スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】なんと!日本最大級の絵本情報サイト「絵本ナビ」から初の絵本刊行!
絵本ナビニュース2018

【news】なんと!日本最大級の絵本情報サイト「絵本ナビ」から初の絵本刊行!

絵本専門の情報サイトが贈る!“こころもおなかもまんぷくえほん”『ドーナツやさんのおてつだい』

みなさまご存じ、絵本の情報・通販サイトを運営する株式会社絵本ナビから、このたび、初めての絵本『ドーナツやさんのおてつだい』が刊行されました!

 

絵本ナビは、年間1,000万人以上の方が利用され、6万冊以上の情報と36万を超えるレビュー(絵本の感想)が集まる日本最大級の絵本情報サイトです。そんな絵本ナビから初めてのオリジナル絵本が!一体、どんな絵本なのでしょうか。

『ドーナツやさんのおてつだい』ってどんな絵本?

ドーナツやのポルカさんは、毎日おいしいドーナツを作っています。


早春のある日、そのこうばしい香りに誘われて、町の子どもたちがわいわい楽しくポルカさんのドーナツ作りのお手伝い!そして、お礼のドーナツを食べていたら、不思議な手紙が一通届きました。

「おいしくて きれいな ドーナツ 100こ、 あした あなもりやまの てっぺんに もってくること!」


ポルカさんと子どもたちが「いっしょに」作るカラフルでおいしそうな100個のドーナツを見ているだけで、おなかが「まんぷく」になりますが、さらにあらたな出会いで心も「まんぷく」に! 幸せいっぱいの春を感じられる、読み聞かせにぴったりの絵本です!

お手伝いが楽しくなる!親子でドーナツを作って楽しい春を迎えよう!!

ドーナツやさんのおてつだい

小さな町にある、青くて丸い看板のあるお店、それがポルカさんのドーナツ屋さん。
ポルカさんは、毎日、それはそれは美味しそうなドーナツを作ります。

材料を計って、こねこねまぜ合わせ、生地をのばして、型を抜き。
するっと油の中におとしていくと、ぷくっと、ふわっと丸い輪がふくらんで…。
手際の良さと、揚げたてのいい香りに、子どもたちも読者もうっとりです。

さて、最後の仕上げは、お手伝い隊の子どもたちが大活躍。
シャカシャカとお砂糖をまぶして…完成です!

みんなでお礼のドーナツを食べていると、不思議な手紙が届きます。
「おいしくて きれいな ドーナツ 100こ、
 あした あなもりやまの てっぺんに もってくること!」
なんだか浮かない顔をしたボルカさん。どうやら春になる前に、毎年届くのだけれど、誰だかわからないのだと言います。子どもたちも不安な顔になります。だって、あなもりやまと言ったら、怪物がいるっていう噂があるんですから…!? ボルカさんと子どもたちは、この不思議な手紙の差し出し人に100個のドーナツを届けることができるのでしょうか?

全国の幼稚園や保育園の子どもたちに、プレゼントする企画として制作されたこの絵本。みんなでドーナツ作りのお手伝いをしている様子をみているうちに、一緒に参加したくなってきちゃうはず。お手伝いをした後のおやつがとっても美味しそうですものね!

最後は、ポルカさんと子どもたちの素敵なアイデアのおかげで、お腹も心も「まんぷく」。みんなでにこにこ美味しく食べることって、春の訪れを感じることと似ているのかもしれませんね。幸せな気持ちになれる1冊です。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

【ベストレビュー】

自分で作ったものをもってピクニックは楽しい


子供が小さい時は皆で何かを作って、それをもってお出かけするっていいですよね。
形が悪くても何でも、自分で作ったものを外で食べるとおいしく感じます。そんな体験を後押ししてくれそうなドーナツやさんのお話でした。皆で作ったドーナツをもって、お化けが出るかもしれない山に行きます。結果は心配することもなく、山には花が咲いて、まさに春のこれからの季節にぴったりですね。今はもう子供たちは大きくなってしまいましたが、昔はよくホットケーキミックスで生地を作って、子供に片ぬきさせてお手軽ドーナッツを作って食べたなーと思いました。


(きゃべつさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

カラフルでたくさんのドーナツ。本当に楽しそうです!
子どもたちのお手伝いでドーナツの注文を届けます

『ドーナツやさんのおてつだい』書いた作者はどんな人?

作:もとしたいづみさん


1960年大分県生まれ。絵本・童話作家。絵本に『どうぶつゆうびん』(産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、あべ弘士・絵 講談社)『ふってきました』(日本絵本賞、講談社出版文化賞絵本賞、石井聖岳・絵 講談社)『おむかえまだかな』(おかだちあき・絵 学研)「すっぽんぽんのすけ」シリーズ(荒井良二・絵 鈴木出版)、童話に「おばけのバケロン」シリーズ(つじむらあゆこ・絵 ポプラ社)他多数。エッセイ『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(ホーム社)も好評。

絵:ヨシエさん


1979年東北生まれ。イラストレーター・絵本作家。2011年より英国に移住。イギリス人の夫と子ども2人と犬とロンドン郊外で暮らしつつ創作活動を続けている。2014年秋に友人アーティストとイラストデザインスタジオ「Sas and Yosh (サス アンド ヨシュ)」を設立。ファッション・ライフスタイル関連商品を英国から世界へ発信している。 絵本は『ヨシエフォンデュ』『ポンポルトンタン』『ギイドロとマレンカレン』『ハッピーイースター』(くもん出版)など。

37年の歴史がある「カルピス絵本」として多くのお子様に届けられます!

子どもたちのすこやかな成長を願う、ひなまつり。白酒に見立てた「カルピス」で乾杯し、楽しい思い出につながるように、1963年からアサヒ飲料株式会社が実施している「『カルピス』ひなまつりプレゼント」。1982年からは「カルピス」と、「カルピス絵本」、カルピス絵本のダイジェストをまとめた「オリジナルミニ絵本」を、応募のあった全国の幼稚園・保育園にプレゼントしています。

再編集されたミニ絵本の表紙はこちら

「思いやりの気持ち」や「想像することの楽しさ」など、毎年、テーマに合った1冊が発行されていますが、2018年のテーマは「“いっしょにつくる”楽しさ」。
絵本ナビ初の絵本『ドーナツやさんのおてつだい』は今年の「カルピス絵本」として制作され、全国の幼稚園・保育園に配布されます。

全国の書店ほかで絶賛取り扱い開始!様々なプロモーションも!

『ドーナツやさんのおてつだい』は、2018年2月初旬から全国の書店での販売を開始しています。販売と同時に、絵本ナビでは全ページためし読みサービスやレビューコンテストなど、絵本ナビ上で掲載しております!是非、気になる方は読んでみてくださいね。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=381 作者のもとしたさいづみさん、ヨシエさんの制作裏話が満載のスペシャルインタビューも公開中!

『ドーナツやさんのおてつだい』を通して、たくさんの方に親子で楽しめる美味しく素敵な時間が届きますよう、絵本ナビはみなさんの絵本のある幸せな時間をサポートしていきます!

絵本ナビとは?

「子どもに絵本を選ぶための情報を集めた参加型絵本紹介サイト」というコンセプトで、2002年4月にオープンしたインターネットの絵本サイト。100 社を超える絵本出版社の協力を得て絵本の画像や紹介文を掲載しています。日本初となる市販絵本のデジタル読み放題作品は190作品以上、業界初となる、Web上で「一冊につき一度だけ」全ページが試し読みできるサービスの対象は2,000作品以上、一部試し読み可能作品は8,300作品以上、作品年間利用者数は1,000万人となっています。「子どもとどんな時間を過ごせたか」など、この絵本をこれから子どもに選ぼうとしている方へのアドバイス、という観点で書かれた36万件以上に上る利用者の「生の声」は、ただの評価にはない温かみと、情報としての深みがあるとして好評。独自の評価ランキングや、対象年齢別のおすすめ絵本、新着レビューコーナー、新刊絵本紹介、メールマガジンなど、豊富なコンテンツで、子育て中の母親を中心に人気を博しています。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください