大日本図書)の作画担当。

とてもユニークなライブ絵本『いぶくろちゃん』の絵本情報
いぶくろちゃん

おなかがすいて、バナナとみかんを皮ごと食べちゃったいぶくろちゃんは、どうなるの? 絵本を縦に持って読んであげると、まるで読み手のいぶくろちゃんに見える、演じるためのライブえほん。からだのヒミツがちょっぴりわかる、「からだ新聞」付き。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載